カテゴリー
市役所 災害

台東区の避難所でホームレスを断わる!て事はホームレスは死ねと?【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日から天気が回復して青空が広がるはずだったのですが、空一面どんよりとした雲に覆われている今日の東京です。

台風の通過と共に急激に冷えてきたので、慌てて家を冬モードに切り替えました。

と言っても、床下の換気口を閉じるだけなんですが・・・。

自主避難所と避難所の違いとは?

で、先日の台風19号で市内各所に自主避難所が開設された訳なんですが、自主避難所と避難所の違いについて違いって分かります?

自主避難所とは?

まあ何となく大まかには分かっていると思いますが、読んで字のごとし自主的に非難をしてくる人たちを受け入れる避難所です。

つまり、避難勧告は出ていないけれど、家の強度に不安があるとか地盤や周りの環境が不安だから避難したいという人達を受け入れる場所なんですね。

ですから、自治体的にはあくまでも場所を提供するだけで、飲料水や食べ物、衣服やその他身の回りの物は全て自分で用意しなければなりません。

避難所とは?

自主避難所に対して、こちらは避難勧告や危険地域と指定されたところから半強制的に避難させられたりした人たちを受けれる場所です。

従って、飲料水や非常食、毛布などの必要最低限の生活物資は支給されるようになっています。

まあ、自主避難所の中にも非常食や段ボールくらいは支給するところもあるとは思いますが・・・。

今回、政宗が勤務している市では12日の9時に自主避難所を開設することになっていたのですが、6時頃から「〇〇町に住んでいるんだけど、川の水位が上がって来たから、もっと早く避難所を開設してくれないか!」と言った要望が数件寄せられていました。

しかし、中には避難所と聞いて配給物や炊き出し(実際には行われませんでしたが)を目当てにした「避難所の開設時間と場所」だけを尋ねて来る人も少なくありませんでした。

今回の台風では、何か所かは避難所に格上げされたようですが、殆どが自主避難所という事で避難者を受け入れたようです。

それにしても、台東区のようにホームレスの受け入れを断るという避難所としてはありえない措置が取られた避難所もあった訳ですが、受け入れる側の気持ちは分からなくはありませんが、人道的には避難者全てを受け入れるべきだと思いますよ。

特に台東区はホームレスが多い地域と言うのは分かっている訳ですから、それなりの対策を前もって考えておくべきだと思いますけどね。

今回の台東区職員がホームレスに言った「住所の無い人は受け入れできません!」っていう事は、場合によっては「ホームレスは死ね!」と言っているのと同じ事ですからね。

と言う訳で、今回の台風19号で色々と行政の難しさを感じた政宗でありました!

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク