カテゴリー
施設警備員 資格 防災センター要因講習・自衛消防業務講習

自衛消防業務講習・防災センター要員講習2日目【施設警備員の資格】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

晴れの予報だったはずが空一面雲に覆われている今日の東京です。

日差しが無い分気温はさほど高くないので過ごしやすいのですが、湿気が高いのでちょっと動くと直ぐに汗が噴き出してきます。

さて、一昨日、昨日と「自衛消防業務講習・防災センター要員講習」を受けて今日の本来の予定は当務だったのですが、先輩警備員とシフトを替わったおかげで今日は公休日になったのでのんびりと過ごしています。

本当ならば、昨日のうちに自衛消防業務講習・防災センター要員講習2日目のカリキュラムをアップしようと思ったのですが、ホッとして晩酌をしているうちにソファーで寝てしまい、起こされたのが23時過ぎだったので、そのままベッドに入って寝てしまいました。

と言う訳で、自衛消防業務講習・防災センター要員講習2日目の様子を紹介します。

自衛消防業務講習・防災センター要員講習2日目

会場は1日目と同じく秋葉原駅から徒歩5分ほどの所にある神田消防署に隣接した消防技術試験講習場です。

1日目は座学なので眠くなる時間帯もありましたが、2日目は実技とあって眠くなっている暇はありません。

まず8:50~9:00までは今日一日の流れや注意事項などのオリエンテーションが行われ、いよいよ9:00から講習開始です。

消防設備等の操作要領

9:00~10:20までは午後の実習で操作する総合監視盤や非常用エレベーターなどの消防設備等の操作要領の説明を受けますが、一度に色々と説明されるのでハッキリ言って全てを記憶するのは困難でした。

その後10分間の休憩を挟んで、10:30~12:10まで60人の講習生が3つのグループに分かれて実技講習が開始されますが、「地震シミュレーション」「パソコンを使った個人講習」「火災シミュレーション」の3つの講習を時間差で行うのですが、政宗のグループは最初に大規模地震が起きた際の自衛消防隊が行うべき行動の地震シミュレーションを行いました。

地震シミュレーション

この講習は実際に行動をするのではなく、テーブルを取り囲んで「隊長」「情報設備監視班」「消化班」「避難誘導班」「救出救護班」にそれぞれ役割分担されて、スクリーンに映し出される大地震が起こったと想定される被害情報に対しての情報のジャンル分けとそれに対しての行動を書きだす作業を行います。

いわゆる「情報トリアージ」という作業なのですが、大量に入ってくる情報を「人的被害」「建物被害」「火災」「その他」などにジャンル分けして、さらに緊急性の有る無しを簡潔に分かりやすくまとめて書き出すのが難しかったです。

パソコンを使った個人講習

12:10~13:00まで昼食休憩で13:00~14:40までが「パソコンを使った個人講習」という事で、講習室にあるパソコンを一人1台使ってパソコンのスクリーンに映し出される映像を見ながら時折出される問題に答えていくというものでした。

スポンサーリンク

昼食後にパソコンの画面を見ながらの座学という事で正直ちょっと眠気に襲われましたが、修了証の交付にはここで出される問題の解答と1日目の最後に行われた効果測定の成績を合わせて6割以上の正解が必要という事で、何とか眠気をこらえて頑張りました。

14:40~14:50まで10分間の休憩を挟んで14:50~16:30までいよいよ実際に防災センターの操作を行ったり現場に駆け付ける「火災シミュレーション」の講習です。

火災シミュレーション

最初に60人の講習生を20人ずつに分けましたが、ここではさらに青・黄・赤の3班に分けて部隊を編成します。

そして、そのそれぞれの班で防災センターで指示を出す「本部隊」と現場に駆け付ける「現場確認班」に分かれてシミュレーションが行われるのですが、当然これは訓練でもありますから、シナリオが終了した時点で本部隊と現場確認班が入れ替わって、どちらも体験できるようになっています。

建物の想定は地下4階の駐車場を備えた地上25階建ての複合ビルで、地上15階まではテナントで16階以上はホテルになっている延べ床面積50,000㎡の地下1階に防災センター、地下4階に中央制御室があるという想定です。(確か・・・(^^;

そこで3パターンのシナリオが用意されていて、待機場所のモニターでその行動が見られるようになっているのですが、どのシナリオに当たるかは分からないので前の班の真似をしたり学習ができないようになっています。

政宗の黄色班は2番目のシナリオだったので前の色の班の行動を見学することができたのですが、いざ自分で行動するとなると何をするべきなのか判断できなかったり、指示を間違えたりと散々な結果に終わったのでした。

シミュレーション中は近くにインストラクターが付いていますので、迷ったり分からない時はインストラクターがヒントをくれたり指示をしてくれるのですが、これが実際の現場では誰も助けてはくれませんから、日ごろから訓練を行う事の大事さが身に染みて分かりました。

インストラクターも「頭でいくら分かったつもりでいても、実際の行動となると訓練を重ねないと身体が動かない!」と言っていましたが、正にその通りだと思いました。

修了証交付

まあ何だかんだグダグダに終わってしまった「火災シミュレーション」の講習でしたが、最後に「自衛消防業務講習修了証」と「防災センター要員講習修了証」を頂くことができましたので、とりあえずメデタシメデタシでした。

これで月3,000円の資格手当が付きますので、ちょびっとだけ給料が上がります(^^)v

次は27日の「自衛消防技術試験」が待ち受けていますので、また勉強頑張らねば!!!

では、今回はこの辺で・・・(^^)/

カテゴリー
施設警備員 防災センター要因講習・自衛消防業務講習

自衛消防業務講習・防災センター要員講習1日目【施設警備員の資格】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日は一日中どんよりとしたお天気で、夕方にはパラパラと雨が落ちてきた東京です。

で、今日は自衛消防業務講習・防災センター要員講習の1日目が行われましたので、その様子を報告したいと思います。

自衛消防業務講習・防災センター要員講習1日目

さて、自衛消防業務講習・防災センター要員講習は「一般社団法人 東京防災設備保守協会」と言う所に申し込んで、講習会場は最寄り駅が秋葉原の「消防技術試験講習場(試験講習場)」と最寄り駅が錦糸町の「本所都民防災教育センター(本所防災舘)」の2か所で行われるのですが、政宗は最寄り駅が秋葉原の「消防技術試験講習場(試験講習場)」つまりは神田消防署に隣接する会場での講習となりました。

で、受け付けは朝の8:30からという事だったので、8:00に秋葉原に到着するように電車の乗り換えを調べて行ったのですが、思いの他スムーズに移動できて、とりあえず確認のために7:50頃に会場前に行ってみると既に5人程並んでいました。

まあ、時間的にはまだ余裕があったので近くのコンビニで昼食用のおにぎりと飲み物を買って8:10頃に再び会場前に戻ると、行列は10人程に増えていてその最後尾に並びますが、その後も続々と列は伸びて8:25の開場となるころには50人以上が並んでいたと思います。

で、入口の案内を見てみると60人の防災センター要員講習の他にも消防設備講習とさらにもう一つの講習(内容は失念)が行われているための行列であることが判明し、その人の多さにも納得しました。

で、5Fの会場前で受付を済ませると分厚い「自衛消防業務講習・防災センター要員講習テキスト」と、薄い「講習要点集」という2冊のテキストを渡されるのですが、講習では「講習要点集」という薄い方のテキストが主に使われます。

スポンサーリンク

で、8:50からオリエンテーション、9:00~9:40まで「防火・防火対策の概要」、10分の休憩を挟んで9:50~11:50まで「火災の対応」と言う講習が行われました。

もちろんその間も30分ごとくらいに休憩はあるのですが、それぞれ5分程度なので喫煙する人は9:40~9:50までの10分休憩以外にはお昼休みまで喫煙タイムがありませんので煙草を吸う人は覚悟が必要です。

しかも、「自衛消防業務講習・防災センター要員講習」は5階で行われるのですが、講習会場では飲食禁止の上に喫煙所と昼食を取るための休憩スペースが5階にしか無いらしく、お昼時には他の階からの受講者で殆ど空きが無い状態になっていました。

政宗の場合は空いていたテーブルの無い椅子に座って買って来たおにぎりで何とか昼食を終えましたが、お弁当などを持参している人は見ず知らずの人とテーブルを相席してお弁当を食べるハメになる覚悟をした方が良いと思います。

で、12:40~14:50まで適度に休憩を挟みながら「地震災害の対応」「情報の種類とその流れ(情報トリアージ)」、10分の休憩を挟んで
15:00~16:00まで適度に休憩を挟みながら「テロ災害等の対応」と言った座学で講習は終了!。

その後10分間の休憩を挟んで、16:10~16:20までその日の講習で学んだ事の効果測定が行われて16:20から翌日の事務連絡、16:30に1日目の講習が終了となりました。

ちなみに、効果測定は全10問中6問以上の正解で合格になるのですが、その日に習った事ばかりですから落ちることはまず無いと思います。

このように「自衛消防業務講習・防災センター要員講習」の1日目は座学なので、ぶっちゃけて途中で眠くなる事もしばしばありましたが、2日目は実技が中心との事ですから、おそらく居眠りはせずに済みそうです。

とりあえず、今回はこの辺で・・・(^^)/