カテゴリー
施設警備員の仕事 異常発報

誤発報が続いています!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日は朝から雨が強くなったり弱くなったりを繰り返して、丁度帰宅する時間帯に土砂降りに見舞われた政宗です。

ジメジメと不快な毎日で、エアコンの無い屋根裏部屋で寝ている政宗にとっては最悪な日々が続いていて、逆にエアコンが効いている市役所の仮眠室の方が快適に眠れる今日この頃です。

誤発報が続いています!

と言った訳で、ジメジメと湿気が多い日が続くと、決まって光電アナログ式の煙感知器が誤作動を引き起こすので困ったもんです。

幸いなことに仮眠室の有る本庁舎ではなく、別館の方の感知器なので仮眠中に発報で起こされることは無いのですが。

梅雨時のこの時期は、朝一番の巡回で別館の警備員室が発報しているという事がよくあります。

何故か、ここの市役所のシステムは本庁舎は本庁舎の警備員室のみ、別館は別館の警備員室のみにそれぞれ火災報知盤が設置されていて、本庁舎の警備員室には別館の火災報知システムは連動されていないのです。

つまり、別館で何が起こっても本庁舎の警備員室には一切分からないというシステムになっています。

とは言え、最終巡回後には別館に機械警備をセットするので、何かあれば大手の警備会社が駆け付ける事にはなっているのですが、それは人感センサーが作動した時に限られていて、煙感知器の発報には対応していません。

つまり、真火災が起こったとしても気が付いたころには手遅れになっている可能性が極めて高いという状況です。

まあ、実際のところは頻繁に誤発報で現場確認に出向くのも煩わしいので、今のところは良いのですが・・・。

特に煙感知器が古くなってくると湿気によってセンサーが遮断されて「汚れ発報」が起こりやすいようですね。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク