カテゴリー
施設警備員 施設警備員の仕事 未分類

仕事で疲労回復!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日は朝から曇りの天気で、午後から雨が降る予報が出ていましたが、正に予報通りの3時過ぎから雨が降りだした東京です。

今日の勤務は会議室棟でのC勤務なのですが、巡回時には必ず屋外の敷地を見回らなくてはなりません。

しかも、雑草だらけの建物の裏側に行かなくてはならないので、雨が降ると雑草でズボンが濡れないように、合羽の下も履かなくちゃいけないのが面倒なんですね!

仕事で疲労回復!

という訳で、今日のツーリングは距離こそ90km程度と100kmに満たなかったのですが、最大斜度20%以上の劇坂を上ったり、アップダウンが多いコースで地味に疲労が蓄積されるコースでした。

しかし、勤務明けで多摩湖を周回したり極力自転車足が衰えないようにしていたのが功を奏して、思ったより疲労感は少なかったです。

とは言え、流石にアラ還ですから体全体の怠さは残っています。

まあ、家に居ればダラダラと過ごすところですが、仕事はそうはいきません。

が、逆に少し強制的に体を動かした方が疲れが早く抜けるので、そういう意味では政宗の現場はうってつけです。

何せ朝の解錠作業が終われば、夕方の施錠時間までは定時巡回と待機していれば殆どOKなので、疲労回復にはもってこいと言う訳です。

これで、明日の冷凍倉庫のバイトもバッチリです!

まあ、現場によっては厳しい状況の現場もあるのでしょうが、こういうところも施設警備員の良いところかな?と思ったりします。

まあ、警備員は給料が安いとかいろいろと不満を言う人も多いようですが、現場次第という事でしょうかね!

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク
カテゴリー
施設警備員の仕事

施設警備員の仕事は辛いのか?楽なのか?【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日は公休日なので、朝からノンビリとブログを書いています。

さて、今日は施設警備員の仕事についてちょっと書いてみたいと思います。

施設警備員の仕事は辛いのか?楽なのか?

よくネットのQ&Aサイトに施設警備員の仕事は辛いのか?とか楽なのか?と言った書き込みを見かけますが、楽も辛いも正に現場ごとに違いますし、人それぞれ辛い・楽の基準が違いますので一概にいう事は出来ないというのが政宗の見解です。

政宗の現場は一日の殆どを防災センターでデスクに座ってモニター監視をするのがメインの仕事で、巡回は3~6回ですから椅子に座っているのが苦手な人にとっては辛い仕事と言えるでしょうし、立ち仕事が苦手な人にしてみれば楽な仕事と言えるわけですね。

また、現場によっては「立哨」>「受付(出入管理)」>「巡回」と言ったパターンを繰り返す現場や、駐車場などのように一時間交代で安全確認や入庫の作業を行う現場など、たとえ同じ会社が扱う現場であっても個々の現場によって仕事の質が違いますので、現場選びを慎重に行わないと辛い現場となってしまいますので注意が必要です。

ましてや政宗と同じように40代50代での転職や新たに仕事を求めている場合の現場選びは重要で、駐車場の誘導係や工事現場での車両誘導など屋外での業務の場合は夏は灼熱・冬は厳冬という事で、体力的にも非常に辛い現場ですし全体的に時給もそれほど高くない事が多いので永く続けるのは難しいと思われます。

その他、日勤と夜勤を週ごとに交代のシフトの現場や、夜勤でも仮眠なしの現場など様々な現場がありますので、求人情報を良く吟味するとともに面接などでは具体的な仕事内容や業務形態・設備の内容などをできるだけ詳しく聞いておいた方が良いでしょう。

とりあえず政宗の場合は腰痛があったりしますので、現場の待遇に100%満足している訳ではありませんが当たり現場と思って勤務しています。

それぞれ自分の性格や体力と相談して、どこまでなら妥協できるのかをよく考えて、あなたに合った現場を選ぶことが楽に施設警備員として勤務する秘訣と言えるでしょう。

では、今回はこの辺で・・・(^^)/

今日は良いお天気なので、これから多摩湖にでもサイクリングに行こうと思っています!

スポンサーリンク