カテゴリー
施設警備員

施設警備員検定1級の講習はまるで軍隊か刑務所!

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

夜半に雨が降ったようですが、お昼になって晴れて気温も上昇中の今日の東京です。

昨日の朝は寒く感じたので中綿入りのジャンパーを着て出勤したのですが、帰りは日差しを浴びて暑くなるという、この時期の24時間勤務はそのあたりの衣服の選択が難しいですね。

施設警備員検定1級の講習はまるで軍隊か刑務所!

よほど検定試験のダメージが大きかったらしく、今週になって昨日初めて隊長がびっこを引きながら出勤してきました。

話を聞くと、講習会の座学の時は背筋を伸ばして背もたれには寄りかからないで背筋を伸ばして座らされ、実技の待機中は休めではなく「きをつけ」だそうで、日頃から訓練していない人にとっては普段使わない筋肉や関節への負担が多く掛かったようです。

隊長曰く、足とお尻の筋肉と関節が特に痛むらしく、立ったり座ったりが辛そうでした。

しかも、研修所の部屋が6畳くらいの広さで、そこに二段ベッドが両端に置いてあるというタコ部屋だったそうで、隊長が到着した時には既に先客が居て上り下りしなければならない上段しか空いていなかったのも筋肉痛の原因の一つとなったそうです。

施設警備員検定1級講習のタイムスケジュール

講習1日目

講習1日目は午前が学科で午後に実技の講習との事でしたが、学科講習は1コマ60分で休憩5分というスケジュールだそうです。

なので、休憩時間はトイレに行くか煙草を吸うかのどちらか!と言う感じで、ゆっくりトイレに行ってから煙草を吸うなんてとても無理と言ってました。

しかも昼食の時間は30分という事で、ちょっとでもノンビリしていると直ぐに実技講習が始まってしまうので常に緊張を強いられるという、正にここは刑務所か?軍隊か?と言う感じだそうです。(しかも講師がかなり厳しいらしい)

更に驚きは、普段の生活態度まで講師に採点されているらしく(直接試験には影響しないようですが)、ミスユニバース世界大会かよ!と突っ込みたくなったそうです。(ミスユニバースの世界大会は各国の代表が合宿生活をしながら審査され、その生活態度なども審査の対象となる)

で、受験者の殆どは30代から40代が多く、中にはお爺ちゃんみたいな人もいたらしいのですが、講習が終わるとビールを飲んでノンビリとテレビを観ていたそうなので、おそらく受験枠を確保するために受けさせられている感が強かったという事でした。

講習2日目

講習2日目は午前中に少し学科講習を行ってから学科試験が行われるそうです。

この学科試験については、「正しいものを選べ」「誤っているのはどれか?」といういつもの選択式なんですが、問題の作りが勘違いさせるような文言が多く使われており、引っ掛け問題や「贓物(ぞうぶつ)」などと言った難しい漢字も出て来るので、事前に過去問などを繰り返し解いておくことを強く推奨します。

試しに私も隊長が使っていた過去問を10問ほどやってみましたが、4問しか正解できませんでした。

なお、合格ラインは20問中で90点以上と言う事ですから、間違えられるのは2問だけと言う厳しい合格基準です。

ちなみに、先ほどの「贓物(ぞうぶつ)」とは、ウイキペディアによると

他人の財産を侵害する犯罪行為によって不法に領得された財物のこと。「賍物」と表記される場合もある。刑法においては、以前は贓物に関する一連の犯罪を贓物罪と称していたが、1995年改正により贓物罪は盗品等関与罪に改正されたため、条文上この用語は用いられなくなった。

だそうです。

つまり、簡単に言うと「犯罪によって他人から奪い取ったもの」という事になるのでしょうか!

で、午後からは実技テストになる訳ですが、これには個人で行う実技と2人ペアで行う実技があって、当然ながら2人で行う実技の方が色々と厄介だそうです。

というのも、自分と同等か優秀な相手がペアになれば良いのですが、緊張した中で実力が発揮できない相手と組んでしまうと自分もつられて間違う確率が高くなるので、どんな相手と組まされるのかで減点度合いが変わって来るそうです。

隊長が受けた講習枠では約80名の受講者がいたそうで、そこで何人ずつかで班分けされて順番に実技試験を行うのですが、前の組がどこかでつまずいたり間違えたりして時間が掛かってしまうと、その間「気をつけ」で待機していなければなりませんから辛いですね。

私なんて、立哨の現場も経験してないし、頭や背中、顔などが直ぐに痒くなってしまうので、直立不動で待つこと自体が無理ですね!!!

とにかく、あらゆる意味で警備員としての資質が問われるのが検定試験という事なので、受験を予定されている人は覚悟しておいた方が良さそうです。

ちなみに、2級検定も問題の難易度が下がる程度で、やる事は殆ど変わらないそうですよ。

あと、教官の中にはかなり横柄な教官もいるらしく、講習中に「一発ぶんなぐってやろうか!」と思った教官もいたと隊長が話していました。

あ、これはあくまでも「藤野」で行われる検定講習の話ですから、他の講習会場はどうなのか知りませんのであしからず。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク
カテゴリー
施設警備員 検定試験

隊長が検定疲れ!【施設警備員の資格】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日は明け方に雨が降って嫌な感じでしたが、夜には多くの星が瞬いている東京です。

日中は殆ど日差しが無かったのでかなり気温が下がっているようですので、夜勤の2号警備さんは暖かくして頑張って頂きたいと思います。

隊長が検定疲れ!

先週の金曜、土曜で警備員1級の検定試験が行われて、そこにウチの隊長も受験した訳なんですが、やはり1級ともなると思った以上に覚えることが多かったらしく、本来ならば今日は勤務のひだったのに疲れから来る体調不良という事で休んでしまいました。

今日の私は勤務明けなので、帰り際に実際の試験の様子を訊いてみたかったのですが叶いませんでした。

まあ、神奈川県の藤野と言う娯楽施設が何も無いところに、見知らぬ人たちと2日間缶詰状態で講習を行う訳ですから、かなりのストレスになるとは思います。

ちなみに結果発表は1ヶ月後という事で、しばらくは悶々とした日々を過ごすことになりそうです。

更に、近々、以前に骨折したところのプレートを外す手術が控えていたりと隊長にとって今月は辛い月になりそうです。

で、明日は公休日なんですが、色々とやる事があって忙しい一日になりそうです。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク
カテゴリー
施設警備員 検定試験 資格

警備員検定の事前講習に隊長が参加しました!【施設警備員の資格】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

日中はシトシト降っていた雨も夕方には上がり、夜空に星が瞬いている今日の東京です。

今日は会議室棟での一人勤務なので、施設を施錠後にブログを書いています。

で、今日の勤務が明けるとようやく公休日ということで、明日は思いっきり呑めるのが嬉しい政宗なのであります。

警備員検定の事前講習に隊長が参加しました!

ということで、いよいよ来月の8日、9日で警備員検定1級の講習が神奈川県の藤野で行われる訳なんですが、その前に昨日と今日の2日に渡って行われた事前講習に隊長が参加しました。

一応、会社の方でも講習が行われたようなのですが、隊長曰く『マジで真剣にやらねーと受からね〜よ!』とボヤいていましたから、今回の事前講習はかなりマジで参加したようです。

試しに会社で行われた講習会での練習問題を何問かやってみましたが、筆記試験に関しては難しい言い回しをいかに噛み砕いて考えられるか!が鍵になりそうでしたね。

あとは、正しいのはどれか?と間違っているのはどれか?に引っかからない事ですね。

まあ、筆記に関しては過去問を何回となくやればどうにかなりそうですが、やはり問題は実技ですね。

これも押さえるべきポイントがいくつかあるようなんですが、詳しくは隊長の講習本番が終わったら聞いてみようと思います。

まあ、オイラには関係ない事なんですが、何となく気になってしまうんですよね!

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク
カテゴリー
施設警備員 資格

警備員の資格を取得する人は注意して下さい【施設警備員の資格】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

朝のうちは小雨がパラついていましたが、お昼になって曇りの天気が続いている今日の東京です。

おかげで涼しくて巡回していても汗をかかないので、今が最高の季節と言える政宗なのであります。

そんな涼しい陽気も手伝ってか、ラグビー日本代表がロシアに勝利するという嬉しいワールドカップ初戦の結果となりましたね。

私は勤務だったので実際の試合は観られませんでしたが、ドラマノーサイドゲームのおかげで少しはルールも分かるようになったので、これからは試合を観てみようと思っています。

警備員室?警備室?

さて、このタイトル、なんのこっちゃ?と思いますよね。

実は、ウチの現場では内線電話を受ける場合「本庁舎警備室〇〇です」と言った具合に受けるのですが、私は部屋の扉に「警備員室」と書かれているので、常日頃から「本庁舎警備員室、政宗です」と言っていました。

まあ、現場によっては「××防災センター〇〇」と言ったり、「■■ビル受付〇〇」などと言う現場もあると思いますが、今回は警備員室の話に限定させてください。

で、先日、何気ない隊長との会話中に検定試験の話題になったんですよ。

そこで、隊長曰く「実技試験では、対話する文言を一語一句間違えちゃいけないから大変なんだよ!」と言う話になり、「そういえば、政宗さんて警備員室って言ってるよね」「実はさ、試験では警備室なんだよ」と言うのです。

以前から私も気になっていたんですが、隊長が申し送りや書類に書く時は「警備員室」ではなく、常に「警備室」となっているので、扉にも「警備員室」と書いてあるのにちょっと不思議な感じがしていました。

そのことを隊長に尋ねたところ、常日頃から試験で使われる文言を使っておくことで、試験の時に自然とその言葉が出るようにという配慮なのだそうです。

なるほど、確かにそうですよね。

警備員室と警備室では日本語的にどちらが正しいとかは置いといて、確かに検定で使われる文言を常に使っていれば試験の時にも意識せずに済みますねと思った次第です。

と言う訳で、これから検定試験を受ける予定の人や、上を目指して検定試験に挑戦しようと思っている人は、常日頃から試験で使われる「警備員用語」を使うように心がけてみてはいかがでしょうか?と提案したい政宗でありました。

あ、私は受ける気が無いので、あしからず。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク