カテゴリー
施設警備員の仕事

七夕入籍多数【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

細かい雨が断続的に降って、外は肌寒いくらいの今日の東京です。

こんな日は合羽を着るか迷いますが、基本的に合羽を着るのが嫌いなので、帽子カバーだけで外巡回してる政宗であります。

令和初めての七夕

今日は生憎の雨に加えて仏滅なんですが、朝から既に6組のカップルが婚姻届けを提出しています。

まあ、実際に忙しいのは宿直方なんですが、最近のカップルは日柄よりも記念すべき日を優先するようで、仏滅とかはあまり気にしないようですね。

既に参議院議員選挙の期日前投票も始まっていますので、投票ついでに婚姻届けを提出するカップルもいるようです。

でも、七夕ってオリ姫と彦星の一年に一度しかない出会いの場なので、本来ならばあまり婚姻には向いてないような気がしますけどね!

まあ、それぞれ幸せそうなので良しとしますかね(^.^)

ちなみに、今日は当務で明日は明け残日勤です。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク
カテゴリー
市役所 施設警備員の仕事

平成から令和跨ぎ・令和初日の休日夜間受付!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

晴れから雨の天気になった令和初日でしたが、一夜明けても時折雨がパラつく不安定な天気となっている令和2日目の東京です。

今日でちょうど連休の折り返しという事で、10連休を満喫している人も、仕事をしたくてウズウズしている人も、普段通りに仕事をしている人も、残り半分のゴールデンウイークを有効に活用したいものですね。

平成から令和跨ぎ・令和初日の休日夜間受付!

さて、今回の改元は令和初日が大安と重なったということもあり、多くのカップルが婚姻届けを提出するという一大イベントになりました。

自治体の中には臨時窓口の開設や記念写真の撮影ブースまで用意するなど、新天皇の即位と人生の門出をさらに盛り上げようと祝福ムード満載の自治体もあったようですが、政宗が勤務する市役所では特に何をする訳でも無く、普段通りの休日夜間窓口での受付業務なのでありました。

で、その結果ですが、4月30日の午前0時から5月1日にかけての元号跨ぎでは婚姻届けが8件。

5月1日の戸籍関係の受付が婚姻届け24件、離婚届1件、死亡届け6件の計31件の届け出がありました。

婚姻届けだけに限定すると、5月1日午前0時から5月2日午前0時までは32件という結果になりました。

一点集中

まあ、どっかの区役所では5月1日だけで500件を超える届け出があったそうですから、一見すると32件と言うのは圧倒的に少ない数字に思えますよね。

しかし、休日夜間受付窓口で戸籍関係の事務処理を行うのは市役所から嘱託で雇われている宿直方1人だけなんです。

我々警備員も電話対応などのサポートは行いますが、事務処理は行えませんので一度に何組もの届け出があると宿直方に一気に負担が集中する訳なんですね。

案の定、昨日は婚姻届けを提出しに来たカップルの時間が被ったり、死亡届の事務処理中に婚姻届けを提出に来るカップルがいたりと、宿直方は引継ぎを終えた朝8:30から休むことなく事務処理に追われ、結局落ち着いたのは15:00ちょっと前というハードな勤務になったのでした。

もちろん、我々警備員もひっきりなしに掛かって来る開庁再開日の問い合わせやゴミ回収などの問い合わせの電話に応答するなどのサポートはしますが、見ていて気の毒になるくらいにヘトヘトになっていた宿直方でありました。

改元と大安が重なって一大イベントになった訳ですが、まあこんなことは一生のうちでもう無い事かと思いますので、ある意味貴重な体験だったのかなと一夜明けて思った今日の政宗なのでありました。

という訳で、今日からは通常通りの穏やかな休日夜間窓口に戻るのかな???

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク
カテゴリー
施設警備員の仕事

10連休初日【施設警備員の生活】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

朝5:30に仮眠から目覚めた時には本降りだった雨も朝巡回開始時間の6時にはポツポツの雨に変わり、帰宅する頃にはすっかり上がっていました。

ただ冬型の気圧配置になっているせいで気温が上がらずに肌寒い今日の東京です。

昨日は風邪気味で熱っぽい状態での勤務でしたが、お昼ごろには熱っぽさは無くなって鼻水との戦いだけになり、一夜明けた今日は鼻水もだいぶ治まってきました。

幸いにも昨日は会議室の使用があまり詰まっておらず、受付で落ち着いていられたのが良かったのかもしれません。

10連休初日

人によっては昨日から休暇を取って既に出かけているというパターンもあるようですが、カレンダー上では10連休初日という事になります。

で、市役所の休日夜間窓口で対応する我々の最大の関心事と言うか心配事は言うと、元号跨ぎでの婚姻届けなんですね。

基本的に市役所では「戸籍に関する届け出(婚姻届け・出生届・死亡届)については24時間いつでも受け付けなければならない」というふうに法で定められています。

今回のケースでは4月30日は仏滅で5月1日が大安です。

となると、令和元年の初日に入籍をもくろむカップルもかなり多いのではないかという想像がつきますよね。

現に婚姻届けの用紙を貰いに来る人がかなり増えていたり、5月1日の届け出の受付可能時間の問い合わせもかなり増加しているとの事でした。

今までも仏滅の日を跨いで大安となる午前0時過ぎに婚姻届けを提出しに来るカップルも珍しくないので、当然のごとく平成から令和に変わる午前0時過ぎに婚姻届けを提出しに来るカップルも少なくないであろうという事な訳です。

幸いにも政宗の場合は29日が勤務で30日は明けになるので対応は免れましたが、30日の夜間は戸籍係の職員も22時から午前1時まで出勤して待機することになったそうです。

で、あまり興味のある人もいないと思いますが政宗は5月1日に勤務なので、引継ぎ時に聞いた元号跨ぎ婚姻届けの顛末を報告したいと思います。

果たしてどうなる事やら・・・

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク