カテゴリー
シフト 休み 施設警備員の生活

今月の御褒美、公休2連荘!【施設警備員の生活】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

朝から小雨が降ったり止んだり、時々薄日も差しますが基本的には弱い雨が降っている今日の東京です。

おかげで過ごしやすくて良いのですが、外での作業がやりにくいのでイマイチ気分が乗らない政宗であります。

なんと公休2連荘!

どういう訳か今日と明日の2日連荘で公休日という珍しいシフトで、せっかくなので天気次第ではロングツーリングでも!ともくろんでいたのですが、生憎の雨模様となってしまいました。

仕方がないので、最近ハマっている池井戸潤原作のドラマ「ノーサイドゲーム」の最終回をまだ観ていないので、昼間っからビールでも飲みながら観ることにします。

そもそもラグビーなんて興味なかったんですが、試しにと思い見始めたらハマってしまいました。

まあ池井戸潤原作というのが大きかったんですが、やっぱり池井戸さんは天才作家ですね。

とりあえず、今まで見た池井戸作品にハズレ無しという感じで、池井戸潤原作と言うだけでとりあえずは観るようになってしまいました。

そんなわけで、今日はノンビリ過ごします。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク
カテゴリー
休み 施設警備員の生活

いよいよ連休もあと一日です【施設警備員の生活】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日も朝から暑い東京でした。

おかげで梅雨の間に洗濯できなかった毛布やら夏掛けなどは洗濯して気持ちよく乾かすことができました。

一方で、結局は連休中に殆ど出かけることも無く、引きこもり生活という悲しい結果になりました。

歌舞伎揚げの天乃屋に行ってきました

10連休中の他の隊員は温泉などに出かけて、お土産の饅頭やらお菓子を持ってきているので、流石に連休明けに手ぶらで出勤するのも気が引けるので、我が家から自転車で40分程のところにある「歌舞伎揚げ」で有名な天乃屋さんに行ってきました。



武蔵村山にあるイオンモールの近くにあって、工場直営の直売所があるので割れせんべいや直売所限定の歌舞伎揚げを購入することができます。


一応直売所の前に駐車場はあるんですが、駐車できる台数が少ないので休日は直ぐに駐車待ちができる人気スポットです。

流石に今日は平日なのでお客さんも疎らで、ゆっくり選ぶことができました。

それにしても、なんやかんやで家を10時30分頃に出たんですが、既にそのころには気温30度を超えていたので往復1時間半のサイクリングだけでヘロヘロになってしまいました。

と言う訳で、何とか手土産も準備できたところで先ほど隊長から連絡があって、連休明け最初の勤務はA勤務という事で、これだけ休むと仕事を忘れてしまいそうですがしっかりと勤務しなければいけませんね。

明日はいよいよ連休最後ですから、しっかり準備したいと思います。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク
カテゴリー
休み 施設警備員の生活

施設警備員って休みは多いの?

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日の東京は朝からどんよりと曇っていて、夜には雨が降る予報になています。

明日も基本的に雨が降る予報が出ているので、巡回時に雨具を着なければならないのか!と思うとちょっと憂鬱な気分です。

今日の施設警備員生活

さて、今日は施設警備員に休みについて書いてみたいと思います。

まず施設警備員の勤務形態には「日勤」「当務」「夜勤」と大きく分けて3つの形態があるのですが、日勤は警備長などの毎日現場に勤務しなければならない立場の人に限られることが殆どだと思います。

その他の普通の施設警備員は当務と夜勤をシフトによってスケジュールが組まれるのですが、当務>明け>夜勤>明け>公休、と言ったパターンが基本になる現場が殆どだと思います。

それによって、月間の出勤日数としてはおそらく12日~14日間という事になる場合が多いのですが、ここで注目しなければいけないのは当務にしろ夜勤にしろ「日を跨ぐ勤務である」という事です。

日勤の場合は朝9時から18時までの8時間勤務で、日を跨ぐことが無いので勤務日数の計算は単純に出勤した日数を数えればOKです。

ところが当務や夜勤の場合は日を跨いで勤務しますので、実際の勤務時間も当務で16時間、夜勤でも10時間となり勤務日数的には2日と数えてもおかしくありません。

しかし、実際には1勤務と数えられて勤務日数的には1日という計算になるのです。

ただ、当務にしても夜勤にしても明けの時間が朝9時なので、そこの捉え方によって勤務日数の考え方が違ってくるように思います。

明けの朝9時までは勤務なのだから勤務日1日と捉えるか、逆に朝9時からは自由な時間なのだから殆ど休みの1日と捉えるかによって勤務日の数え方に差が生まれるように思います。

まあ、実際の給料は勤務日数ではなく「勤務時間」で計算されますので問題はないのですが、明けの過ごし方や考え方によって「施設警備員は休みが多い」と考えるのかどうなのか?という事になってくると思います。

ちなみに政宗の場合は、明けは基本的に休みと捉えていますので「施設警備員は休みが多い職業」と捉えています(^^)

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク