55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

*

PCR検査を受けて外出するなんて、テロ行為だよ!【施設警備員の仕事】

   

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

朝のうちはパラパラと雨が落ちて
いましたが、昼過ぎには日差しが
覗く今日の東京です。

相変わらず東京では第2波と思わ
れる感染拡大が続いており、人が
集まるところへの外出は極力控え
ている政宗であります。

そんな状況の中で、他の現場での
信じられないような事案を耳に
しましたので、注意喚起の意味も
含めて紹介したいと思います。

新宿にほど近い雑居ビルでの事案です!

それは、新宿にほど近い某雑居ビル
での事案です。

救急車を要請

先日、そのビルに入っている飲食店の
店長から「具合が悪くなったお客様が
出たので、救急車を呼びました」との
一報が防災センターに入ったそうです。

そこで、隊長がA隊員に状況を見に行く
ように指示を出しました。

A隊員が現場に着いてみると、70代と
思われる老婆が大量の汗をかいて床に
横たわっていたそうです。

そこでA隊員は警備員として救急隊が
到着するまでの間、声掛けや安全確保
などをしつつ介抱したそうです。

救急隊到着

救急要請してから10分ほどで救急隊が
到着したので、事情を説明しA隊員は
救急隊に後を引き継ぎました。

そしてA隊員は具合の悪くなった老婆と
救急隊員のやり取りを近くで見守って
いたそうなんですが、

一通り聞取りが終了してストレッチャー
に乗った老婆から衝撃的な一言が!

「私、昨日PCR検査受けたんだけど
大丈夫かしら?」

・・・・・・・・・!

一瞬その場に居合わせた全員が凍り
ついたそうです。

そんなん大丈夫なわけねーだろー

その後の救急隊は不安な表情を浮かべ
ながらも、職務を遂行し救急車に老婆を
収容したということですが、

大変なのはそれからです。

緊急帰宅からの自宅待機

A隊員が防災センターに戻り隊長に
状況報告をすると、即時緊急帰宅命令
が下されて自宅待機を命じられたそうです。

飲食店もその後の営業を取り止めて
店内をくまなく消毒作業を行ない、
翌日からは営業を自粛したそうです。

当然、ビルとしてもエレベーターや
老婆の移動経路などを消毒したり、
老婆と濃厚接触したと思われる人物
を特定する作業に追われたりと、

そりゃーもうテンヤワンヤだった
そうです。

歩く生物兵器

まあ、その老婆がPCR検査を受けたと
言うだけで陽性とは限りませんが、

しかし、陽性の疑いがあるからPCR検査
を受けた訳で、基本的には陽性と思って
対応する必要があるという事です。

それにしても、なぜ老婆が飲食店に
立ち寄ったのかが謎です。

1人暮らしで身よりもなく、家に食べる
ものが無かったのか?

デリバリーしようにも、やり方が分から
なかったのか?

老婆の行動は謎だらけなんですが、PCR
検査で陰性の結果が出るまでは外に出歩
かないで欲しいものです。

もし陽性だったとしたら、まさに

「歩く生物兵器」

ですよ。

テロです、テロ!

同業者の皆さん、充分注意して下さい

そんなわけで、今回は恐怖の事案を紹介
しましたが、コロナはもうどこで感染
してもおかしくない状況です。

特に東京ではかつてない感染拡大と
なっていますので、勤務の際には
くれぐれも注意するように心がけましょう。

とはいえ、注意するだけでは感染は防げ
ませんが・・・

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

 - 施設警備員, 施設警備員の仕事 , ,