社会になくてはならない仕事の単価が低すぎるのは何故?

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

空は一面雲に覆われて、午後には雨予報の今日の東京です。

最高気温は9度と一桁の予報が出ていて、今日は一日中寒い残念な公休日となりそうです。

社会になくてはならない仕事の単価が低すぎるのは何故?

こんな表題にすると「お前は社会評論家か?」と言われそうですが、年末年始に率直に感じたことを述べさせて頂こうと思います。

去年の年末から今年の年始にかけては、曜日の並びの関係で一般の会社などでは9連休となったところが多いと思います。

私の勤務する市役所もご多分に漏れず9連休となりました。

で、市役所にはウチの会社の清掃部門も契約しているのですが(総合ビル管理会社なので)、年末年始はお休みとなります。

そうなると当然日を追うにつれてトイレなどが汚れて来るわけで、清掃担当が毎日きれいにしてくれているおかげで気持ちよくトイレが使えてるし、気持ちよく過ごせていることを実感する訳なんですよね。

つまりは、建物にとって清掃担当は無くてはならない存在な訳で、もっと言えば清掃がいなければ成り立たないくらいの存在な訳ですよ。

にもかかわらず、パートの募集チラシなどを見ると最低賃金のところばかりで、魅力的な求人は見当たりません。

これは清掃関係だけではなく、看護や介護などもなくてはならない仕事にも関わらず、報酬額は低いです。

我々警備員でも2号警備の交通誘導がいなければ工事現場が成り立たないにも関わらず、報酬額は低いですよね。

しかも現場までの交通費は実費とかいう案件が多いです。

そんなんだから、ウチの清掃さんも直ぐ辞めてしまう人が多くて、「あれ?また知らない人が入ったみたいだね!」なんてことが日常茶飯事です。

まあ、こんなのは今に始まったことでは無いのですが、汚いところをきれいにしたり、病人や介護が必要な人の面倒をみたり、ゴミを収集したりという、社会にとってなくてはならない仕事の報酬額をもっと上げるべきだと思うのは私だけでしょうか?

先日のテレビで、若者が渋谷で「最低賃金を1,500円にしろ!」というデモを行ったというニュースを流していましたが、東京で生活しようと思ったら全くその通りだと思います。

って、こんなこと以前にも書いたような気がしますが・・・。

まあ、社会に必要か?という意味では、我々1号警備員はちょっと危機感を覚える必要があります。

と言うのも、建物の警備なんていつ機械警備に取って代わられるか分からない存在だからです。

例えば、24時間誰かしら仕事をしているオフィスビルや商業施設ならば警備員の存在理由はありますが、市役所や学校などのようにある時間になったら無人になる建物の場合は、はっきり言って機械警備でも良い訳です。

そういう意味では、交通誘導の警備員は工事現場やイベント会場などにはなくてはならない存在なので、将来的にも安心ですね(体力的にキツイですが)。

ちょっと話が逸れてしまいましたが、この年末年始で思うところがあったので書き連ねてみました。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

今年一年ありがとうございました!

スポンサーリンク

おはようございます、政宗です。

2019年最終日は、快晴の空に真っ白な富士山がくっきりと浮かんでいる今日の東京です。

早いもので2019年も最後となりました。

私自身は特にこれと言った大きな変化はなく、市役所の警備員として淡々と日々の業務をこなす毎日でした。

今の現場もおよそ2年が経ち3年目に突入しようとしていますが、現場での慣れから生じるミスや不適切な対応をちょいちょいやらかすところはまだまだ警備員として改善していかなければと思うところであります。

とは言え、先輩警備員の性格や特徴もほぼ把握できましたので、相謹者として事前にミスを防いだりカバーしてもらったりとそれなりに良い人間関係を構築できた年でもありました。

市役所という現場の性格上あまりトラブルや発報などはありませんので、様々な事例に対する適切な対応を覚えるという意味では他の商業施設などの警備員よりは経験値が低いのは否めませんし、そんな現場だから勤まっているのかもしれません。

いずれにしても、日々地道に取り組んで警備員としての役割をしっかりと果せるように精進したいと思います。

とかく警備員は軽く見られがちですが、工事現場にはなくてはならない存在ですしもっと警備員の地位が向上しても良いのではないかと思います。

いつかのニュースでもやっていましたが、働き方改革を本当の意味で実行しようと思ったら少なくとも最低賃金は1,500円以上ないと東京では生活が難しいです。

特殊な現場を除き一般警備員の平均時給は1,000円前後(最低賃金)ですから、とてもじゃないけど残業45時間では厳しいのが現実です。

東京オリンピックを機に警備員の賃金が上がることを切に願います。

今年一年ありがとうございました!

そんなこんなで、年末に思いつくまま書いてしまいましたが、今年一年私の拙いブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

いつも適当に思いつくままを綴っているだけのつまらないブログですが、一定数の読者さんがいてくれることに感謝し御礼申し上げます。

来年も引き続きダラダラと継続していく所存ですので、今後ともよろしくお願いいたします。

さあ、明日からまた勤務です、頑張りましょう!

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

年内の勤務は終了しました!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

昨日の晴天とは打って変わって朝から雲に覆われて寒い東京です。

通勤電車からは学生の姿が消えて、余裕で座れるのがちょっと嬉しい政宗なのであります。

年内の勤務は終了しました!

と言う訳で、今日の勤務で年内の勤務が終了となりました。

新年は元日から勤務なんですが、とりあえず年末は自宅で年を越せることになりました。

それにしても、休日に市役所で行われている夜間診療にたくさんの患者さんが訪れていて、インフルエンザや風邪で体調を崩している人が多いのが分かります。

幸いにも我が家で体調を崩している家族はいないのですが、気を緩めずに体調管理に努めないといけませんね。

とは言え、既に酔っ払っている政宗でありますが、明日は公休日なので部屋の掃除やら洗濯やら今更ながら新年に向けての準備をする予定にしています。

お天気次第では少しサイクリングでもしようかな。

何とか無事に年が越せそうな政宗でありました。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

警察官と警備員は疑うのが仕事!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

昨日はとても12月とは思えないほど暖かい一日でしたが、今日は一転して冬に戻ってしまった東京です。

このところ気温の変化が大きい影響で、体調を崩したりインフルエンザに感染する人が急増しているようで、市役所で行っている休日夜間診療の患者数も先月までは4~5人程度だったのがこのところは20人近くの患者が訪れるようになっています。

とりあえずは私の現場では体調を崩す隊員は出ていませんが、年末に向けてしっかりと体調管理をするように心がけたいですね。

警察官は容疑者を疑い、警備員は同僚を疑う!

まあ、疑うという言い方は語弊がありますが、警察官が容疑者を疑うのは当然ですよね。

で、警備員が同僚を疑うというのは要するにダブルチェックの意味で、同僚がチェックしたところを更にチェックするという意味です。

実際に警備員として従事している人なら分かると思いますが、人は多かれ少なかれ必ずミスをします。

例えば同じルートを巡回する場合でも、相謹者が見逃していることがあるかもしれませんし、自分が見落としている場合があるかもしれません。

この、同僚を疑うという意味は、相謹者を信頼しないという意味ではなく、ミスを速やかにリカバーする意味で「もしかしたら見落としがあるかもしれない」と常に頭の隅に置いて行動するのが重要という意味です。

私も警備員になりたての時に先輩から「○○が未施錠だったぞ」とか「○○のスイッチが入りっぱなしだったぞ」とか何だか人のアラ探しをされているようで嫌でしたが、警備員とはそういう仕事なのだというのが最近になってようやく理解できるようになりました。

というのも、このところAランク隊員の見落としやミスを発見することが多々あって、ちょっと「最近たるんでるんじゃね?」と思うことがあったからなんですよね。

人のやったことを疑うとか再確認すると言った行為はあまり好きではないのですが、「○○さんだから大丈夫だろう」ではなく「○○さんでも見逃しているかもしれない」という「だろう」ではなく「かもしれない」思考が警備員の基本であるということを最近になって再認識させられた政宗なのでありました。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

グランメゾン東京を観て思うこと!

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

朝のうちはパラパラと雨が落ちてきましたが、10時を過ぎて既に快晴の青空が広がっている今日の東京です。

今日は勤務明けの明日は公休日ということで、このところあまりにも不調だったパソコンのウィンドウズ10を先日クリーンインストールし直したので設定のやり直しとロードバイクのメンテナンスを行う予定の政宗であります。

最近の洋食シェフはなぜ帽子を被らないの?

今日は警備員とは全く関係ない話題なので、興味のない人はスルーでお願いします。

で、このところTBS系のドラマが面白くてよく見ているのですが、今回のグランメゾン東京はキャストに魅力的な人が出ているのと一応調理師として調理に携わっていた者としては色々と興味がある訳なんですよ。

まあ、私の場合は調理といっても学校の給食なのでフレンチだのイタリアンだの中華だのと言った本格的な料理のことはよくわからないのですが、ただ一つ調理をする上でどの料理にも当てはまる最も重要な要素が「衛生管理」です。

料理を作ってお客様に提供するという行為を行う上で、安全な料理を提供するのが当たり前だと思うし、調理師としての義務だと思っています。

私が身を置いていた給食調理の世界では、食中毒などの事故が起こった時には何百人という子供たちが辛い目に遭うことになるし、下手をすれば命を落とす可能性もありますので、衛生管理は徹底して行われていました。

特に手洗いと帽子、マスクはもちろんのこと、作業区域も厳しく制限されているのです。

しかし、最近テレビなどで有名レストランや評判の飲食店などを取材した映像や画像を見ると、男性女性問わず調理人のほとんどが帽子を被らずに調理している姿が目につきます。

もちろんグランメゾン東京もしかりで、シェフで帽子を被っているのはホテルで調理責任者を任されている平古祥平役の玉森裕太だけです。

我々の世界では帽子を被っていなければ調理場に入ることは許されませんでしたが、まあ個人経営の飲食店ではオーナーや責任者の考え方でどうにでもなりますからそこまで厳しくはしていないのかもしれません。

一般の人たちもあまり気にする人はいないのかもしれませんが、衛生管理に厳しい世界に長く身を置いたおかげでそのクセが身についてしまっている私には気になって仕方がないんですよね。

「美味けりゃそんなことどうでもいいじゃん!」と思う人が多いのかもしれませんが、ついついお店に入ると床だったり調理人の姿格好だったりと、つい衛生面を見てしまうクセがついてしまっています。

でも、何かあって苦しい思いをするのは自分ですから、やはり衛生管理がしっかりした飲食店で食べたいと思うのですが・・・!

まあ、よく行く居酒屋なんて裏はどうなってるかわかりませんから気にしても仕方がないし、アルコール消毒されるから大丈夫(な訳ねーだろ(笑))と思っています。

というわけで、今日は独り言にお付き合いいただき、ありがとうございました。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク