カテゴリー
施設警備員 施設警備員の生活 生活パターン 防災センター

前の防災センターと現在の市役所の比較!【施設警備員の生活】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

薄い雲が空を覆い、時折雲のすき間から弱い日差しがこぼれている今日の東京です。

今日は公休日なのでのんびりしようと思っていますが、明日からは仕事の見極めが始まるので業務内容のおさらいもしておかなければならないかなぁ、とも思っています。

ですが、いくら頭でシミュレーションしても仕事は体で覚えないと身に付かないと思っているので、とにかく実践あるのみという事でおさらいはそこそこにして趣味のロードバイクのメンテナンスでもしようと思います。

前の防災センターと現在の市役所の比較!

で、今の現場で仕事を始めてそろそろ1ヶ月が経とうとしている訳ですが、そこで前の現場と何がどう変わったのか比較してみたいと思います。

市役所警備員の良い点(あくまでも政宗の場合)

・ほぼ決まった時間に仮眠できる
前の現場では、21時からの早寝と2時からの遅寝があって仮眠時間も4時間でしたが、今の現場では概ね23時から6時まで仮眠することができますので、体内時計のリズムが狂いにくいので体調管理がしやすいです(A勤務は残業職員が全員帰るまで仮眠できないのでこの限りではありませんが、それでも0時には仮眠できる事が殆どです)

また、前の防災センターでは夜中にどうしてもお腹が空いて夜食を食べてしまうので太る原因になっていましたが、今の現場では夕食後は何も食べずに仮眠できるので少しやせてきたような気がします。(ベルトの穴の位置が変わった)

スポンサーリンク

・待機時間が前より少ない
前の防災センターでは防犯カメラの監視が主な業務と言っても過言ではなく、ほぼ一日中座っているような感じでしたが、市役所には防犯カメラが無いのでモニター監視業務は無く、巡回の回数や時間なども増えて待機で座っている時間がかなり少なくなりました。

・朝起きてから仕事を引き継ぐまでの時間が短い
前の防災センターは9時~9時までの勤務で遅寝の仮眠が6時に起きてから引継ぎまで3時間ありましたが、今度の市役所は8時~8時までの勤務なので6時に起きてから次の勤務者に引き継ぐまでが2時間と短く、23時に仮眠する時点でほぼ仕事は終わったようなものという感覚です。

防災センターより悪くなった点(あくまでも個人的に)

・帰りにスーパーが開いていない
前は9時までの勤務だったので帰りがけにスーパーに寄って買い物ができたのですが、8時までの勤務だとまだスーパーが開いておらず一度帰宅してから改めてスーパーに買い物に行かなければならないのが面倒です。(コンビニだとちょっと高いし・・・)

・鍵の開施錠の回数が増えた
前の現場では朝・晩に各6ヶ所の開施錠をすればよかったのですが、市役所はその数倍開施錠箇所があり、しかも建物が古いために一つ一つの鍵にクセが強く開け閉めにコツを要するのでちょっと大変です。(まあ、現場が変われば当然の事なんですがね!)

と、まあ大きな違いと言えばこんな感じで、政宗的には良くなった方が多いかな!と言う感じですね。

あとは早く仕事を覚えて先輩たちのクセを把握することですかね。

一人だけちょっと性格をつかみきれない人がいるので、もう少しコミュニケーションを増やさないといけないのですが、何となく苦手なタイプなので躊躇してしまいます。

といったところで、今回はこの辺で・・・(^^)/

カテゴリー
健康 夜勤 当務 施設警備員の仕事 生活パターン

施設警備員になって一番辛い当務でした!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

最悪な政宗の体調とは裏腹に、今日も冬晴れの快晴が続いている東京です。

26日の発熱から中一日での当務でしたが、日中はどうにかやり過ごせたものの夜になって鼻水と喉の痛みが酷くなり、仮眠もままならない状態になり、ボックステッシュを一人で半分使ってしまいました。

おかげで鼻のかみすぎで鼻の下と上唇がヒリヒリするし、寝不足から頭痛はしてくるしという最悪な状況で勤務をおえました。

で、風邪をひいた原因や体調不良の原因を考えてみると、2つの事が浮かんできました。

風邪をひいた原因や体調不良の原因とは?

まず一つは「乾燥」です。

防災センター内には常に空気清浄機と加湿器が稼働していて、それなりに湿度を保つようにはなっているのですが、24時間エアコンが効いているので湿度計は常に30%程度の表示です。

それに加えて仮眠室は狭い上にエアコンの設定温度が、布団をかけると暑いけど掛けないと寒いという微妙な温度設定になっていたのでした。

そういう状態なので仮眠中にどうしても汗をかいてしまう上に、乾燥で喉がやられてしまったのではないかと思っています。

で、もう一つは「睡眠障害」です。

スポンサーリンク

やはり、仮眠時間が4時間と比較的短い事や、早寝・遅寝によって眠りに就く時間がマチマチになってしまうので、体内時計が狂いがちになります。

このこと自体は警備員あるあるなのですが、問題はその修正方法な訳で、一番簡単な方法は朝日を20分程度浴びるという事なのですが、なかなかそれだけでは修正できない人も多いようです。

やはり、人の体は睡眠中に様々なリカバリーを行っていて、質の良い睡眠をとらないと自律神経のバランスが崩れたり体調不良の原因になりやすいそうです。

そこで、いろいろとネットで検索してみたところ様々な睡眠改善薬やサプリメントが販売されていて、早速そのうちの良さげと思ったものを購入してみようと思います。

政宗の場合はもともと寝つきが悪いのですが、最近では夜中に目が覚めたり明け方まで寝付けないとか、夜寝たら朝までグッスリという事がこのところありませんので、目覚めも悪くとても質の良い睡眠がとれているとは思えない状況です。

とりあえず、腸内環境を整える乳酸菌サプリメントと共に睡眠改善サプリメントも試してみたいと思います。

あ、でも年が明けたら19日まで無職だから、その間に正常に戻る可能性もあるのかな・・・?

ま、とりあえず薬局に行って来ます。

では、また・・・(^^)/

カテゴリー
シフト 施設警備員 生活パターン

体内時計が狂い気味かも!【施設警備員の生活】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

昨日から降り続いていた雨も朝には上がりましたが、日差しが無いので相変わらず肌寒い今日の東京です。

いつものこの時期は自宅の室温が25度前後なのですが、昨夜は20度以下まで下がってしまい夏掛けと毛布の組み合わせでは寒くて眠れなかったので、夜中に慌ててゴソゴソと冬用の布団を出すという異例の展開になりました。

体内時計が狂い気味かも!

そんなこんなで、夜中に布団を出したりトイレに行ったりしたおかげで何となく目覚めがスッキリしていません。

まあ今日は公休日なのでまだ良かったのですが、それでなくても最近はあまりぐっすり眠れた実感がない日が続いていて、何となく起きていても一日中スッキリしない事が多いのが最近の悩みでもあります。

特に政宗の現場では、基本的に当務が21時からの早寝で夜勤が2時からの遅寝という仮眠時間になっていますので、当務・明け・夜勤・明け・公休と言った基本シフトだと毎日寝る時間がバラバラになりますので、体内時計が狂いやすくなります。

また、明けで昼寝をする・しないによっても人それぞれで体内時計の修正に違いが出てきますので複雑です。

スポンサーリンク

政宗の場合は明けでも昼寝はせずに、できるだけ日の光を浴びたりサイクリングなどの運動をするように心がけているのですが、このところのように雨が続いたりすると運動もままならない状態なので、体内時計が狂ったままの状態になっているような気がしています。

そのせいか、普段、自宅では23時には寝て朝6時には起きるようにしているのですが、最近では0時過ぎまでなかなか寝付けないことが多くおかげで朝6時には起きるのが辛くて7時過ぎまで寝ていることもしばしばです。

日勤なら日勤だけ、夜勤なら夜勤だけ、若しくは日勤と夜勤を週替わりで交代するシフトの方がまだ体内時計が狂いにくいのかもしれませんね。

施設警備員で当務と夜勤のシフト勤務の場合には、このあたりの体内時計の狂いによって生じる体調の変化にも気をつけながら勤務しないと、知らず知らずのうちに病気になっているという事にもなりかねませんから注意が必要ですね。

ちなみに、体内時計を修正するには朝日を浴びるのが良いそうなので参考までに・・・。

では、また・・・(^^)/

カテゴリー
施設警備員の生活 生活パターン

施設警備員の生活パターンとは?

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日は朝からシトシトと雨が降って肌寒い東京です。

今日は夜勤なので昼間はブログを書いたり比較的にのんびりと過ごしています。

と言う訳で、実際に施設警備員の生活パターンはどのようになっているのかをご紹介したいと思います。

施設警備員の生活パターンとは!

政宗が施設警備員になって約2か月が経とうとしていますが、施設警備員としての日々の生活パターンと言うものが見えてきましたので、これから施設警備員を目指す方の参考になればと思い政宗の生活パターンを紹介します。

おそらく施設警備員の当務は一般的に8時~8時か9時~9時のパターンが殆どだと思いますが、政宗の場合は9時~9時のパターンで、8時45分から全体の引継ぎが行われるためそれまでに制服に着替えておかなければなりません。

と言う訳で、政宗の生活パターンを紹介すると!

当務(24時間勤務)の場合

朝6時起床>>7時30分に家を出る>>8時10分頃に職場到着>>8時45分引継ぎ>>9時から勤務開始>>翌8時45引継ぎ>>9時勤務終了>>10時帰宅(買い物などをしているため)>>10時30分シャワー及び洗濯(お風呂掃除)>>11時昼食を兼ねて昼飲み>>12時洗濯物を干す>>あとは録画した番組を観たりしながら飲みの続きなどでダラダラ・・・!あとは、適当に夕食・入浴・就寝

スポンサーリンク

夜勤(18時~9時)の場合

7時~8時に起床>>テレビや録画・ブログなどを書いてのんびり>>12時昼食>>のんびり>>15時くらいから夜食のおにぎりや勤務の準備>>16時30分頃家を出る>>17時職場の最寄り駅到着>>17時5分夕食(牛丼など)>>17時20分頃職場着>>18時から勤務開始>>翌8時45分全体引継ぎ>>9時勤務終了>>10時帰宅(買い物などをしているため)>>10時30分シャワー及び洗濯(お風呂掃除)>>11時昼食を兼ねて昼飲み>>12時洗濯物を干す>>あとは録画した番組を観たりしながら飲みの続きなどでダラダラ・・・!あとは、適当に夕食・入浴・就寝

といった感じが今のところの通常の生活パターンになっています。

そして、通常の基本勤務パターンが 当務>>明け>>夜勤>>明け>>公休 となっている場合は、当務から次の夜勤までが単純計算で33時間もありますので、通常のサラリーマンのように9時から17時の勤務に比べて勤務終了から次の勤務までの時間が倍以上という事になり、その分、趣味や自分の時間として使える時間が多いという事になります。

もちろん、勤務自体の拘束時間も長いので単純な比較はできませんが、体力的に余裕があれば趣味以外にも副業を行う事で更なる収入アップを目指す事も可能です。

ただし、場合によっては当務>>夜勤・若しくは、夜勤>>夜勤と言った連続勤務もありますので、副業を行う場合には注意が必要です。

まとめ!

施設警備員の生活は、シフトという勤務形態に慣れてしまえば、「まとまった自分の時間を多く持てる職業」と言えるのではないでしょうか!