カテゴリー
市役所 施設警備員の仕事 電話

市役所でこの3連休に受けた変な電話【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

台風17号の被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

東京もフェーン現象で気温が上がりましたが、一時のような猛暑まで行かなかったのは幸いでした。

流石に朝晩はエアコンがいらないくらい涼しくなりましたから、エアコンがない政宗部屋でも上掛けがないと夜中に寒くて目が覚めると言った具合で、いよいよ本格的に秋を感じられるようになりました。

この3連休に受けた変な電話


市役所がお休みの時は受付での出入管理と電話応対がメインの仕事になるのですが、この3連休で「ちょっとどうなの?」と思われる電話を受けたので紹介します。

※封書の切手の金額を訊いてくるおばさん 
⇒ 市役所じゃなくて郵便局に訊いてくれ!

※市のローマ字読みのスペルを訊いてくる男 
⇒ ググれ!

※自分の使っている銀行支店の電話番号を訊いてくるおばさん 
⇒ そんなもん知るか!ググるか銀行に訊いてくれ!

※分からない漢字を訊いてくるお婆ちゃん 
⇒ まあ、お年寄りは許す(^^;

※酔っ払ってグダグダくだをまいてくるオヤジ 
⇒ 逝ってよし!

※携帯電話料金の督促が来たけど払い方が分からないカタコトの外人 
⇒ んなもん市役所に訊かれても分かる訳ねーだろ!

※今年って平成何年だったっけ? 
⇒ もう忘れたか?平成31年だよ!!!

※水が出ないんだけど・・・ 
⇒ 水道局に訊いてくれ

※あなたは今の日本の現状をどう思いますかという女 
⇒ なるようにしかならねーだろ!

その他、無言電話多数・・・。

まあ、一応それぞれ丁寧な対応を心がけましたが、市役所は何でも相談室ではないし、多くの事はググれば分かる事ばかりで何でも市役所に訊けば分かると思ったら大間違いですよ!

と、声を大にして叫びたい政宗なのでした!

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク
カテゴリー
施設警備員の仕事 電話

マイナンバーカードは市役所の敵?【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

スッキリとは行かないまでも、晴れて気温上昇が予想される今日の東京です。

とりあえず青空ではありますが、快晴の時には見える富士山が今朝の巡回では屋上から見えませんでしたから、空気が淀んで霞んでいる感じですね。

マイナンバーカードは市役所の敵?

で、昨日は休庁日でのA勤務だったのですが、休庁日は基本的に警備員室で出入館管理と宿直担当の電話対応サポートが主な仕事になります。

で、市役所が休みの日にかかって来る電話で最も多いのが「住民票や印鑑証明は休日夜間受付で発行してもらえるのか?」という問い合わせです。

これは当然、休日夜間受付では発行できないんですが、予約制度というのがあって平日の開庁時間内に予め電話で予約をしておけば土日祝日に休日夜間受付で受け取る事ができると言うものです。

まあ、その制度を勘違いして電話で問い合わせして来たり、実際に訪ねて来る人が少なくありません。

そこで、マイナンバーカードに土日祝日でも住民票や印鑑証明をコンビニで発行できるように機能が加えられたと言う訳なんですね。

ただ、マイナンバーカードは発行に時間が掛かるうえにデーターを抜き取られて悪用されるのではないか?という不安もあってか、なかなか普及が進んでいないのが現状のようです。

しかも、宿直担当の話によれば政宗の勤務する市役所内でもマイナンバーカード推進派と否定派に分かれているという事で、マイナンバーを扱っている課の中にも市民に積極的に勧めない担当者もいるとか・・・。

その理由の一つとして、「そんなものが普及したら俺たちの仕事が無くなるじゃないか!」と言っている職員もいるそうで・・・!

いやいや、実際ビックリですが事実なようです。

政宗的には、仕事の負担が減って楽になるからいいんじゃないの?と思いますが、職員の中にも色々な考えを持っている人がいるんですね。

ちなみに、政宗の場合は現在マイナンバーカード申請中です(^^;

ただ、市民の中にもこのシステムを知らない人が多いようで、国がもっともっと世間に周知する必要がありそうですね。

という事で、今日も冷凍倉庫のバイトに行って来ます。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク
カテゴリー
新任警備員教育 施設警備員の仕事 電話

市役所A勤務新任研修3回目終了!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日も快晴の寒い東京です。

観測史上最強の寒波が押し寄せているとあって、様々なトラブルが全国で巻き起こっているようですが、東京は東京でなかなか路肩や雪かきして積み上げられた雪が融けずに残っているので、所々で自転車やバイクが走りにくい状況が未だに見受けられます。

早く安心してロードバイクに乗れる状態に戻って欲しいと願う政宗なのであります。

初の電話対応

今日は勤務明けですが、今回の勤務でA勤務新任研修3回目終了しました。

相変わらず、施錠確認や施錠箇所の巡回は頭がパニクッていますが、朝の開錠はどうにかこなせるようになりました。

しかし、流石に3回目ともなるとこの現場最大の難関である「電話対応」をやらざるを得なくなる訳で、宿直職員のサポートという意味で宿直が取り切れない電話の対応を代わりに行います。

今回の先生は同級生のT氏だったのですが、私の隣に座ってもらいフォローして頂けることになりました。

で、17時を過ぎたところで電話交換室から切り替えの連絡が入り、いよいよ緊張の電話対応スタートです。

約5分ほど経ったところで1本目の電話が入りますが、これは宿直が対応しますので問題ありませんが、宿直が対応中に掛かって来た電話には政宗が対応しなければなりません。

記念すべき1本目の対応は切り替わってから15分後でした。

女性の市民から「あの~保育園についての事で聞きたいんですが?」

ん???保育園?

急いで担当の課を一覧表で探しますがなかなか見つけられずに、横にいたT氏に見つけてもらい無事転送!

いや~、練習では結構それなりに捜せていたんですが、本番となると緊張でなかなか上手く行きませんね。

おまけに「〇〇市役所、宿直です」と言うところを「〇〇市役所、ちゅくちょくです」とか「〇〇しやくしゅ、しゅくしょくです」などと、なかなか活舌が上手く行かずに恥ずかしい場面も多々ありました。

もともと活舌は良い方ではないので「しゅくちょくです」が上手く言えなくて、結局はゆっくりしゃべる意味でも「しゅくちょくでございます」と言うようにしたら、そこそこ上手く言えるようになりました。

まあ、殆どの人は役所は17時で業務が終わるというのが分かっている筈なのですが、時間外でも様々な電話が掛かって来るのには驚かされますね。

最初から担当の課を指名してきたり内線番号を言ってくれる人は良いのですが、「何とかについて訊きたいんだけど」とか「△町の〇〇ですけど、さっき市役所から電話があったみたいで何の電話でしょうか?」みたいな電話だと対応に困ってしまいます。

とまあ紹介したいことは山ほどあるのですが、とりあえず今回はこの辺で。

次回からはB勤務の研修に入ります。

たぶんA勤とB勤がごっちゃになって訳わかんなくなるんだろうな・・・!

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク
カテゴリー
施設警備員の仕事 電話

電話の取次ぎが苦手です!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

このところの雨続きで最高気温が12度とか13度と言った、まるで冬を思わせるような東京です。

昨日は雨の月曜日という事もあってか、外来患者やお見舞いで病院を訪れるのに車を使う人が多かったせいで、立体駐車場が満車状態になってしまい、しばしば駐車場の入庫待ち渋滞ができていました。

この駐車場へのアプローチは救急車の進入路にもなっているので、救急搬送の妨げにならないかとヒヤヒヤしましたが、救急搬送時には渋滞は起きていなかったのでなんとか混乱せずに済んだのは幸いでした。

電話の取次ぎが苦手です!

さて、以前にもブログに書いたかもしれませんが、政宗は電話の取次ぎが苦手です。

政宗の勤める防災センターは病院の中央監視室も兼ねていて、エアコンの集中リモコンやらエアシューターの監視モニターやらトイレの緊急呼出やら、様々な監視モニターがあります。

そこで、色々なリクエストや要望などが内線電話などで連絡してくるのですが、「○課の××ですが(××は名前)、寒いのでエアコンの温度を上げて下さい」とか、「○課の××ですが(××は名前)、□□所長はいらっしゃいますか?」などと言った具合に連絡が来ます。

この時に、「○課の××」がどうしても一緒に覚えられない事が多いので困っているのですよ。

これが、頻繁に内線電話を掛けてくる課や名前の人なら良いのですが、耳慣れない課や名前の場合だと課の名前をメモするのが精いっぱいで人の名前が右から左状態で、○課の誰だったっけ?という事がしばしば起こるのです。

もちろんこの状況は外線電話も同様で、耳慣れない業者の名前だと業者の名前をメモするのに必死で人の名前がどっかに行ってしまいます。

まあ、分からなかったら「もう一度お名前をお願いします」と聞き返せば良いのですが、なかなかそれができなくて・・・。

たぶん、心の片隅に「スマートに電話を取り次がないとかっこ悪い」と言った思いが潜んでいるのだと思いますが、相手の名前が分からずに取り次ぐ方がよっぽどかっこ悪いし失礼に当たりますので、何とかこの悪い癖は直さないとマズイですね。

まあ落ち着いて対応すれば良いのですが、元来のあがり症でつい慌ててしまうのも悪いところではあります。

こうやって、ブログに書くことで肝に銘じようとしている政宗なのでした。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク