2019年度の現任教育終了しました!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

ここ何日かは新たなネットビジネスの勉強が忙しくて、ブログの更新をサボってしまいました。

今回のビジネスは、私が全く経験したことのない分野のビジネスなので期待と不安が入り混じって、どうなるのか自分でもわかりません。

なので、とりあえずは実践あるのみという感じで集中して取り組んでいるところです。

2019年度の現任教育終了しました!

と言う訳で、先日2019年度の現任教育終了しました。

次回の現任教育からは、年間10時間と言う事で一回の現任教育が5時間に短縮されるので、今までよりもかなり早く帰れるのではないか?と期待しています。

今回の内容は?

で、今回のメインとなる講義は「遺失物の扱いについて」ということでグループ討議が行われ、失敗談からその対策などを話し合いました。

ですが、ウチの現場は市役所なので遺失物の扱いは担当の係に持っていくか、財布や免許証などの場合は近くの警察署に届けるようにお願いするので、特に失敗談とか無いんですよね。

ただ、他の商業施設やオフィスビルなどでは様々なエピソードが出てきて、面白かったです。

中でも多かったのが、ゴミと思って捨ててしまったものが後から探している人が現れると言ったケース。

例えば、清掃係が女子トイレに落ちていたヘアゴムを拾得物として持ってきて、一応は預かったものの「こんなのゴミと一緒でしょ!」と思い捨ててしまったところ、後から「清掃の方にこちらに預けてあるって聞いてきたんですけど?」と言って持ち主が現れる、と言った具合!

まあ人の価値観は様々ですから、ゴミに見えるものでも持ち主からすれば大事な物だったりしますので難しいですね。

あ、そういう意味では市役所の駐車場に置き忘れたのか、ゴミとして捨てていったのか迷うような落とし物がたまにあります。

コンビニ袋に入った食べ終わった弁当とか明らかにゴミと分かるものは処分しますが、中には姿見とか噴霧器とかベビーカーとか、置き忘れたのか、わざと置いていったのか判断に迷うものが結構あります。

どちらにしても管理係に持って行くだけで、その後の処理に我々はノータッチなので良いのですが・・・。

現場によっては一定期間預かるところもありますので、権利の発生するような落とし物とかは慎重に扱う必要があるので面倒ですね。

いずれにしても、拾得物台帳にきちんと記載しておけば問題ないんですけどね!

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

警備員だからって「10円落ちてました」って渡されてもねぇ!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日も朝からスッキリと冬晴れの東京です。

こんなに良いお天気だと家にいるのはもったいないのですが、年末に向けて家の掃除やら不用品の片づけやら色々とやることが山積みです。

警備員だからって「10円落ちてました」って渡されてもねぇ!

このところは再就職の話ばかりであまり仕事の話ができていませんでしたので、久しぶりに先日体験した事案を紹介したいと思います。

その日は当務で朝からの勤務だったんですが、昼食を終えて14時からの定時巡回の時でした。

いつも通り外周供用部を巡回して、病院横に差し掛かったところで「すみませ~ん」と言いながら小走りに若い女性(22~23歳くらい)が私を目掛けて向かって来ました。

私は立ち止まって「ハイ!どうかされましたか?」と尋ねると、「あの~、そこに落ちてました」と差し出されたのは「10円玉!」

一瞬「ハア???」と思いましたが、気を取り直して、「申し訳ありません、私どもは落とし物は預かれないことになっておりまして・・・」と言うと、「あ、そうですか・・・」と残念な様子を浮かべたので、「病院の敷地で拾われたのでしたら、病院の受付に訊いてみたらいかがですか?」と勧めたところ、「分かりました!」と言って女性は病院の中に入って行きました。

その後どうなったのかは定かではありませんが、警備員だからって落ちていた10円玉を渡されても困るんですよね。

仮に預かってしまったとすれば、防災センターの拾得物預かり表に記載して、落とし主が名乗り出るのを待つことになり、3ヶ月経過したら警察に届けることになります。

ハッキリ言って政宗的には10円のためにこれだけの労力を使う気にはなれません。

しかも、防災センターに預かっていることを周知する手段も無いし、今時は10円を落としたくらいでわざわざ探す人も居ないでしょう!

政宗もたまに硬貨を拾う事がありますが、道端に落ちていた物に関してはありがたく頂いちゃいます。

まあ、お札を拾ったことはありませんが、現金だったらありがたく頂いちゃいますね。

これがお財布だったり、数十万円とか数百万円の現金だったら話は別ですが、持ち主不明の現金の場合はね・・・。

という、今時珍しく心の汚れていない若い女性のお話しでした。

ちなみに、勤務中に見つけた落とし物については、お財布やカード類を除いて落とし主が探しに来るかもしれないので、基本的にそのまま放置するか近くの安全なところに置いておきます。

防災センターに持ち帰ったところで、絶対に持ち主に返却されることはありませんので・・・。

現場や状況によっても対応はそれぞれだと思いますが、落とし物は警備員にとっては厄介な事案であることは間違いありませんね。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク