夜間巡回の強い味方!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

昨日の抜けるような晴れとはちょっと変わって、空には雲が多く浮かんで空気が霞んで見える今日の東京です。

巷では桜が見頃を迎えている所も多く見受けられるようですが、政宗のホームサイクリングコースである多摩湖はまだ少し早いようで、今週末あたりが見ごろになりそうな感じです。

夜間巡回の強い味方

さて、施設警備員には巡回が付きものですが、特に神経を使うのが夜間巡回です。

現場によっても巡回する条件が違うので一概には言えませんが、足元が悪いところや真っ暗なところを巡回しながら施錠確認などをしなければならない現場も多いと思います。

また現場によって装備も色々で、政宗の現場では夜間の巡回時にパナソニック LED懐中電灯 BF-BS05P-Kというライトを肩から下げて行くんですが、結構大きいので邪魔なんですよね。

隊員の中には自前のマグライト(警備員ライトとしては定番ですよね)を腰からぶら下げている隊員もいますが、そこまではちょっとねえ!っていう感じ。

そこで、政宗が実践している夜間巡回時のちょっとしたアイデアを紹介したいと思います。

ヘッドランプ


政宗は夕方になるとこんなヘッドランプを首から下げておきます。

市役所の業務や工事が終了するとあちこち施錠して回らなければならないのですが、窓が無かったり地下だったりすると暗くて鍵穴が見えないという事がよくあります。

で、そんな時には首から下げたヘッドランプを点灯させることで、鍵穴や足元の安全を確認しながら巡回できますし両手がフリーなので便利です。

現場によっては指定された装備以外を身に付けることが許されないところもあるようですが、政宗の現場のように特に指定が無い現場ではおすすめです。

ちなみに、政宗の場合はメインライトとして【ジェントス 懐中電灯 スーパーファイアXキューブ SF-353X3】というライトを腰にぶら下げています。

既にこのライトは販売終了しているライトなんですが、単3電池3本で明るさ200ルーメン/実用点灯12時間というスペックで焦点も調整できるので気に入って使っています。

元々はロードバイクの夜間走行用に購入したのですが、ロードバイクのハンドル周りに取り付けるには長さと重量がネックになって数回使っただけで工具入れの奥に眠っていました。

で、今回の現場で夜間巡回時に何かいいものは無いか?と考えていたら、以前にロードバイク用に購入したのを思い出して復活させたという訳です。

まあ、わざわざ紹介するほどの事ではないかも知れませんが、何かのお役に立てればと思い紹介させていただきました。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

夜間巡回用のライトについて

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日の東京は春一番が吹き荒れて何となく埃っぽい感じがします。

そろそろ嫌な花粉も飛び始めているようですから、花粉症の政宗にとってはこれからの風の強い日は憂鬱です。

さて、今回は施設警備員が夜間の巡回に使うライト(懐中電灯)についてちょっと考えてみます。

 

夜間巡回用のライトについて

施設警備員が夜間巡回時に使うライトと言えば、マグライト が定番でした。

マグライトはその堅牢さから武器としても使えることから現在でも多くの現場で使われているのかもしれませんが、私の現場ではコンパクトなジェントス 懐中電灯 閃 335 というライトを使っています。

このライトは単4電池を3本使うのですが、建物内の巡回では良いのですが屋外の巡回は明るさ200ルーメンだと正直物足りない感じがします。

ライト前方のレンズ部分を前後させてワイドとスポットのフォーカスを調節できるのですが、屋外ではスポットにしても届く距離が物足りなく、イマイチ見たい部分が見られなかったりします。

そんなライトに不満を感じたのか、先輩警備員の中には私物のLED LENSER(レッドレンザー) P7.2 というライトを使っている人がいます。

このライト一度使わせてもらったのですが、320ルーメンという明るさも然ることながらフォーカスがワイドからスポットまでスムーズに行えて非常に扱いやすいライトでした。

単4電池4本使用で実用点灯時間が2時間程という事ですが、私の現場では1回の巡回が20分程度ですから充分使えますね。

しかも、大きさも手ごろで握りやすいので実は私も欲しいと思っているのですが、何とか会社で買ってもらえないかと交渉しようと思っています。

あなたの現場ではどのようなライトを使っているのでしょうか?

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク