55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

台風15号の影響で徹夜になりました!【施設警備員の仕事】

time 2019/09/10

台風15号の影響で徹夜になりました!【施設警備員の仕事】

こんにちは、政宗です。

台風一過で真夏の天気が戻った今日の東京です。

今日は公休日なんですが、既に午前中からジリジリと気温が上がり猛暑となりそうな勢いであります。

台風15号の影響で徹夜になりました!

一昨日の日曜日は会議室棟での一人勤務で、しかも日曜日だというのに会議予定が一件も入っておらず超がつくほど暇な一日になる予定でした。

が、しかし、世の中そんなに甘くはないですね。

夕方になって雨が降ったり止んだりを繰り返し、台風の影響が徐々にみえ始めました。

そうなると、敷地内に設置されているカラーコーンや侵入禁止のウマなどを風で飛ばないように片付けておかなければなりません。

まあ作業自体は30分で終了しましたが、残る問題は雨漏りです。

この会議室棟には大雨や台風になると必ず決まったところから雨漏りが起こるので、雑巾やバケツなどで対処しなければなりません。

で、台風のピーク予想が午前3時頃という事だったので、夜中に起きて様子を見る必要があるのです。

いやいや、仮眠とは言え夜中に起きるのは嫌だなあ!と思っていたら、台風の被害に備えて市役所の職員が参集して待機することになったと言うではありませんか!!!

防災課や道路管理課、河川課、土地管理課、公園課など、被害が出そうと思われる課の職員が21時頃に集まって対応を検討するという事でした。

という事は、当然ながら職員が詰めている間は仮眠できないという事に加えて、台風のピークが3時なのでその時点で徹夜決定です。

更に、市役所の別館に避難所が開設されて、会議室棟も市民が避難してくる可能性があるという事で、終日開けておくようにという指示が出されました。

結局、避難してくる人はいませんでしたが、入口が解錠されている以上は受付に座っていなければならず、睡魔と闘いながら時折雨漏りの様子をチェックしたり、時々外に出て強風を浴びて眠気を覚ましたりしながらどうにか時間をやり過ごしていました。

予想外の所から雨漏り

で、台風の通過と共に風向きも東から西向きへと変わり、横殴りの雨がエントランスに向かって吹きつけるようになりました。

ちょうど5時を過ぎた頃からです、ビチャビチャとそれまでは聞いたことが無い音がエントランス付近から聞こえてくるようになりました。

ん?と思って様子を見に行くと、なんと今まで雨漏りなどしたことが無かったエントランスの天井から水がバシャバシャと落ちているではありませんか。

慌てて大きめのバケツを下に置いて受けるようにしましたが、既にエントランスはビショビショになっていたので、モップで水を掻きだしてどうにかその場を凌ぎました。

結局、6時を過ぎた頃から雨も断続的になり、雨漏りも収まったところで掃除のおばちゃんが出勤してきたので事情を説明し、エントランスの清掃をお願いしました。

私と言えば、片付けたカラーコーンとウマを原状回復させて、被害状況を確認するための巡回や報告書の作成、会議室のセッティングを終えて次の隊員に引継ぎ、業務終了となりました。

まったく、台風15号のおかげで超楽な勤務がとんでもない勤務に変わったという、自然の猛威に振り回された今回の勤務でありました。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク