55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

寝不足の明け残日勤からの晩酌!【施設警備員の生活】

time 2019/07/08

寝不足の明け残日勤からの晩酌!【施設警備員の生活】

こんにちは、政宗です。

曇りベースながらも、時折雲間から青空が顔を覗かせていた今日の東京です。

おかげで今日は涼しい一日で、巡回しても汗をかかずに済んだ政宗であります。

寝不足の明け残日勤からの晩酌!

で、昨日の七夕入籍はその後も4組訪れて、仏滅にもかかわらず計10組が入籍に訪れました。

まあ確かに日柄が悪いからと言ったところで、実際は何が起こる訳でもありませんから、気にしなければ何も問題ないということですね。

まさかの夜中の電話2時間

昨日は日曜日で旧庁日のために、問い合わせの電話も「市役所が休みで職員がいないので、開庁日の平日に再度お問い合わせください」という答えで殆ど対応できるんですが、中にはおかしな電話をかけて来る市民もいるんですね。

その一例としては、繰り返しの無言電話とか、言い掛かり的な苦情とか、はたまた訳の分からない一方的に語る政治的な説教とか・・・。

ただ、その中でたまに人生相談的な電話もあるんですね。

それが、今日の真夜中の2時過ぎに掛かってきたようなんです。

基本的に市役所に掛かって来た電話には市役所で採用されている宿直方が受けることになっていますので、真夜中だろうが何だろうがとにかく1本目の電話には宿直方が対応することになります。

で、3人いる宿直方の中でもたまたま昨日の宿直方が面倒見が良いというか極端に丁寧な宿直方で、掛かって来た電話に対してはとことん向き合うタイプの人だったんです。

しかも、その電話の主は以前にも何度か受けたことがある人だったらしく、結局午前2時から4時近くまで悩みや相談に乗りながら会話していました。

いぜんにも一度お話ししたと思いますが、宿直方の仮眠室と我々警備員の仮眠室はふすま一枚で隔たれているだけなので、物音や話し声が結構筒抜けで聞こえてくるのです。

今までも、いたずら電話や迷惑電話なども数多く掛かって来ていましたので、今回もまたその類だろうと思って最初はあまり気にしていませんでしたが、あまりにも隣からボソボソと聞こえてくる会話が長いので結局私も気になって眠れなくなってしまいました。

まあ宿直方は8時30で勤務終了なのでまだ良いのですが、明け残の私はやはり待機時間中に睡魔に襲われて座ったり立ったりの繰り返しで何とか凌いだ次第です。

で、どうにかこうにか夕方まで勤務をこなし、夜勤の隊員と交代して晩酌をしているところであります。

最近のお気に入り

ここ最近のお気に入りは、イオングループ系のところで売っているバーリアルです。

これ、オリジナルブランドの発泡酒なんですが、製造はキリンビールで、500mlが120円というリーズナブルな値段ですが、なかなか馬鹿にできない美味しさなんです。

それにコンビニの肉じゃがをつまみに飲むのが定番になっています。

この肉じゃがも味が浸みていて、下手に作るよりも手軽で美味しいので気に入っています。

と言ったところで、そろそろ眠くなってきましたので今日はこの辺で失礼します。

おやすみなさい・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー



スポンサーリンク