55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

カラスの巣立ちには困ったものです!【施設警備員の仕事】

time 2019/06/10

カラスの巣立ちには困ったものです!【施設警備員の仕事】

こんにちは、政宗です。

関東地方も梅雨入りが発表されてからはシトシトと雨が降ったり止んだりという、先日までの真夏のような暑さが嘘のように肌寒い今日の東京です。

通常の梅雨前線は南から押し上げられて西日本地方から梅雨入りしてくるのですが、今回は北の冷たい低気圧の影響による前線という事で、梅雨寒で温度不足・日照不足で野菜や米の生育が心配されているようです。

という事は、野菜の高騰や米不足になる可能性がありますので、う~ん、困ったものです。

カラスの巣立ちには困ったものです!

困ったと言えば、先日の話ですが巣立ち前の子ガラスが巣から落下して、ちょっとした騒ぎになりました。

今年はカラスの姿を見かけなかったので巣作りは無いものと油断していたのですが、どうやら市役所入口近くにあるケヤキの大木の中に巣を作っていたようで、葉が茂った見えないところでいつの間にか着々と巣作りが進行していたようです。

そして、いよいよ巣立ちと言うところに来て雛(と言っても大きさは親鳥と殆ど変わりませんが)が巣から落下したという事なんですね。

まあ、この時期お馴染みの光景とも言えるんですが、当然、落下した我が子を守ろうと親鳥は雛に近寄るありとあらゆる物や人に対して攻撃を仕掛けて来る訳です。

で、その雛の落下したところが市役所の正面玄関に繋がる車いす用のスロープ上に落下したもんだから、近くを通る来庁者目掛けて上空から急降下を繰り返していたと言う訳なんです。

その日の政宗は道路を挟んだ会議室棟での一人勤務だったので騒ぎを警備員室から眺めていた訳なんですが、市役所の職員や設備担当者が頭上を防御するために傘を差しながら、トラバーや長い棒を使ってカラスの雛を追い払おうと一生懸命でした。

当然、警備員は来庁者が近くに寄らないように安全確保のために誘導することになるんですが、カラスの雛があちこちに移動するので追いかけっこを繰り返すはめになり、結局1時間以上費やして駐車場の隅に追いやったという顛末になりました。

その後は敷地の外に出たので、時々様子を見ながら警戒していたのですが、結局夜になってしまい行方は分からなくなってしまいました。

翌朝になって市役所の周囲を検索してみても、親ガラスの姿も見当たらなくなっていたので雛と共にどこかへ行ってしまったようです。

姿が見えないので今年は大丈夫と油断していた盲点を突かれました。

自然を甘く見ていたバチが当たったのでしょうかね。

何事も油断は禁物ですね!

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク




アヴァンス法務事務所

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー