55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

派遣会社の面談について【施設警備員の副業】

time 2019/05/28

派遣会社の面談について【施設警備員の副業】

こんにちは、政宗です。

ここ何日かの猛暑は影を潜めて、空一面に広がった雲から時折パラパラと雨が落ちている今日の東京です。

今日は朝から川崎で19人が殺傷されるという痛ましい事件が発生しました。

小学6年生の女の子と外交官の男性が亡くなり、犯人も首を切って自殺してしまったので犯行動機は分かりませんが、ハッキリ言って無差別殺人テロと言っても良い事件だと思います。

事件現場では応急テントが張られて負傷者のトリアージが行われていたようですが、防災センター要員の講習で情報トリアージの実習で体験したくらいで、実際の負傷者をトリアージするとなると私は冷静な判断を下すのは無理な気がします。

また、心肺蘇生も講習会では何度か行っていますが、実際の現場に遭遇した際にちゃんと行える自信はありません。

このような事件を見ていると、明日は我が身の近くで事件が起きても何ら不思議ではないという事を思い知らされますね。

派遣会社の面談について

で、話は変わりますが、昨日、介護施設の派遣会社で面談を行ってきました。

私としては、業務内容や施設の数などを聞いた上で登録するか決めようと思っていたのですが、面談が始まってみるとまずは登録用の書類を記入させられて、希望の働き方の聞き取りや施設での業務内容の説明という順番で面談が行われました。

介護施設では大きく2種類の業務があって、一つは「生活援助」もう一つは「介護」なのだそうです。

生活援助と言うのは食事の世話や話し相手など、比較的元気なお年寄りのお手伝いを行うと言うもので、介護になるとトイレ補助や入浴補助、おむつ交換など、本当の意味での介護ということになります。

当然ながら、仕事の依頼も介護の方が圧倒的に多いそうなんですが、何せ私の場合はそういう現場が初めてですから、とりあえずは生活援助という事で仕事を探してもらう事にしました。

そんなわけで、直ぐには仕事が見つかるとは思っていないのですが、依頼があれば実際に施設を見学しに行って、お互いの条件面が合えば仕事開始という流れだそうです。

う~ん、本業との掛け持ちはなかなか難しい感じではありますが、収入アップのためにはこのまま何もしないという選択肢はありませんから、早く仕事が見つかる事を願っている政宗なのであります。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

コメント

  • 生活援助を選んだのは大賛成です。介護はとてつもなく大変です。

    by T.S €2019年5月28日 6:02 PM

    • T.Sさん、こんにちは。

      ですよね。

      私も自分の母親が介護されている姿を見ていましたが、ちょっと自分には難しいと感じていました。

      ただ、生活援助だけでは仕事の依頼が極端に少ないらしいので、その辺が微妙なところでもありますね。

      by masamune €2019年5月28日 6:15 PM

  • 警備員だけで稼ぐとなると難しいですかね。会社にもよるでしょうけど世の中残業しない風潮になってますしね。

    by T.S €2019年5月29日 6:27 AM

    • T.Sさん、こんにちは。

      そうですね〜、残業が45時間以上はできなくなりましたからね。

      まあ、会社によっては何か抜け道を見つけたりしているのかもしれませんが、それもバレると罰則がありますから、なかなか厳しいと思います。

      ブラックな会社が減るのは良いことなのですが、残業代を稼ぎたい人には残念な法律ですね!

      by masamune €2019年5月29日 1:02 PM

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー



スポンサーリンク