55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

平成から令和跨ぎ・令和初日の休日夜間受付!【施設警備員の仕事】

time 2019/05/02

平成から令和跨ぎ・令和初日の休日夜間受付!【施設警備員の仕事】

こんにちは、政宗です。

晴れから雨の天気になった令和初日でしたが、一夜明けても時折雨がパラつく不安定な天気となっている令和2日目の東京です。

今日でちょうど連休の折り返しという事で、10連休を満喫している人も、仕事をしたくてウズウズしている人も、普段通りに仕事をしている人も、残り半分のゴールデンウイークを有効に活用したいものですね。

平成から令和跨ぎ・令和初日の休日夜間受付!

さて、今回の改元は令和初日が大安と重なったということもあり、多くのカップルが婚姻届けを提出するという一大イベントになりました。

自治体の中には臨時窓口の開設や記念写真の撮影ブースまで用意するなど、新天皇の即位と人生の門出をさらに盛り上げようと祝福ムード満載の自治体もあったようですが、政宗が勤務する市役所では特に何をする訳でも無く、普段通りの休日夜間窓口での受付業務なのでありました。

で、その結果ですが、4月30日の午前0時から5月1日にかけての元号跨ぎでは婚姻届けが8件。

5月1日の戸籍関係の受付が婚姻届け24件、離婚届1件、死亡届け6件の計31件の届け出がありました。

婚姻届けだけに限定すると、5月1日午前0時から5月2日午前0時までは32件という結果になりました。

一点集中

まあ、どっかの区役所では5月1日だけで500件を超える届け出があったそうですから、一見すると32件と言うのは圧倒的に少ない数字に思えますよね。

しかし、休日夜間受付窓口で戸籍関係の事務処理を行うのは市役所から嘱託で雇われている宿直方1人だけなんです。

我々警備員も電話対応などのサポートは行いますが、事務処理は行えませんので一度に何組もの届け出があると宿直方に一気に負担が集中する訳なんですね。

案の定、昨日は婚姻届けを提出しに来たカップルの時間が被ったり、死亡届の事務処理中に婚姻届けを提出に来るカップルがいたりと、宿直方は引継ぎを終えた朝8:30から休むことなく事務処理に追われ、結局落ち着いたのは15:00ちょっと前というハードな勤務になったのでした。

もちろん、我々警備員もひっきりなしに掛かって来る開庁再開日の問い合わせやゴミ回収などの問い合わせの電話に応答するなどのサポートはしますが、見ていて気の毒になるくらいにヘトヘトになっていた宿直方でありました。

改元と大安が重なって一大イベントになった訳ですが、まあこんなことは一生のうちでもう無い事かと思いますので、ある意味貴重な体験だったのかなと一夜明けて思った今日の政宗なのでありました。

という訳で、今日からは通常通りの穏やかな休日夜間窓口に戻るのかな???

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク





 

おすすめのアイテム

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー