55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

10連休初日【施設警備員の生活】

time 2019/04/27

10連休初日【施設警備員の生活】

こんにちは、政宗です。

朝5:30に仮眠から目覚めた時には本降りだった雨も朝巡回開始時間の6時にはポツポツの雨に変わり、帰宅する頃にはすっかり上がっていました。

ただ冬型の気圧配置になっているせいで気温が上がらずに肌寒い今日の東京です。

昨日は風邪気味で熱っぽい状態での勤務でしたが、お昼ごろには熱っぽさは無くなって鼻水との戦いだけになり、一夜明けた今日は鼻水もだいぶ治まってきました。

幸いにも昨日は会議室の使用があまり詰まっておらず、受付で落ち着いていられたのが良かったのかもしれません。

10連休初日

人によっては昨日から休暇を取って既に出かけているというパターンもあるようですが、カレンダー上では10連休初日という事になります。

で、市役所の休日夜間窓口で対応する我々の最大の関心事と言うか心配事は言うと、元号跨ぎでの婚姻届けなんですね。

基本的に市役所では「戸籍に関する届け出(婚姻届け・出生届・死亡届)については24時間いつでも受け付けなければならない」というふうに法で定められています。

今回のケースでは4月30日は仏滅で5月1日が大安です。

となると、令和元年の初日に入籍をもくろむカップルもかなり多いのではないかという想像がつきますよね。

現に婚姻届けの用紙を貰いに来る人がかなり増えていたり、5月1日の届け出の受付可能時間の問い合わせもかなり増加しているとの事でした。

今までも仏滅の日を跨いで大安となる午前0時過ぎに婚姻届けを提出しに来るカップルも珍しくないので、当然のごとく平成から令和に変わる午前0時過ぎに婚姻届けを提出しに来るカップルも少なくないであろうという事な訳です。

幸いにも政宗の場合は29日が勤務で30日は明けになるので対応は免れましたが、30日の夜間は戸籍係の職員も22時から午前1時まで出勤して待機することになったそうです。

で、あまり興味のある人もいないと思いますが政宗は5月1日に勤務なので、引継ぎ時に聞いた元号跨ぎ婚姻届けの顛末を報告したいと思います。

果たしてどうなる事やら・・・

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー



スポンサーリンク