55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

当たり前の事を徹底的にやる!【施設警備員の仕事】

time 2018/10/31

こんにちは、政宗です。

晴れても最高気温が20度前後と、すっかり秋らしい陽気になった東京です。

今日で10月も終わり明日から11月という事で、このところは月日の流れの早さが身にしみる政宗であります。

当たり前の事を徹底的にやる!

表題は先日隊長が朝礼で言ってた言葉なんですが、警備員の基本は「当たり前のことを徹底してやる!」だそうです。

確かに警備員の仕事は主に確認作業なので簡単かつ単純な作業になります。

しかし、単純だからこその落とし穴も少なくないのが警備員の仕事なのです。

例えば、普通ならば鍵の掛かっている窓を見て「うん、鍵は掛かっているから大丈夫!」と思うところですが、警備員の場合はそれを手で開くかどうか確認して初めて「施錠OK」となります。

この、一見誰が見ても当たり前に見える状況をさらに徹底して確認するのが警備員の仕事という訳なんですね。

ただ、この「徹底的」って言うのは、はっきり言って面倒です。

警備員の最大の敵は「面倒くさい」

恐らく誰しもが持ち合わせる「面倒くさい」という気持ち、これが警備員の最大の敵だと政宗は思うのです。

巡回にしても、さっき見たばっかりだから今回は別に行かなくても大丈夫だろう!とか、誰が見ても鍵はかかっているから大丈夫!とか、つい面倒になって省略したり確認を怠ってしまうことがミスの原因となってしまうので注意が必要です。

かく言う政宗も大の面倒くさがりなので、肝に命じておかなくてはなりませんね。

では、また(^_^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー



スポンサーリンク