明日はいよいよ市役所警備員ソロデビューです!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

空は全体に霞がかり、シジュウカラのツピツピというさえずりと止まらない鼻水に春の訪れを感じている今日の東京です。

天気予報では20℃近くまで気温が上がり春一番が吹くかもという予報が出ているようですが、それと同時に花粉も急激に増加しているのを鼻水と目のかゆみで実感しています。

明日はいよいよ市役所警備員ソロデビューです

昨日は教育担当のT先輩と一緒に研修する最後のB勤務だったのですが、細かいミスや抜けがいくつかあって更なるマニュアルの見直しや注意すべき点が見つかるという、ちょっとソロデビューに不安を感じる勤務になりました。

とはいえ、朝の開錠(解錠?)についてはどうにか合格点がもらえましたのでホッとしているところですが、問題は業務終了後の施錠確認なんですね。

施錠確認と言ってももちろん鍵の施錠だけを確認すれば良いと言うものではなく、エアコンの切り忘れや電気ポットの切り忘れ、水道の蛇口チェックや残留者・残業者確認など数多くのチェック項目があって、いちいちそれらを確認して歩かなければなりません。

まあ、そんなのは当たり前の話なんですが、部屋の奥に小部屋があったり隠れている所にポットが置いてあったり、意識していないとつい見落としがちなポイントがいくつかあるのでそこがネックになっています。

また、曜日によって施錠したり開錠する部屋が異なっているのも混乱の一因となっているのですが、こればっかりは慣れて覚えるしかありませんね。

ただ、今までは先輩が後ろから付いてきてきていたので、迷ったり間違ったりした時は訊いたり指摘されるので良かったのですが、一人になるとマニュアルと記憶が頼りになるのでしっかりとマニュアルを作成しておかなければなりません。

それと、先輩方は動線や動きに無駄が無いので時間的に余裕がありますが、政宗の場合は無駄な動きや手順の確認に時間が掛かるので制限時間内に作業を終わらせようと焦ってパニクってしまうと却って時間が掛かる原因になりますから、落ち着いて行動することが重要になってきます。

ただ、何事にも焦りは禁物と言うのは分かってはいるのですが、実際の現場になるとなかなかそうはいかないのが現状ですね。

とにかく、マニュアルをもう一度見直し、整理して明日に備えます。

果たしてソロデビュー初日はどうなる事やら・・・!

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

3月1日にソロデビューが決定しました!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

昨夜から今朝にかけて懸念されていた雪の予報は回避されて、徐々に薄くなっている雲間から日の光が溢れ始めた今日の東京です。

最近は警備服の内ポケットにスマホを忍ばせて、道を隔てたC館とは別の、同じ敷地内にある本庁舎とは渡り廊下で繋がっているB館で待機している時の暇つぶしをしているのですが、このところ帰りに着替えた際にそのまま上着の内ポケットに入っている事を忘れて警備員室に置きっぱなしにする事が度々あります。

まあ一日くらいなら携帯やスマホが無くても大して困らないのですが、サイクリングや出かけた時などのいざという時に通信手段が無いというのは非常に不安ですから気をつけなければいけませんね。

3月1日にソロデビューが決定しました!

タイトルだけでは「なんのこっちゃ!」ですが、約1か月間の研修期間が遂に終了し、3月1日からは独り立ちデビューという事になりました。

そうは言っても何もかも一人でやるのはまだ不安が残るという事で、朝の開錠時には明けの先輩に付いてきてもらって漏れが無いようにサポートしてもらう事になっています。

一応は自分なりの業務マニュアルを作成してあるのですが、それでも細かい部分で実際の手順と違っているところがあったり、なかなかすんなりとは行かないのがもどかしいところです。

また、3月いっぱいで辞める先輩がいるのですが、有給休暇と公休で殆ど3月は勤務しませんのでその先輩の代わりと言っては何ですが、早く一人前に扱われるように頑張らなくてはいけませんね。

と言う訳で、ソロデビューが決まった政宗でありました。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

上級救命講習に申し込みました!【施設警備員の資格】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

窓から見える紅梅が満開に咲き誇り、霞掛かった空が春の到来を予感させる今日の東京です。

昨日は昼過ぎから飲んだくれていましたが、思ったよりスッキリと目覚めることができた政宗であります。

上級救命講習に申し込みました

で、特に見たいテレビ番組も無かったので適当にネットサーフィンしながら呑んでいたんですが、そこでふと「早いうちに上級救命講習の申し込みしておいて下さいね」と隊長に言われていた事を思い出しました。

そうは言っても、とりあえずは現場の仕事を覚えてからでしょう!という思いから講習会の空き状況を調べることもしていなかったのですが、実際に調べてみると3月は既にどこもいっぱいで4月以降じゃないと空きが無い状況でした。

まあ流石に4月までかかれば仕事もある程度は大丈夫でしょ!っと言う事で、政宗の自宅に一番近い立川の講習会場に申し込みました。

前の会社はその旨を伝えれば、申し込みなどの手配は全て会社でやってくれましたが、今度の会社は「お金は出してあげるけど、申し込みや手続きは自分でやってね!」というスタンスなのでちょっと面倒です。

まあ、警備会社の中には全て自腹の所も少なくないようですから、お金を出してくれるというだけでも有難いんですけどね。

と言う訳で、防災センター要員講習とか上級救命講習に申し込む際には、早めに空き状況を確認することをおすすめします!

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

警備報告書や申し送りノートの書き方も様々!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

昨日の天気予報では曇りベースで時折パラっと雨か雪が降るかも的な感じでしたが、結局朝のうちからミゾレが降り出し時折雪に姿を変えながら日をまたいでパラパラと降り続いていた今日の東京です。

シトシトと言うよりもミゾレなのでパラパラと言う感じで、合羽を着なくても防寒着で弾いてくれるので巡回にも特に支障はありませんでしたが、寒さが身に沁みた一日でした。

警備報告書や申し送りノートの書き方も様々

で、勤務中に空き時間ができたら過去の警備報告書や申し送りノートを見ているのですが、現場によって報告書の仕様も書き込む内容も様々ですから現場が変わったりした時はよく見ておく事をおすすめします。

政宗の場合は前の防災センターでは基本的に報告書はパソコンで入力するのですが、今の市役所ではカーボン紙を挟んで2枚重ねにした警備報告書に手書きで書き込むという実にアナログなやり方なのでちょっと戸惑っています。

もしかすると若い人はカーボン紙なんて分からない人も多いのかな?(分からなかったらググって下さいね)

まあ、何かと平均年齢が高い警備業界ですからキーボードが苦手な人には手書きの方が書きやすいのかも知れませんが、政宗は字が下手クソな上に漢字も苦手なのでパソコンでの入力の方がありがたいのです。

また、申し送りノートも誰が見ても内容が把握できるように簡潔に分かりやすく書くというのが前の防災センターでは厳しく言われていましたが、今度の現場では書き方や表現方法も個人任せで統一されていないので理解に苦しむ書き込みも少なくありません。

隊員の中には文字が汚くて読むのに時間が掛かったり、日本語の表現が「ちょっとこれは?」という理解に苦しむ書き込みをする隊員がいたりします。

一例をあげると、「明日の朝は職員が早く来て会議室を使うので戸開は施錠しないで閉めて下さい」

これは「明日の朝は職員が早く来て会議室を使うので扉は施錠しないで閉めて下さい」と書きたかったようなのですが「扉」という漢字が分からなかったのか「戸開」という当て字を勝手に作ってしまったということなんですね。

まあ、よく読めば何となく分かるのですが、さらっと読み流すだけで内容がある程度理解できるような書き方を心がけるというのは申し送りの基本だと思います。

書き込む順番的には「日付け」「時間(場合によっては必要なし)」「申し送り事案」「名前」と言った感じでしょうか。

特に「申し送り事案」は関わった人の名前や原因(分かる範囲で)、その結果どうなった(どうなっている)など現在の状況が誰が見ても分かるように書いておく事が重要です。

とは言っても政宗もなかなか上手に書けなのが悩みなのですが、面倒でもこの流れを意識して書くことで習慣になってきますので自分の書き込みに対して聞き直されることも無くなりますのでお互いの面倒がありませんしね!(^^)v

もちろん現場での書き方があればそれに従うのがルールですが、特に決まりが無い現場の場合は以上の事を心がけるようにすると良いと思います。

という事で、明日は公休日なので昼間っから飲んだくれる予定の政宗でした。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

新人警備員に教える仕事内容は基本マニュアルに忠実に!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

晴れて比較的に暖かだった昨日とは打って変わって、空は雲に覆われてどんよりとしている今日の東京です。

時折雲の薄くなったところから薄日が差しますが、北風が吹いて寒い一日になりそうな上に、明け方には雪がパラつくかもしれないという予報が出ていますのでちょっと不安です。

新人警備員に仕事を教える時は基本マニュアルに忠実に!

おそらく新規の現場以外ではどこの現場でも業務内容や仕事の手順などを詳しくまとめたマニュアルがあると思います。

新しくその現場に入った新人はその現場にいる先輩に教育してもらうのが通常だと思うのですが、ここで注意しなければならないのがその現場に永く勤めていたりベテランの警備員になると、マニュアルに従わずに自分独自にアレンジしたやり方で業務を行っている事が多いという事です。

もちろん、それでも新人には基本のやり方を教えられるのなら構いませんが、中には基本のやり方を忘れているベテランも少なくないので、業務内容は一緒でも昨日教えてもらった人と今日教えてもらった人ではやり方が違ってくるという事が起きてきます。

実は、政宗の昨日の指導者はT氏だったのですが、その前の指導者が現場で最年長のO氏で両者ともに仕事の内容は同じなのですが、それぞれのやり方が違っていたのでT氏に数多くのダメ出しを貰ってしまいました。

結局、T氏が基本に最も近いやり方を行っていたので、O氏に教わった部分では自分で作ったマニュアルにかなりの修正を加えることになりました。

このように、業務内容に漏れがなく鍵の施錠・開錠・確認、巡回などが行われていれば業務上は問題無いのですが、新人が最初に現場の仕事を覚える時はやり方をどれか一つに決めて指導しないと、教わる方が迷ってしまってなかなか仕事を覚える事ができなくなってしまう可能性があります。

やはり、最初に覚えるのは基本のマニュアルに沿ったやり方を覚えた上で、自分なりのやりかたにアレンジするのが良いと思いますね。

いきなり「マニュアルではこうなんだけど、俺はこうやってるんだよね!」という教え方は適切ではないと政宗は思います。

あと、教える方も大変ですが指導者は誰か一人に決めた方がやり方も統一されて覚えやすいですね。

と言う訳で、これから再度マニュアルの修正作業に取り掛かります。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

前の防災センターと現在の市役所の比較!【施設警備員の生活】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

薄い雲が空を覆い、時折雲のすき間から弱い日差しがこぼれている今日の東京です。

今日は公休日なのでのんびりしようと思っていますが、明日からは仕事の見極めが始まるので業務内容のおさらいもしておかなければならないかなぁ、とも思っています。

ですが、いくら頭でシミュレーションしても仕事は体で覚えないと身に付かないと思っているので、とにかく実践あるのみという事でおさらいはそこそこにして趣味のロードバイクのメンテナンスでもしようと思います。

前の防災センターと現在の市役所の比較!

で、今の現場で仕事を始めてそろそろ1ヶ月が経とうとしている訳ですが、そこで前の現場と何がどう変わったのか比較してみたいと思います。

市役所警備員の良い点(あくまでも政宗の場合)

・ほぼ決まった時間に仮眠できる
前の現場では、21時からの早寝と2時からの遅寝があって仮眠時間も4時間でしたが、今の現場では概ね23時から6時まで仮眠することができますので、体内時計のリズムが狂いにくいので体調管理がしやすいです(A勤務は残業職員が全員帰るまで仮眠できないのでこの限りではありませんが、それでも0時には仮眠できる事が殆どです)

また、前の防災センターでは夜中にどうしてもお腹が空いて夜食を食べてしまうので太る原因になっていましたが、今の現場では夕食後は何も食べずに仮眠できるので少しやせてきたような気がします。(ベルトの穴の位置が変わった)

・待機時間が前より少ない
前の防災センターでは防犯カメラの監視が主な業務と言っても過言ではなく、ほぼ一日中座っているような感じでしたが、市役所には防犯カメラが無いのでモニター監視業務は無く、巡回の回数や時間なども増えて待機で座っている時間がかなり少なくなりました。

・朝起きてから仕事を引き継ぐまでの時間が短い
前の防災センターは9時~9時までの勤務で遅寝の仮眠が6時に起きてから引継ぎまで3時間ありましたが、今度の市役所は8時~8時までの勤務なので6時に起きてから次の勤務者に引き継ぐまでが2時間と短く、23時に仮眠する時点でほぼ仕事は終わったようなものという感覚です。

防災センターより悪くなった点(あくまでも個人的に)

・帰りにスーパーが開いていない
前は9時までの勤務だったので帰りがけにスーパーに寄って買い物ができたのですが、8時までの勤務だとまだスーパーが開いておらず一度帰宅してから改めてスーパーに買い物に行かなければならないのが面倒です。(コンビニだとちょっと高いし・・・)

・鍵の開施錠の回数が増えた
前の現場では朝・晩に各6ヶ所の開施錠をすればよかったのですが、市役所はその数倍開施錠箇所があり、しかも建物が古いために一つ一つの鍵にクセが強く開け閉めにコツを要するのでちょっと大変です。(まあ、現場が変われば当然の事なんですがね!)

と、まあ大きな違いと言えばこんな感じで、政宗的には良くなった方が多いかな!と言う感じですね。

あとは早く仕事を覚えて先輩たちのクセを把握することですかね。

一人だけちょっと性格をつかみきれない人がいるので、もう少しコミュニケーションを増やさないといけないのですが、何となく苦手なタイプなので躊躇してしまいます。

といったところで、今回はこの辺で・・・(^^)/

スポンサーリンク

市役所施設警備員C勤務研修2回目終了【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

ここ数日は寒さも少し緩んでいましたが、昨日の夕方から北風が冷気を運び入れ、今朝は凍えるような冷え込みとなった東京です。

一応、天気予報でも冷え込むという予報は出ていましたが、思った以上に寒くて今朝の外周巡回では手が凍り付くのではないかと思った程でした。

で、先週は勤務明けにロードバイクで多摩湖サイクリングしていましたが、今日は寒さにメゲてサイクリングは止めて昼間っから飲んだくれる予定です(明日は公休日だし・・・)

市役所施設警備員の現場研修はとりあえず終了!

と言う訳で、市役所施設警備員C勤務研修2回目が終了し、とりあえずA勤、B勤、C勤と全ての役割を研修したところで、とりあえずは現場研修終了という事になりました。

じゃあ次回からは独り立ちなのか?というと当然そんな訳はなく、次回からは教官の同級生先輩T氏に付き添われて「見極め」研修という事になります。

まあ、要するに政宗の仕事をT教官が見守ってちゃんと仕事を理解して習得しているか?と言うのを見極める、いわば卒業検定のような感じです。

もちろん、仕事の全てを覚えきれてはいないので、マニュアルを見ながらという事にはなりますが、仕事に抜けが無くこなせればOKと言うことになっています。

うろ覚えで仕事をするよりは、マニュアルを確認しながらでも確実な仕事を優先するという事ですね。

普段は穏やかで優しい口調のT先輩ですが、仕事には人一倍厳しい先輩ですから何とか合格を貰えるように頑張りたいと思います。

という事で、お酒を仕入れに行って来ます!

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

市役所施設警備員C勤務研修1回目終了【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

空は薄い雲に覆われて、春らしい優しい日差しが降り注いでいる今日の東京です。

このまま春になれば良いのになぁ、と思っていたら20日にまた雪マークが付いていて「頼むから雪は降らないで欲しい」と願っている政宗であります。

市役所施設警備員C勤務研修1回目終了

今回の現場では初めてのC勤務研修でしたが、本庁舎とは道を隔てた別館での一人業務になっています。

業務内容としては一般市民への会議室の貸出業務がメインで、2階建ての建物の中の2階に6部屋ある会議室の管理が主な仕事です。

その他に本庁からの出先課や機関などの開施錠や外周の定時巡回などもありますが、ほぼほぼ会議室の受付業務に終始します。

よって、簡単なマニュアル通りに行えば良いという簡単な作業が殆どなので、わざわざボイスレコーダーで手順を録音するほどの内容の仕事ではありませんでした。

政宗の研修予定ではA勤務とB勤務は3回ずつあるのに対してC勤務は2回で終了なのも納得でした。

QZT ボールペン型 ICボイスレコーダーの実力は?

そうは言っても、とりあえずは最初の業務開始の手順を録音してみました。

一応、自分の声はきれいに録音されていましたが、一緒に付き添って教えてくれた先輩の声は流石に明瞭と言う訳にはいきませんでした。

しかし、ポケットの中にボイスレコーダーを忍ばせていた前回のように終始衣擦れの音が入っている事もなく、ノイズは格段に少ないので先輩の言っている事をオウム返しに確認すれば自分の声で明瞭に録音することができます。

欠点はイヤホンなどを直接繋いで録音状態が確認できない事で、パソコンやタブレットなどのUSB接続できる端末が無いと録音された音声が確認できません。

まあ、その場で聞き返すというのもなかなか難しいのでそこが欠点と言えるかどうかは何とも言えませんが、とにかく目立たないのは確かなので、色々なシチュエーションで気付かれずに音声を録音できるのは確かです。

そのうち時間ができたらもっと詳細なレビューをしてみたいと思いますが、ビジネスの商談やメモを取るのが難しい状況で活躍するアイテムだと思います。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

QZT ボールペン型 ICボイスレコーダー来ました【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

朝のうちはスッキリと晴れていましたが、昼過ぎになって何となく薄らと霞んできているように感じる今日の東京です。

もうすぐ花粉のシーズンがやって来るのですが、鼻水の出具合からして既に花粉が飛び始めているような気がする政宗なのであります。

QZT ボールペン型 ICボイスレコーダーが送られて来ました

さて、早速ですが先日注文したペン型のボイスレコーダーが送られてきました。

見た感じは至って普通のボールペンで、書き味もなかなか滑らかで書きやすいです。

で、本体の真ん中から「エイッ」と引っ張ると半分に分かれてUSBの接続端子とスイッチが現れるのですが、このスイッチが小さくて奥に引っ込んでいるために指では操作できません。

じゃあどうするのか?というと、ボールペンの先端を回してペン先を出して操作します。

スイッチONで赤いLEDが点灯するのですが、これもまた小さくて非常に見にくいのが難点です。

とりあえずテストしてみたところ、それなりに音は拾えているようなので、このまま明日のC勤務で使ってみようと思います。

ちなみに、これは普通のボイスレコーダーのように本体にイヤホンを繋いで録音を聞くことはできません。

録音した音声の再生や削除は付属のケーブルを使ってパソコンに繋いで行い、充電もUSBから行います。

と言う訳で、実際のインプレは明後日に報告したいと思います。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

施設警備員の仕事内容を覚えるのに役立つ裏技!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

朝から雲一つない青空が広がっていますが、時折強い南風が木の枝を揺らしている今日の東京です。

昨日はそこそこ気温が上がり、残っていた路肩の雪も融けたようなので久しぶりにロードバイクにでも乗ろうかと思ったのですが、強い南風にメゲている政宗であります。

しかし、それ以前に仕事を覚えることの方が先決なので、せっかくの良いお天気なのですがマニュアル作りに励もうと思います。

施設警備員の仕事内容を覚えるのに役立つ裏技!

そこで、政宗が仕事を覚えるにあたって試している裏技を紹介したいと思います。

まずどんな現場でもそうだと思いますが、新人が入った時には先輩が指導するのが普通ですよね。

で、新人はその内容をメモしながら覚えて行く訳ですが、先輩が言ったことに対してメモが間に合わない事がよくあります。

そこで、政宗が行っているのが「ボイスレコーダーに会話を録音しておく」という事です。

もちろんメモも同時に取りますが、会話を録音しておけばメモに書けなかった事や聞き逃した先輩のアドバイスなどを後から聞き直すことができるので安心です。

ただ、政宗の場合は以前にネットビジネスのセミナーなどを録音するのにたまたまボイスレコーダーを持っていたので良かったのですが、普通の人はまず持っていませんよね。

しかも、一応会話はそれなりに録音できてはいるのですが、ボイスレコーダーの内臓マイクを使って上着の内ポケットに入れて録音しているもんだから、ガサゴソと衣擦れの音が常に入っていて聞き取りにくいのが現状です。

また、スマホのボイスメモ機能を使うという手もありますが、それも内臓マイクでは同様に衣擦れ音を拾って聞き取りにくい状況になるのは間違いないと思われます。

そこで、外部マイクを使ったらどうか?という事でピンマイクを探してみましたが、どれも襟元に付けたらやはり目立つし、録音を嫌がる人や会社で禁止されている場合もありますので、あまり現実的ではありません。

で、更に目立たない方法で録音する方法は無いかと探し当てたのがコレです!


QZT ボールペン型 ICボイスレコーダー 8GB 240時間録音 高音質 小型軽量 USBで充電可能[並行輸入品]

これなら一見普通のボールペンにしか見えないし、誰にも気付かれずに録音することが可能です。

また録音時間も240時間という事で、普通に使う分には十分でしょう。

しかも値段が2,000円ちょっとというお手頃価格も嬉しいじゃないですか!

という訳で、政宗も早速注文してみました。

レビューにもあるように製造が中国という事で一抹の不安は隠せませんが、値段が値段なのでそこはダメ元でギャンブルですよ。

一応、明後日の勤務明けに届く予定になっていますので、使ってみた感想などはまた後日改めて紹介したいと思います。

もっと早く探しておけば良かったと思いますが、まだ別館で一人勤務のC勤務の現場研修も残っていますのでそこで役に立てばOKかな!

まあ、裏技と言う程の事でも無かったかも知れませんが、何かのお役に立てれば幸いです。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク