55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

立体駐車場はスケボーサーキット!【施設警備員の仕事】

time 2017/11/06

立体駐車場はスケボーサーキット!【施設警備員の仕事】

こんにちは、政宗です。

昨日に引き続き、朝から雲一つない秋晴れの東京です。

昨日はトランプアメリカ大統領が来日しましたね。

政宗の勤める防災センターにはテレビがありませんので、ネットニュースのライブで来日の様子を見ていましたが、流石に大統領には常にシークレットサービスが張り付いて警護していましたが、いざとなったら彼らは身を挺しても大統領を守らなければなりませんから、政宗のようなぬる~い警備員と違って命がけなので大変ですね。

まあそんなこんなで、日本の一部ではピリピリとした緊張感が張りつめているようですが、こちらは通常の日曜日と何ら変わりなくのほほんとした空気に包まれておりました。

立体駐車場はスケボーサーキット!

とはいえ、全く何事も無かった訳ではなく、7~8人の高校生のスケボーグループが政宗の警備する敷地内で動画撮影をしながら滑るという場面に遭遇してしまいました。

ちょうど21時の定時巡回の時だったので、敷地内はスケボー禁止の旨を伝えると一旦は素直に退去したように見えましたが、少し時間が経つと今度は立体駐車場の中からゴーゴーとスケボーの走行音が聞こえました。

ちょうど立体駐車場の中はスロープになっているので、エレベーターで最上階まで行けばあとは重力に任せて滑り降りてくるだけなので格好のサーキットとなるのですよ。

当然、立体駐車場の中もスケボーで滑る事は事故に繋がったり車を傷つける恐れがあるので禁止なのですが、我々の警備するところは共有部分なので、専有部分である立体駐車場の中は管轄外となり注意義務が無いのですね。

もちろん注意しても良いのですが、その際は外部から呼びかける事になります。

その理由ですが、中に入ってしまうと万が一怪我や因縁をつけられた場合に権限が無いところでの事案という事で、保障の対象外になったり逆に職務規定違反となる恐れがあるのです。

まあ、あまり悪質な場合は警察に通報することになるのですが、当然彼らも蜘蛛の子を散らすように逃げてしまいますから、いたちごっこで終わることが殆どです。

そういった意味で、我々の警備する対象の境界線については微妙な部分が多く、様々な違反行為に対しての注意も見て見ぬふりをしなければならない場面も出てきますので難しいですね。

いずれにせよ、大統領の警備に比べたら屁みたいなもんですけどね!

あ、今朝帰宅したら代務管理人の会社から「合格通知」が届いていました。

これでとりあえずは代務管理人の仕事が貰える訳ですが、果たしていつになったら仕事の依頼が来るのやら???

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク