政宗、やらかす!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

「寝てるの!!!」

背後から聞こえたその声で一瞬頭の中が真っ白になりました。

政宗:「あ、いえ!寝てません!」

と、言ってはみたもののバレバレで・・・

副所長:「目をつむって寝ているように見えましたけど、正直どうなんですか?」

政宗:「すみません、ちょっとウトウトしました!」

副所長:「だったら、顔でも洗ってきたらどうですか・・・マジで!」

政宗:「あ、はい!すみません。顔を洗って来ますのでちょっとここお願いします」・・・・・。

こんにちは、政宗です。

今日は公休日ですが、東京は朝から細かい雨が降ったり止んだりしています。

さて、今回は先日の日曜日に政宗がやらかした「しくじり」について紹介します。

政宗、やらかす!

そうです、既に冒頭でお分かりのように「居眠り」をやらかしてしまいました。

まあ、同僚に見られたのならまだ良かったのですが、政宗の現場の中でも仕事にチョ~厳しい副所長に見られてしまったのです。

本来なら日曜日は所長、副所長、警備長の日勤者はお休みなのですが、重要な病院設備の点検及びメンテナンスという事で副所長が立ち会いをすることになり出勤していたのでした。

で、点検とメンテナンスは順調にいけば18時で修了するはずだったのですが、メンテナンスでトラブルがありちょっと時間が掛かりそうという事で、副所長も18時過ぎに部屋の後ろにあるテーブルで夕食を食べていました。

ちょうど副所長が座った位置からだと政宗がモニター監視で座っているデスクが斜め前に見えるので、「参ったな~、早く終わって帰らないかな~!」などと思いながら天井から吊るされているモニターをボーっと見ていました。

しかも、その時間帯は相勤者の警備員は休憩時間で仮眠室で休んでいて、設備担当も食事に出ていて防災センターには政宗と副所長の2人だけという状況だったのです。

普通はそんな状況ならば緊張して眠気などは襲って来ないと思うのですが、その時はなぜか無性に眠くて、いつもならば目の前のパソコンでヤフーニュースを見たり天気予報などを見て気を紛らわせるのですが、後ろで副所長が見ているのでそれもできずにただボーっとモニターを見ているしかありませんでした。

で、気が付かないうちに目をつむってしまっていたようで、冒頭のような状況になった訳なのです。

その後、「居眠りするっていうのは、要するに暇なんですよね!」「設備担当者の作業表を見て下さいよ、毎日これだけの作業をこなしているんですよ!」「もし居眠りしている時に何かあったら、ちゃんと対応できるんですか?」「これをきっかけに、根本的に警備の業務表を見直さないとダメですね!」などと10分以上に渡りネチネチ厳しく指導されることになりました。

まあ、確かに悪いのは政宗なので「ハイ、ハイ」と黙って聞いていましたが、でも副所長の考え方には間違っている所があるのです。

警備員は暇が当たり前!

そう、警備員は暇が当たり前なのです。

考えてみて下さい、受け持つエリアが広くて巡回に時間が掛かって忙しいとか、スーパーなどのように巡回以外にも籠の回収作業などの一般作業もやるような場合を除いて、防災センターの警備員は暇じゃないと逆におかしいのです。

防災センターの警備員が忙しいという事は、何らかの問題が起きている状態な訳で、そんな時に火災や地震などの災害が起きた場合に適切な対応なんてできませんよ。

不測の事態に備えて待機しているのが警備員の仕事とも言える訳で、ある意味暇が当たり前なのです。

それに、設備担当者と業務内容を比較することもおかしな話で、根本的に業務内容が違うのですから比較のしようもなく、しかも会社との雇用形態も違うので「いつも警備員は暇そうだ!」とか「設備担当はいつも忙しく働いて頑張っている」などという単純な比較はできないのですよ。

まあ、先輩警備員には「あの副所長は警備業の事は何も分かっていないから、気にしなくても大丈夫だよ!」とか「まあ、居眠りなんて誰でも経験あるよ!」などと慰めてもらいましたが、とにかくこの汚名を挽回するには「いざ」という時に適切な対応で対処する以外にありませんから、日頃の訓練を欠かさずに自分の警備員の能力を高めて行くしかありませんね!

スポンサーリンク

ベテランの警備員がやらかした件!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

公休日なのですが暑くて出かける気にならないので、先日のベテラン警備員Mg氏がやらかした事案を紹介しようと思います。

発信機のボタンが押される!

政宗の勤務する防災センターは病院の一角にあるのですが、ある日の夕方に病院のある階の廊下に設置されている火災通報設備の発信機(いわゆる赤くて丸い火災報知器)のボタンが押されてしまいまうという事案が発生しました。

通常、自動火災通報設備の感知器が作動するだけならば火災の疑いという事で防災センターに発報するだけなので、現場に急行して火災か非火災の確認をするのですが、手動で発信機のボタンを押されてしまうと火災断定という事で、いきなり「火事です!、火事です!〇〇で火災が発生しました」という男性のアナウンスが全館に放送されてしまうのです。

その日は日曜日ということもあって、防災センターには新人警備員のNk氏、ベテラン警備員のMg氏、設備担当のY氏の3人が勤務していたのですが、突然の火災通報に慌てた3人は表示板による発報場所の特定やナースセンターからの内線電話の問い合わせ対応などでパニックのようになっていたということです。

当然、新人警備員のNk氏は何をどうすれば良いのか分からずにひたすら内線電話の対応に追われていたようですが、現場のナースから誤報の知らせが入り、その直後に病院の施設担当者からも誤報で発信機を復旧したとの知らせが入りました。

そのことを伝えられたベテラン警備員のMg氏はそこで誤報である旨を全館放送すれば良かったのですが、とにかく火災のアナウンスを聞こえなくしようとマイクのプレストークスイッチを押しっぱなしにするという対応を取ってしまったのです。

この行動自体は放送設備の自動放送をカットするという意味ではよく行われる行為らしいのですが、その代わりに防災センター内の音がマイクを通して全館に聞こえてしまうというリスクが伴うのです。

当然、ベテラン警備員のMg氏はその事については知っていたのですが、「放送を止めないと消防署に自動通報されて消防車が駆け付けて来る」などというとんでもない勘違いをしていたのです。

通常ならば発信機のボタンを押された時点で自動で消防署に火災通報されるようになっている場合が殆どなのですが、政宗の現場は事務所兼商業ビルや学校が火災になった場合でも病院の防災センターから通報されてしまうので、現場の正しい情報が混乱してしまうという理由から、発信機のボタンが押されただけでは消防署に通報されない仕様になっているのです。

それに加えて、放送設備が通報設備になっているというMg氏の勘違いによって右往左往している防災センターの様子が商業ビルの店舗などに実況中継されることになってしまったのです。

誤報放送を行ったのですが・・・!

とりあえず誤報という事が分かりましたのでMg氏は誤報放送を行い一件落着になった筈だったのですが、何とその時点で設備担当のY氏が何故か連動一括遮断のボタンを押していたがために誤報放送は病院内にしか放送されず、商業ビルの店舗では火災放送が入って防災センターのやりとりが聞こえたと思ったらその後どうなったのか何の音沙汰も無く、何が何だかよく分からない状態になってしまったのでした。

当然、お客さんの安全を最優先に対応をしなければならない店舗の責任者からは「いったい防災センターは何をやっているんだ!」「あの人たちに防災センターを任せて大丈夫なのか?」などという不信感が生まれます。

おかげで後日、防災センターの所長宛てに事務所兼商業ビルの責任者から事情説明と謝罪を求められるという事態に発展してしまいました。

設備担当Y氏が連動一括遮断を押した理由とは?

火災が断定されると火災管制によって建物内のエレベーターは1階に停止、空調設備も停止、その他さまざまな設備が停止することになります。

そこで連動を遮断することによって火災信号がカットされるので、エレベーターや空調設備は自動的に復旧するようになるのでY氏は勝手に連動一括遮断を押したということだったのです。

しかし、たとえ誤報と分かっても連動遮断は行ってはいけない操作で、万が一どこかで感知器が発報しても防災センターで受信できなくなってしまいますから非常に危険です。

連動遮断は消防設備点検など特別な場合を除き絶対に行ってはいけません。

結局原因は何だったのか?

病院のナースや施設担当者からの誤報連絡を受けたとは言え、防災センター要員も実際に現場に出向いて状況確認をしなければなりません。

当然、火災受信盤と放送設備を復旧させた後にNk氏とMg氏の2人で現場に向かい状況と原因を確認しようとするのですが、状況は確認できても原因を特定することができなかったという不思議なことになってしまいました。

と言うのも、その階には認知症の患者が多数入院しており、おそらくそのうちの誰かが発信機のボタンを押したであろうことは朗かなのですが、なぜかナースが口をつぐんでしまい原因が特定できないのだそうです。

こちらとしては犯人を捜している訳でも責任を問うている訳でもなく、ただ原因を知りたいだけなのですが・・・、困ったものです。

そんなこんなで!

今回はクライアントに対して様々な不信感を生んでしまった事案になってしまい、所長が各ビルの責任者に事情説明と謝罪に出向き今後の再発防止策として訓練の徹底化を図るという事で何とか納まったということです。

そういういきさつもあって、当分の間は色々なパターンを想定して毎日訓練を行う事になったという訳です。

まあ、政宗的にも火災受信盤や放送設備の扱いについては不安がありましたので、日頃から慣れておく事は非常に有意義なことだと思います。

いざという時に落ち着いて行動するためには経験を積むしかありませんので、訓練とバカにせずに取り組むことが重要ですね!

では、今回はこの辺で・・・(^^)/

スポンサーリンク

足の臭いは夏の方がにおわない?【施設警備員の生活】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

朝から強い日差しが降り注いで、気温がグングン上昇している今日の東京です。

今日から公休日2連チャンなのですが、天気予報によると今日の最高気温36度ということなのでエアコンの効いた室内で引きこもるのが正解なのかな?と思っているのですが、高校野球も終わってしまったし何をやって過ごそうか悩んでしまいます。

さて、話はガラッと変わりますが、最近ちょっと気が付いたことがありますので紹介したいと思います。

足の臭いは夏の方がにおわない?

そう、政宗は仮眠する前にボディーペーパーで足を拭いてから靴下を取り替えて仮眠するのですが(直ぐに靴が履けるように靴下は履いたままで仮眠します)、冬場に足を拭いている時には何となくモワ~っと納豆臭のような臭いが漂って来て、思わず「ウッ!」となったのですが、夏場になってからは納豆臭さをそれほど感じなくなりました。

靴は相変わらずミドリ安全の安全靴を履いているので、蒸れ方MAXの筈なのですが・・・。

で、ちょっと調べてみると冬場は体が熱を作るために代謝が上がっているそうなので、暖房の効いたところに居ると靴の中や蒸れやすいところは普段以上に汗を掻きやすいので雑菌が繁殖しやすいということだそうです。

逆に夏場は体温調節のために体全体で汗を掻くので、足の発汗は冬場よりも少なくなるのだそうです。

言われてみれば確かに冬場の方が足の指がふやけていたように思います。

そうは言っても、冬場に比べて臭い方が少ないと言うだけで全く臭わない訳ではないので、夏場でも足の臭いケアは欠かせませんね。

すみません、どうでもよい話でしたね!

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

毎日訓練を行う事になりました!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

久しぶりに朝から強い日差しが降り注ぎ、朝からエアコンを動かさないと暑くて熱中症になりそうな今日の東京です。

先日壊れたウォシュレットですが、購入したのが同じメーカーなので本体の取り付けは問題ありませんでしたが、水道の接続コネクターを交換しなければならなかったので、そこにちょっと手間取った以外は簡単に作業を終えることができました。

おかげでまた快適なトイレタイムが過ごせるようになって良かったです。

毎日訓練を行う事になりました!【施設警備員の仕事】

さて、実は先日ある「しくじり」のおかげでお客さんからクレームが入り、所長が謝罪に回るという事案が起きました。

その、しくじりの原因と言うのは自動火災通報設備の操作ミスと警備員の勘違いから生まれたものなのですが、実は以前にも似たようなしくじりの事例があって今回は2度目という事で色々と協議の結果、結局は日頃の訓練で慣れるしか解決策はないであろう!という結論になり、今週から毎日設定を変えて「火災通報設備の発報時の対応訓練」を行う事になりました。

今のところはまだ草案なので設定や訓練方法は煮詰まっていませんが、毎日行っていく中で改善して実践に沿った形を目指して行くようです。

政宗の今日の勤務は夜勤なので、出勤すれば少しは具体的な話が聞けると思います。

まあ、実際のところ政宗もそこら辺は強く実感している部分でもあり、比較的仲の良い年下の先輩N君に自主訓練の誘いをしたところでもありましたから渡りに船的な感じでしょうか。

とにかく、自火報が発報した際には慌てずに適切な対応ができるように準備しておくことが大切ですね。

「しくじり」については、また別の機会に紹介したいと思います。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

「長」が付くと人が変わる!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

空は曇っていますが高曇りなので、とりあえず雨の心配はなさそうな今日の東京です。

今日はお天気次第ではサイクリングの予定でしたが、天気もイマイチなのと高校時代の友人夫妻が新たに飲食店をオープンするという事なので、そちらにお祝いに行って来ようと思います。

まあ、せこい話ですが手ぶらでは行けませんので経済的にはちょっと痛いのですが、久しぶりの友人たちも集まるという事でミニ同窓会的な要素もあり、とりあえず顔を出してこようと思います。

「長」が付くと人が変わる!

最近は他の警備員さんのブログを見ることが増えたのですが、よく「日頃は良い人だと思っていたのに、隊長になった途端性格が変わった」などという書き込みを目にすることがあります。

正に政宗の現場もそうで、2人いる警備員経験者のうちの最年長者Mn氏が先月から警備長として勤務することになったのですが、もともとかなり細かい性格のMn氏がさらに拍車が掛かって、いちいち個人的な事にまで口を出してきたりするようになって鬱陶しさMAXになりつつあります。

警備についての指導なり注意なら分かりますが、個人的に本社の上司に直接お願い事をしたり、分からないことを訊いたりした事が知れると「そういうことは、まず警備長の俺を通すのが筋だろう!」「会社組織に属しているのだから、ちゃんと会社としてのルールを守らなきゃダメだろ!」などとネチネチ・・・。

挙句の果てには「そんないい加減な事を繰り返してたら、会社に居られなくなるよ!!!」などと、パワハラとも取れる発言まで飛び出す始末。

この警備長Mn氏ともう一人のベテランMg氏には「いや!」とか「でも!」とか「しかし!」などと口答えをしようものなら、話が余計にややこしくなるので、敢えて「ハイ、分かりました」とだけ返事をするようにしていますが、内心「ウゼ~~~」「なんであんたにそこまで言われなきゃならないの?」と思っていることは言うまでもありません。

更に、このベテラン警備員同士は仲が良いのでお互いのちょっとしたミスはスルーしますが、未経験の警備員の場合は特に問題無さそうな小さなミスでも重箱の隅をつついて大げさに取り上げてみたりと、人によって対応が違うところも納得いかないところです。

確かに政宗はまだ警備員としては半人前ですが、防災センターと言っても複合施設でちょっと特殊な現場なので、所長でさえ分からないことがたくさんあるのですよ。

しかも、あるべきものが無かったり、いざという時の対応が何も決まっていなかったりと、とりあえず見切り発車で稼働している現場なのですから、政宗からしてみたら「そんなくだらない事に警備長の権限をかざすよりも、もっと防災センターの警備長としてやるべきことがあるでしょ?」と思うのですがね・・・。

ただ、政宗にも過去に調理の仕事でサブチーフとして勤務していた時に経験がありますが、やはり「長」などの肩書が付くと責任感が重くのしかかってきますので、プレッシャーに負けまいとして空回りすることはよくある事なんですよね。

でも、その事に本人が気が付くのって非常に難しい事なので、誰かがアドバイスしてあげれば良いのですが、政宗の現場じゃ難しいかな!

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

ウチの会社は副業禁止だった!【施設警備員の生活】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

昼過ぎから夜までゴロゴロと雷が鳴り続けていた今日の東京です。

明日は公休日なので久しぶりにどこかへサイクリングに行こうと思っていたら、明日も何だかパっとしないお天気のようなのでどうしようか迷っています。

副業禁止

さて、困りました。

政宗の会社の就業規則を確認したら「会社の承認を得ないで、在籍のまま他に就職し、又は自己の業務を行わないこと。」という一文がありました。

つまり、これって基本的に副業禁止という事になる訳で、今の収入では家計が厳しい政宗家にとっては厄介な規則なのですよ。

まあ、裏を返せば会社が認めればOKという事になる訳ですが、そんなにおいそれとは認めないだろうな・・・。

黙って他のバイトやっても結局は年末調整でバレるだろうし、そうなって就業規則違反でクビにでもなったら元も子も無いから難しいね。

とりあえずはアフィリエイトでチマチマ稼ぐしかないという事になるんですが、なかなか記事も増やせないのが悩みの種ですね。

まあ、それでも月に2万円程度にはなっているんですが、できれば月に10万円くらい稼げるようになりたいところです。

頑張ろう!!!

では、また(^^)/

スポンサーリンク

我が家のウォシュレットが壊れました!【施設警備員の生活】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

相変わらずのどんよりとした曇り空が続いて、いつ雨が降ってきてもおかしくない今日の東京です。

今日は夜勤なので夕方からの勤務なのですが、それなりに気温は高いのでちょっと蒸している感じで巡回時に汗を掻きそうな予感です。

我が家のウォシュレットが壊れました!

で、突然なのですが、表題の通り我が家のウォシュレットが壊れました。

今朝いつも通りに起きてリビングに行くと、いきなりカミさんが「ウォシュレットの水が出ないんだけど・・・!」と言うので見てみると、電源は入りますがボタンを押してもウンともスンとも言いません。

色々といじってみると「ノズル洗浄」はできるので、どうやらスイッチが壊れてしまったようです。

先日エコキュートが寿命を迎え100万円近くのローンを組んだばかりなのでとりあえず修理することも考えましたが、10年以上使っているし修理代も馬鹿にできないので思い切って買い替えることにしました。

ネットで色々と調べてみると〇ナソニックとト〇シバが13,000円程度で販売されているのでついポチりそうになりましたが、レビューを見てみると何となくイマイチっぽいので却下!

やはり信頼のT〇TOにすることにしました。(今のもTOT〇だし・・・)

結局、楽天で一番安かった約22,000円のウォシュレットをオーダーしたので、到着し次第交換という事になります。

まあ、昔は洗浄トイレなんてありませんでしたから別に洗浄機能は無くても基本的には困らないのですが、人間は一度快適な体験をしてしまうとそこから逃れられなくなってしまいますので困ったものですね。

また予期せぬ出費で我が家の家計が苦しくなるので、何とかもう一つ仕事を見つけたいのですが、なかなか都合の良い仕事ってないんですよね・・・。

では、また(^^)/

スポンサーリンク

ワードで書ける履歴書のデータをダウンロードできるようにしました!

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

先週から梅雨が戻って来たようなぐずついた天気が続き、今日も朝からシトシトと雨が降っている東京です。

まあ、気温が27度くらいまでしか上がらないので猛暑よりはありがたいのですが、巡回時に合羽を着なければならないので結局蒸れてジットリ汗ばんで気持ち悪いので、どっちもどっちというところでしょうか!

ワードで書ける履歴書のテンプレートデータをダウンロードできるようにしました!

さて、話は変わりますが、表題の通り「ワードで書ける履歴書のテンプレートデータをダウンロード」できるようにしました!

施設警備員に限らず転職する時には必ず「履歴書」が付き物です。

しかし、手書きで書いていると途中で間違えたり、自己アピールの文章を修正したくなったりした場合に、またいちから書き直す羽目になってしまうと嫌になってしまいますよね。

そんな時にワードで履歴書が作成できたら楽だと思いませんか?

当然、ワードですから何度でも間違いを直せるし、文言の修正も簡単で文字も綺麗に作成することができます。

もし、どうしても手書きでなければダメという場合でも、予めワードで下書きをしておいて手書きで清書するようにすれば納得のいく履歴書が作成しやすいですよね。

もちろん、政宗も今の会社の面接を受ける時にはこのテンプレートで作成した履歴書を持って行きました。

パソコンスキルのアピールにも!

今のご時世、報告書や日誌の作成はパソコンで行う事も多く、ワードやエクセルなどの基本的な知識が必要になる事も少なくありませんが、履歴書をワードで作成して行けば「ある程度のパソコンスキルがありますよ」というアピールにもなります。

もともと政宗も友人から貰ったテンプレートデータなのですが、これがあったおかげで手書きよりずいぶんと楽に履歴書を作成する事ができました。

ただでさえ面倒な履歴書の作成に加えて、転職や再就職という精神的にも沈んだ状態での履歴書作成を少しでも楽にできるようにお手伝いしたいのと、この拙いブログに訪れて下さったあなたへのお礼の気持ちを込めて履歴書テンプレートをプレゼントさせて頂きたいと思います。

ダウンロードの方法は、グローバルメニューの「履歴書ダウンロード」をクリックして頂き、そこに記載されているやり方に従ってダウンロードして下さい。

なお、ファイルはZIPで圧縮されていますので、Windowsの方は「Lhaplus」などの解凍ソフトを使って解凍して下さい。

Macの方はそのままクリックすれば解凍されると思います。

という訳で、政宗からのささやかなプレゼントのお知らせでした。

では、また(^^)/

スポンサーリンク

施設警備なら防災センターがおすすめ!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

朝から曇りがちで午後から雨予報も出ていましたが、とりあえず振らずに済んだ今日の東京です。

おかげでそれほど気温も上がらずに、片道20kmの道のりをロードバイクで快適にご先祖様のお墓参りに行ってくることができました。

何せ政宗は2年前に自家用車を処分してしまったので、移動手段はロードバイクか公共交通機関になってしまうのです。

しかし、なるべくお金を使いたくないので主たる移動手段はよっぽどのことが無い限りはロードバイクになっています。

施設警備なら防災センターがおすすめ!

さて、政宗の現場は早寝の時は21時から1時までの4時間が仮眠時間で、遅寝の人が2時から6時まで仮眠している間は防災センターに1人で過ごさなければなりません。

もちろん何か事が起きれば相勤者を起こして対応するのですが、政宗の現場では夜中に何か事が起きることは殆どないので今までは自衛消防技術試験の勉強などで時間を潰していました。

しかし、とりあえず自衛消防技術認定証も無事に交付されたこともあって、最近では色々な同業者のブログを見て回るのがマイブームになっています。

中でも交通誘導をやられている方のブログを興味深く見ているのですが、天候による仕事の有無や日によって現場が変わったりと、なかなか安定した収入を得られなかったり季節によっては体力的にも厳しいようで、おまけに交通費が自腹という警備会社もあるようですから政宗がいかに恵まれているのかよく分かるようになってきました。

そんな労働条件や人間関係などのトラブルなどで交通誘導は辞めて行く人も多くいるようで、常に募集をしていないと直ぐに人手不足になって現場が回らないという事態になってしまうそうです。

どうりで新聞の求人広告で交通誘導員募集が掲載されていないチラシを見たことがないのもうなずけますね。

その点、決まった建物の警備や防災センターなどの施設警備の場合は天候に左右されることなく決まった仕事はあるし、立哨があってもだいたい1時間程度で交代ですから、現場で立ちっぱなしの交通誘導などと比較すると断然安定した生活を送ることができますね。

まあ何かの理由で直ぐに仕事をしなければならないとか、日払い、週払いの仕事をせざるを得ないという人は常に募集している交通誘導は手っ取り早い仕事なのかもしれませんが、きちんと安定した収入と生活を望むのであれば断然、防災センターなどの方がおすすめですね。

ただし、小さい警備会社の場合はブラックなところが多いようですから稼ぎたい人には良いかもしれませんが、体力的に自信がない人は注意する必要がありそうです。

どちらかと言うと、警備会社よりもビル管理会社の方がホワイトなことが多いみたいですね。

ちなみに政宗はビル管理会社の警備部で雇われています。

では、今回はこの辺で・・・(^^)/

スポンサーリンク

施設警備員の年収ってどのくらい?【施設警備員の生活】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

長期間日本の周辺に居座り甚大な被害を出した台風5号もようやく日本から遠ざかり、朝からスッキリと晴れ渡って強烈な日差しが降り注いでいる今日の東京です。

天気予報によると、東京の最高気温も今期最高となる37度の予報が出ていて、午前9時過ぎの段階で既に30度を超えていますので37度も大げさに思えない感じです。

幸い今日の勤務は夜勤なので、日中の一番暑い時間帯の外巡回はやらなくて済みますが、夜間巡回もかなり暑い事が予想されるので汗対策はしっかり行っておくことが必要ですね。

さて、話は飛びますが今回は施設警備員の年収についてお話ししたいと思います。

施設警備員の年収ってどのくらい?

最近では若い人の中にも施設警備員を就職先に選択する人も増えているようですが、40代、50代で転職しようとする人にとっては特に年収は気になりますよね。

政宗も給食調理から施設警備員に転職するにあたっては気になって色々と調べてみましたが、非正規雇用の場合は250~270万円というのが施設警備員の年収としては一般的のようです。

実際に政宗の場合も平均月収が23万円程度ですから、年収にすると約270万円くらいになる計算です。

シフトによってはもっと増える場合もあるでしょうし、逆に減る場合もあると思いますがよほど頑張らないと年収300万円超えは難しいと思います。

政宗もこの年収で生活するのはかなり厳しいので、アフィリエイトその他の副業でどうにか賄おうと思ってはいるのですが、なかなか思うように行かないのが現実です。

政宗も今の現場で半年が過ぎて、新人も補充されたことでシフトも安定傾向になってきましたので、そろそろもう一つ何か仕事を始めようかと思っているところです。

月にあと10万円程度稼げればかなり生活にゆとりが持てるのですが、現状では住宅ローンを払うのが精一杯でマイカーさえ持てないのが辛いところです。

若い人が正社員になってバリバリ頑張ろうという人はこの限りではありませんが、アルバイト扱いの非正規雇用の場合はおおよそこんな感じが現実のようです。

では、今回はこの辺で・・・(^^)/

スポンサーリンク