55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

自衛消防技術認定証は東京都限定の資格【施設警備員の資格】

time 2017/04/13

自衛消防技術認定証は東京都限定の資格【施設警備員の資格】

こんにちは、政宗です。

朝から気持ちよく晴れて、青空に桜の花びらが映えて見えて散り際が一層綺麗に見えている今日の東京です。

今日は公休日の上に明日は夜勤で夕方からの勤務ですから、今夜もゆっくり飲める嬉しいシフトです。

さて、一昨日の勤務中に同僚警備員と設備担当者の会話の中で、気になる話題がありましたので紹介したいと思います。

自衛消防技術認定証は東京都限定の資格である!

早速ですが、表題にも書きましたが気になる話題というのは「自衛消防技術認定証」は東京都限定の資格であるという事です。

どういう事かというと、東京都にある一定規模を有する建物や事業所では、所定の自衛消防要員の配置が義務付けられており、その資格を認定する試験が自衛消防技術試験なのです。

で、私も同僚警備員もこの資格はどこに行っても共通の資格として通用するものと思い込んでいた訳なのですが、設備担当者の話では東京以外では資格としての効力は無いので他の県で施設警備員として働く場合は資格手当の対象にならないというものでした。

つまり、この資格を持っていても東京都以外の道府県においては資格として認定されないという事なのです。

このことは知っている人は知っていると思いますが、意外と現役で施設警備員として稼働されている人でも知らない人が結構いるのではないのでしょうか?

ちなみに、「防災センター要員講習修了証」は全国で通用するそうで、防災センターに勤務するにあたっては必須の講習となっています。

まあとりあえずは今のところ東京から引っ越す予定はありませんので、「防災センター要員講習・自衛消防業務講習」と「自衛消防技術認定証」は防災センターに勤務する政宗にとっては必要最低限の資格なので頑張って取得しなければなりません。

ここでちょっと紛らわしいのが「防災センター要員講習・自衛消防業務講習」は講習を受ければ貰える資格?なのですが、「自衛消防技術認定証」は筆記試験と実技試験に合格しなければ貰えない資格なので、少なくともそれなりに勉強をしなければ合格できないという、ちょっとだけハードルが高い資格になっています。

何れにしても、申し込み手続きや費用(一旦は本人で建て替え)は会社で持ってくれるので助かるのですが、その分一発合格のプレッシャーが圧し掛かるのも事実です。

まあ、本来やってはいけない事なのですが夜中のヒマな勤務時間にでもコツコツ勉強しようと思います。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー



スポンサーリンク