カテゴリー
施設警備員 独り言

警察官と警備員は疑うのが仕事!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

昨日はとても12月とは思えないほど暖かい一日でしたが、今日は一転して冬に戻ってしまった東京です。

このところ気温の変化が大きい影響で、体調を崩したりインフルエンザに感染する人が急増しているようで、市役所で行っている休日夜間診療の患者数も先月までは4~5人程度だったのがこのところは20人近くの患者が訪れるようになっています。

とりあえずは私の現場では体調を崩す隊員は出ていませんが、年末に向けてしっかりと体調管理をするように心がけたいですね。

警察官は容疑者を疑い、警備員は同僚を疑う!

まあ、疑うという言い方は語弊がありますが、警察官が容疑者を疑うのは当然ですよね。

で、警備員が同僚を疑うというのは要するにダブルチェックの意味で、同僚がチェックしたところを更にチェックするという意味です。

実際に警備員として従事している人なら分かると思いますが、人は多かれ少なかれ必ずミスをします。

例えば同じルートを巡回する場合でも、相謹者が見逃していることがあるかもしれませんし、自分が見落としている場合があるかもしれません。

スポンサーリンク

この、同僚を疑うという意味は、相謹者を信頼しないという意味ではなく、ミスを速やかにリカバーする意味で「もしかしたら見落としがあるかもしれない」と常に頭の隅に置いて行動するのが重要という意味です。

私も警備員になりたての時に先輩から「○○が未施錠だったぞ」とか「○○のスイッチが入りっぱなしだったぞ」とか何だか人のアラ探しをされているようで嫌でしたが、警備員とはそういう仕事なのだというのが最近になってようやく理解できるようになりました。

というのも、このところAランク隊員の見落としやミスを発見することが多々あって、ちょっと「最近たるんでるんじゃね?」と思うことがあったからなんですよね。

人のやったことを疑うとか再確認すると言った行為はあまり好きではないのですが、「○○さんだから大丈夫だろう」ではなく「○○さんでも見逃しているかもしれない」という「だろう」ではなく「かもしれない」思考が警備員の基本であるということを最近になって再認識させられた政宗なのでありました。

では、また・・・(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください