カテゴリー
施設警備員 施設警備員の仕事

胸骨にピアスの女【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

ついに最低気温が一桁になり、本格的な冬の到来を予感させる今日の東京です。

今までは薄手のブルゾンを羽織って通勤していましたが、流石に今日は先日わーくまんで購入した綿入りジャンパーを着て丁度良い気温でした。

個人的には制服のジャケットを着て晴れた日に外巡回すると気持ち良いので、今ぐらいの気候が一番好きですね。

胸骨にピアスの女

ちょっと前の話になりますが、夜間に婚姻届を提出しに来たカップルがいました。

そのカップル、旦那が外人で国際結婚だったのですが、受付窓口で宿直方が書類の記載漏れをチェックして彼女が受付カウンターに前屈みになって記入していると、胸元にキラリと光るものが目に入りました。

最初はネックレスかと思ったんですが、それとなくよく見たらピアスでした。

スポンサーリンク

年は30歳くらいで一見すると派手な印象はないんですが、さほど大きくもないバストの胸元がVの字に大きく開いたブラウスと言い、ちょっとキツめの香水と言い、水商売を連想させる要素がある女性でした。

で、普段の私ならヤラシイ事を想像してしまうのですが、勤務中ということも手伝ってか、「もし、この女性に心肺蘇生を行うとしたら、あのピアスはどうすれば良いのだろうか?」という疑問が頭をよぎりました。

ネックレスやブラジャーなども胸骨圧迫やAEDを使う際には外しても良い事になっていますので、当然外すのが基本だとは思うのですが、ピアスなんて日頃扱うことがない我々には外し方がわからないので戸惑ってしまいます。

女性の中には乳首や性器にピアスを付ける人もいるようですから、胸骨辺りにピアスを付けても不思議ではありませんが、いざという時に邪魔なところに付けるのはやめてほしいと思った施設警備員としての政宗でありました。

では、また・・・(^_^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください