病院の警備員ってオイラには無理かも!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日は一日曇りがちで、夕方にはパラッと通り雨が降った東京です。

日が少なかった割には南風が入ったおかげで、上着がいらないくらいに気温が上がりました。

我が家の近所の河津桜も満開で、いよいよ本格的な花粉シーズンの到来を思わせる今日この頃であります。

病院の警備員ってオイラには無理かも!

今日は公休日だったんですが、午後からカミさんの股関節手術の説明と入院に際しての問診を受けるために病院に出かけてきました。

そこの病院は地域で一番規模の大きな病院なので患者も多く、ご多分に漏れず長い待ち時間を過ごさねばなりません。

で、待っている間は暇なので、ついつい警備員の様子とか防火設備に目が行ってしまうのですね。

まあ、こんな私でも警備員としての職業病というか、警備員としての自覚が備わってきたのでしょうかね・・・。

大きな病院ですから、警備員の人数もそれなりにいるはずなんですが、目についたのは面会受付の警備員くらいで、他の警備員は注意していないと分からないくらいに影が薄かったんですよ。

それと言うのも、受付の警備員は帽子を被ってフル装備なのに対して、巡回の警備員は帽子を被っていないので目立たないようでした。

そういえば、前の会社の時に病院内であまりうろうろされると、患者に威圧感を与えるので控えるように言われていたことを思い出しました。

当然ですが全員マスクは装着しています。

しかし、帽子一つで印象がまるで変ってしまうのを改めて目の当たりにすると、通常の現場では帽子を被ることの重要性を強く認識させられました。

しかし、病院では季節や感染症の有無に関わらず常にマスク装着が義務付けられるし、常に目に見えない危険にさらされると思うと、やっぱりオイラには無理ゲーと思いましたとさ。

結局、当初は2時間で終了する筈だった入院準備説明も、終わってみたら4時間も掛かってしまい待ちくたびれた今日の政宗なのでありました。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

「病院の警備員ってオイラには無理かも!【施設警備員の仕事】」への2件のフィードバック

    1. T.Sさん、こんにちは。

      そうなんですか、病院警備にも魅力があるのですね。

      でも、言われてみれば以前は求人広告によく出ていましたが、最近は病院警備の募集を見なくなりましたね。

      時期的なものでもあるのでしょうか???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください