カテゴリー
施設警備員の仕事

梅雨の時期における市役所警備の悩みごと!【施設警備員の仕事】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

朝からどんより曇っていて、時折小雨がパラついている今日の東京です。

気温はそれほど高くはありませんが、湿気が多いのでムシムシと不快な感じです。

梅雨の時季における市役所警備の悩みごと!

さて、明日の6月1日から市役所でも遂に冷房が解禁になるので、窓が開いている事も少なくなる見込みなのでそれは良いのですが、この時期特有の悩みがあるのです。

まあ、この時期に限った事ではないのですが、ほとんどの市役所には国旗と市旗が掲揚されています。

当然、晴れていれば優雅に風になびいている訳なんですが、一度雨が降ると即座に降ろさなければなりません。

一日の天気が晴れか雨のどちらかにハッキリしていれば問題ないのですが、降るのか降らないのかハッキリしない場合は常に空模様を気にしている必要があるので神経を使うのですよ!

しかも、政宗の現場は警備員室が地下なので外の様子が全く分かりません。

ですから、巡回に出た人間が常に空模様とにらめっこしながら巡回するはめになってしまいます。

もちろん、雨が降ってきたら巡回を途中で切り上げて急いで旗を降ろしに向かいます。

梅雨の時期はそんな天気が多いので、巡回には気を遣います。

と、いう訳で、今日も朝に揚げた旗を昼過ぎには降ろすはめになりましたとさ!

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください