カテゴリー
施設警備員 施設警備員の仕事 転職

最後の面接応募しました!【施設警備員の生活】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日も抜けるような冬晴れの東京です。

気温はそれ程高くないようですが、日差しがたっぷり注いでいるので日向はコート無しでも大丈夫そうです。

最後の面接応募しました!

とりあえず1社は15日までキープしてありますが、条件的にイマイチなところがあるので昨夜の待機時間にあと2社応募しました。

すると、勤務明けの帰宅中に早速1社から連絡が入って、明後日の勤務明けに面接することになりました。

そこは62歳定年なのですが、勤続1年経過すると契約社員から正社員登用の対象になるという事で、勤務状況次第では正社員になれる可能性があるのです。

で、正社員の何が良いのか?というと、何と言っても賞与が貰える事が大きいんですよね。

契約社員だと賞与が支給されない会社が多いですからね。

で、もう1社からはまだ連絡が無いのですが、自宅から近くの現場なので応募してみました。

しかし、そこの現場は日曜日の求人チラシにもしょっちゅう出ている現場なので、それだけ辞める人が多い現場なのかな?という事も考えられて、ちょっと不安な現場でもあります。

まあ、何はともあれ時間的にもこれが最後の応募になりますので、少なくとも今週中にはどこかの会社と契約します。(キッパリ!)

という事で、面接結果はまた後日に報告したいと思います。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

「最後の面接応募しました!【施設警備員の生活】」への4件の返信

初めてコメントします。
私も警備員をしていました。
私は仕事でミスをしてしまい、クビになります。
もう恐らく警備員はやりません。
いつも楽しく読ませていただきました。
本当にありがとうございました。

吉田貴史様

はじめまして、コメントありがとうございます。

どんなミスなのかは分かりませんが、クビとは穏やかではありませんね。

私の場合は、イエローカードの累積のような感じですが、一発レッド的な感じなのでしょうか?

年齢が分かりませんので何とも言えませんが、政宗のような55歳を越えた年齢になると求人も限られてしまいますので
職業を選んでる場合じゃなくなるんですよね。

まだ色々と選べる年齢ならば違った職種も体験してみるのも良いかと思いますが、私は警備員もなかなか良い仕事だと思っています。

ただ、何をするにしても吉田さんにとって悔いの残らないような生き方をなさってください。

陰ながら応援しています。

拙いブログを読んでいただいて、ありがとうございました。

でも、また何かありましたらコメントして頂けると嬉しいです。

では(^^)/

政宗様いつも拝見させていただいております。
私、来月で54になります。
この度、病院の施設警備員に内定が決まりました。
日勤は隊長のみで私は24時間勤務になります。
全くこの業界が初めてで尚且つ24時間勤務は初めてです。少し不安です。アドバイスお願いします。

masakazu 様

はじめまして、コメントありがとうございます。

私と殆ど同世代ですね。

警備業界も24時間の当務勤務も初めてという事で、不安な気持ちは良く分かります。

私、政宗も実際に勤務してみるまでは不安で仕方ありませんでした。

ただ、一つアドバイスができるとすれば、「とにかく早く環境に慣れる」という事に尽きると思います。

仕事もそうですし、仲間の警備員や職場の雰囲気に早くなれる事で、
少しでも不安要素を取り除くことが大事になってきます。

あとは、おそらく仮眠時間は早寝と遅寝があると思いますが、
ハッキリ言って最初はどちらもまともには眠れませんでした。

まあ、これは性格にもよると思いますが、旅行先や枕が変わると眠れないというのでしたらまず眠れないと思って下さい。

私も先輩に言われましたが、早い人で慣れるのに1か月、遅いと3ヶ月くらいは掛かるという事でした。

で、実際私は3ヶ月近く経ってやっと遅寝で眠れるようになったかな?と言う感じでした。

ちなみに21時からの早寝は未だにウトウトする程度で、ちゃんと眠れたという実感はありません。

あと、中にはどうしても無理という人もいるようですから、こればっかりはやってみないと分からないという感じです。

とにかく、眠りにはリラックスが重要ですから、
少しでも早く環境に慣れてご自身がリラックスできる環境を作ることが大事です。

せっかく警備員の仕事を始められるという事ですから、
同業者として永く続けられるようにお祈りしております。

慣れるとシフト生活も悪くないですよ!

では、頑張って下さい(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください