55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

*

市役所も在宅勤務導入です!【施設警備員の仕事】

   

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

昨日までの初夏のような天気とは打って変わって、雲が空を覆い時折小雨がパラつく今日の東京です。

毎日のように東京ではコロナウイルス感染者数が最高記録を更新しています。

政宗の住んでいる地域でも、一昨日までは感染者数0人でしたが、昨日ついに2人感染者が出てしまいました。

何だか見えない敵が徐々に近づいて来ているようで、ますます他人ごとではないという意識が強まってきますが、我々警備員に在宅ワークはありませんので今まで以上に感染予防に気を付けたいと思います。

市役所も在宅勤務導入です!

という訳で、明日の13日から市役所でも職員の半分を在宅勤務にするようです。

担当課によってやり方が違うのですが、一週間交代で在宅勤務者を交代させる課や在宅勤務が実情に合わない課などは、早出と遅出に時間帯を分けて出勤する課もあったりするようです。

で、我々警備員にとっては閉庁後の残業でどの程度職員が残るのか?というのが今のところの最大の関心事となっていて、遅出の職員はかなり遅くまで残業するのでは?という懸念がもっぱらの話題です。

巷では飲食業や遊戯場などの従業員への給与の問題やら、そもそもお店の存続が危ぶまれるところで働いている人たちが、営業規制に引っかからないコンビニやスーパーなどに職を求めて応募が増えているそうです。

そんな中でも、万年人出不足と言われている警備業界で応募が増えていると言う話を聞かないのが残念ではありますが・・・。

何故か、警備員という職業のイメージがあまり良くないのか、無職になるくらいならとりあえず職業の選択肢の一つに入れれば良いのに!と思うのですよ。

ただ、これからは自分で稼ぐ力を身につけないと、社会に頼るばかりでは生きていけなくなるかもしれないという事を強く感じた政宗でありました。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

 - 市役所, 施設警備員の仕事 , ,