55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

吹きっさらしの配送センターでオリコンの仕分け作業!【施設警備員の副業】

time 2018/05/19

吹きっさらしの配送センターでオリコンの仕分け作業!【施設警備員の副業】
スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

一昨日、昨日と気温湿度共に高く5月とは思えないような蒸し暑さでしたが、明け方に雨がパラついて曇りがちなせいか気温は少し落ち着いた今日の東京です。

本来ならば市役所の冷房は6月からなんですが、流石に昨日は全館に冷房を入れるように指示が出されるという季節外れの暑さになりました。

吹きっさらしの配送センターでオリコンの仕分け作業!

という訳で、一昨日の話になりますが勤務明けに派遣バイトに行ってきました。

ただ、今回はいつもの冷凍倉庫ではなく普通の配送センターという事で、軍手と着替えのTシャツ、筆記用具、水ボトルを持って現場に向かいました。

で、受付に着くと「派遣臨時職員は休憩室で待機するように」と指示が出ていたので行ってみると、そこには既に7人ほどのそれらしき人達が寛いでいました。

とりあえず政宗も準備を整えていると、どうみても60過ぎのオジサンがやってきて、慣れた様子で準備を整えます。

後にそのオジサンも政宗と同じ派遣会社からの人と判明するのですが、しばらくするとリーダーらしき人の掛け声で作業場に移動してミーティングです。

そこで各派遣会社からのリストで点呼を取るのですが、どうやら4社からバイトが派遣されているようでした。

で、そこで初めてという事を伝えると、さっきの60過ぎのオジサンと伴に「オリコンの仕分け」に行ってと言う指示が!

指示された所に行くと、オジサンは経験者という事で別行動になり、もう一人初めてという20代の若いお兄ちゃんと2人で作業の内容とやり方のレクチャーを受けてそれぞれの担当場所で作業開始です。

で、オリコンって何?と思ったら「折り畳みコンテナ」の略だったのでした。

作業場所はいわゆるプラットホーム的な荷捌き場と言う感じの冷暖房もない吹きさらしの配送センターで、もろに外気の影響を受けるところなので一昨日の暑さでは30分も作業すると汗だくになってしまい、これまでの冷凍倉庫とは真逆の環境でした。

作業内容はチェーン店のドラッグストアに運ぶ商品が入ったオリコンをフォークリフトのパレットから運搬用のカーゴに仕分けするという単純作業になります。

ただ、このオリコンの中身がドラッグストア向けの商品という事で、日用品から薬まで様々な商品が入っていて生理用品やおむつといった、かさ張るけど軽いものから液体洗剤やシャンプーといった重量物までいろいろあるので、持ってみるまで重いか軽いか分からないところがミソです。

で、運搬用のカーゴにオリコンを2列6段まで積み上げるので、上に重量物を載せようとすると持ち上げるのが大変なので、なるべく軽いものは最後に残すと言った工夫をしながら積まなければなりません。

この辺は冷凍倉庫の場合は中身がアイスクリームなので、重量的には軽いものばかりな分楽でした。

そういった作業を延々11時から途中1時間の休憩を挟んで19時30分まで繰り返し、汗だくになってヘトヘトになって時給960円です。

う~ん、これなら指の冷たさと時間的な部分(13時から21時まで、10時から18時までが理想)というのが無ければ冷凍倉庫の方が良いかな!

まあ、どっちも単純作業なので寒くて軽いか暑くて重いかという選択になるのかな?

本当ならばエアコンが効いた快適な環境で作業ができる某大手ネット通販倉庫の仕事が良いのですが、時間的、シフト的に厳しいところが残念です。

で、昨日は会議室棟での勤務だったのですが、心配された筋肉痛も腰痛も無く無事に勤務を終えることができました。

と言う訳で、某配送センターでオリコンの仕分け作業のお話しでした。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

コメント

  • 警備業界にも36協定のような労働規約を締結し尚且つ守る企業増えたら昔のようには稼げなくなるので副業したくなりますね。仕事内容なんかはすさまじい作業してるわけじゃなく寝不足がほとんどだから意外と無理がきいたりするんですが。なんせ拘束時間の長さは他では考えられませんからそこが底辺といわれるゆえんでしょうかね。

    by T.S €2018年5月19日 4:53 PM

    • T.Sさん、こんにちは。

      そうですね、キッチリ法律を守ったら本当に稼げない業界ですよね。

      今、政宗が契約している会社はブラックではありませんがグレーと言ったところなので、まずまずの収入だとは思います。

      あとは現場次第でしょうか?

      一般的には専業の警備会社の方がブラックと言われる確立が高いようですね。

      拘束時間が半端なく長い(^_^;

      by masamune €2018年5月20日 5:15 PM

  • コメント返答ありがとうございます。手取りで最低限18万円あれば無駄遣いしなければいけるかなと(^^;)安いマンションだったり車を持たないなどの条件はありますがそのあたりはよく調べるとクリアできたりしますね。最初からこの拘束時間を知っているのといないのではだいぶ違いますね(^^;)常駐警備員の場合ブラック加減も最悪の状態であっても他と比べてそこまでひどくならない気がしますので僕は好きな業界です。

    by T.S €2018年5月20日 5:54 PM

    • T.Sさん、こんにちは。

      手取り18万は確かに最低限の生活は可能だと思いますが、本当に生活するだけになってしまいそうですね。

      前の会社にいた先輩警備員の話では、「3連荘当務とかは当たり前だったから、体はきつかったけどその分稼げたよ」という話もあったので、稼ぎたいのなら思いっきりブラックな会社の方が良いのでしょうね。

      あとは2号警備の場合だと、面接即採用でろくに研修もしないで現場に派遣するような会社もあるようですから、誰でもできる簡単な仕事=底辺の仕事というイメージがついてしまったのかもしれませんね。

      かく言う政宗も、今のシフト生活は割と気に入っている一人ではあります(^^)

      by masamune €2018年5月21日 9:49 AM

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

スポンサーリンク





 

おすすめのアイテム

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー