55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

施設警備員の基本?開錠と解錠の違いを知っていますか?

time 2018/03/30

施設警備員の基本?開錠と解錠の違いを知っていますか?
スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

日中の最高気温も20度を超える日が続き、昨日は春というより初夏を思わせる一日でしたが、日を跨いで時折強い北風が吹き桜吹雪が舞っている今日の東京です。

年度末で学生さんは春休みと言う事もあって電車が空いているのは良いのですが、市役所では人事異動や部・課などの引っ越し作業などで連日遅くまで職員が仕事をしています。

で、先日のA勤務(A勤務は全職員退庁後に最終巡回をして仮眠)の時には、ある課の職員が朝の5時まで作業を行うと言う前代未聞の事態に陥り、結局は政宗も貫徹せざるを得ない結果となってしまいました。

流石にその日の相勤者だったt氏も同情してくれて、缶コーヒーで労をねぎらってもらった政宗なのでありました(^_^;

開錠と解錠の違いを知っていますか?

イヤー、恥ずかしながら政宗は知りませんでした。

で、調べてみると結構な違いがあったのでご紹介してみたいと思います。

あ、ご存知の方はスルーでお願いしますね!

開錠とは?

「開錠」は、錠を壊してでも鍵を開ける事を言います。

つまり「錠前を壊すか否か」がポイントで、例えば大事な金庫の鍵を失くしてしまって、金庫の鍵を壊してでも中から取り出したい物があるとか、災害や事故などで鍵を壊さなければ救出できないなど、是が非でも鍵を開けなければならないという場合が「開錠」という訳です。

解錠とは?

で、「解錠」とは鍵を使って錠を傷つけたり壊さずに錠を開ける事を言います。

つまり、通常の警備員が鍵を開ける行為は「解錠」という事になります。

逆にレスキュー隊や鍵開け専門の業者がドリルなどで錠を壊して開ける行為は「開錠」という事になります。

このように、同じ「かいじょう」という同じ読み方の漢字ですが、意味合い的には真逆になりますので使う時には気をつけなければなりませんね。

今までは何気なく「開錠」と言う風に使っていましたが、今後は「解錠」に改めようと思った政宗でありました。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク





 

おすすめのアイテム

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー