55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

やらかしが成長させる?【施設警備員の仕事】

time 2018/03/09

やらかしが成長させる?【施設警備員の仕事】
スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

昨日からぐずついた天気が続いて肌寒い今日の東京です。

不思議と通勤時には雨が止んでいて傘は使わずに済んだのですが、勤務中は雨が止むことは無く外周巡回時に冷たい思いをした政宗であります。

やらかしが成長させる?

ソロデビューしてからというもの、施錠すべきところを施錠していなかったり、施錠しなくてもよいところを施錠してしまったりと、ミスが連発していて落ち込む日々が続いていました。

しかも、ミスった場所に気を取られて意識すればするほど他にミスが発生すると言った悪循環に陥ってしまうという最悪のパターン。

で、昨日の勤務で遂に警備員としてはやってはいけない大きなミスをやらかしてしまいました。

本庁舎と連絡通路で繋がれた別館には侵入防止の目的で1階部分の窓に大手の警備会社の防犯センサーが取り付けられていて、22時に防犯センサーのセットをする事になっています。

昨日はB勤務の政宗がそのセンサーのセットをする事になっていたのですが、セットする前には残業で残っている1階職員にセンサーをセットする旨を伝えて窓の操作をしないように促してからセットすることになっています。

しかし、セットする際に操作を誤ってしまい政宗が発報させてしまうという、非常に恥ずかしくも情けないミスをやらかしてしまったのです。

発報は本庁舎の警備員室にも通報されるようになっているので、すかさず昨日の相勤者で指導担当のT先輩から携帯電話に連絡が入り、解除及び復旧マニュアルの場所を教えて頂き手順に従って操作しますが上手くいかず、程なく設備担当の職員が飛んで来る始末。

更に、T先輩が道を隔てた会議室棟の先輩隊員も応援に駆け付けさせますが、なかなか復旧できずに色々と試行錯誤した結果、通常のセンサー解除の要領で建物の外にあるカードリーダーにカードを差し込む事で復旧することが判明。

発報してから復旧まではおよそ5分間くらいでしたが、その間、別館の1階と本庁舎の警備員室では警報が鳴り響き、その場にいた職員や本庁舎にいる宿直担当、先輩T氏に迷惑をかけてしまいました。

ちなみに大手の警備会社には誤報という連絡を入れたので実際に駆け付けて来る事はありませんでしたが、駆け付けはお金に絡んで来ることなので連絡が早くて助かりました。(個人に出動費の請求は来ませんが・・・)

ただ、今回のやらかしによって誤操作による復旧のやり方や、正しい操作方法が理解できたので政宗にとってはよい勉強になりました。

やはり訓練と実際の現場では色々な意味で状況も操作方法も違いますので、本来あってはならない事ですが現場での発報体験は経験すると非常に役に立ちます。

ただし、再び同じことををやってしまうと「バカ」と呼ばれてしまうので、絶対に2度目はやってはいけません。

今朝の朝礼時の引継ぎで発報の件を報告すると「ああ、みんな一度はやるから大丈夫だよ」と先輩警備員に慰められましたが、このところのミス続きに更に追い打ちをかけた発報でちょっとダメージが大きい政宗でした。

明日から公休2連チャンなので気持ちを切り替えてまた頑張ります・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク





 

おすすめのアイテム

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー