55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

明日はいよいよ市役所警備員ソロデビューです!【施設警備員の仕事】

time 2018/02/28

明日はいよいよ市役所警備員ソロデビューです!【施設警備員の仕事】
スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

空は全体に霞がかり、シジュウカラのツピツピというさえずりと止まらない鼻水に春の訪れを感じている今日の東京です。

天気予報では20℃近くまで気温が上がり春一番が吹くかもという予報が出ているようですが、それと同時に花粉も急激に増加しているのを鼻水と目のかゆみで実感しています。

明日はいよいよ市役所警備員ソロデビューです

昨日は教育担当のT先輩と一緒に研修する最後のB勤務だったのですが、細かいミスや抜けがいくつかあって更なるマニュアルの見直しや注意すべき点が見つかるという、ちょっとソロデビューに不安を感じる勤務になりました。

とはいえ、朝の開錠(解錠?)についてはどうにか合格点がもらえましたのでホッとしているところですが、問題は業務終了後の施錠確認なんですね。

施錠確認と言ってももちろん鍵の施錠だけを確認すれば良いと言うものではなく、エアコンの切り忘れや電気ポットの切り忘れ、水道の蛇口チェックや残留者・残業者確認など数多くのチェック項目があって、いちいちそれらを確認して歩かなければなりません。

まあ、そんなのは当たり前の話なんですが、部屋の奥に小部屋があったり隠れている所にポットが置いてあったり、意識していないとつい見落としがちなポイントがいくつかあるのでそこがネックになっています。

また、曜日によって施錠したり開錠する部屋が異なっているのも混乱の一因となっているのですが、こればっかりは慣れて覚えるしかありませんね。

ただ、今までは先輩が後ろから付いてきてきていたので、迷ったり間違ったりした時は訊いたり指摘されるので良かったのですが、一人になるとマニュアルと記憶が頼りになるのでしっかりとマニュアルを作成しておかなければなりません。

それと、先輩方は動線や動きに無駄が無いので時間的に余裕がありますが、政宗の場合は無駄な動きや手順の確認に時間が掛かるので制限時間内に作業を終わらせようと焦ってパニクってしまうと却って時間が掛かる原因になりますから、落ち着いて行動することが重要になってきます。

ただ、何事にも焦りは禁物と言うのは分かってはいるのですが、実際の現場になるとなかなかそうはいかないのが現状ですね。

とにかく、マニュアルをもう一度見直し、整理して明日に備えます。

果たしてソロデビュー初日はどうなる事やら・・・!

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク





 

おすすめのアイテム

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー