55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

施設警備員が取得しておいた方が良い資格とは?【施設警備員の仕事】

time 2017/12/20

施設警備員が取得しておいた方が良い資格とは?【施設警備員の仕事】
スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

快晴とはいかないまでも、冬晴れの安定した晴天が続いている今日の東京です。

いよいよ明日は二次面接になりますが、その前に今日はしっかりと夜勤をこなして面接に臨みたいと思います。

施設警備員が取得しておいた方が良い資格とは?

求人サイトで施設警備員募集の要項を見ていると有資格者優遇という文言をよく目にします。

当然、未経験ならば資格を持っていないのが当たり前なので気にする事はありませんが、今の政宗のように一度でも警備員としてどこかの会社に所属したならば、必ず取得しておきたい資格がありますので紹介します。

その資格と言うのは「防災センター要員講習」「自衛消防技術認定証」(東京都限定)「上級救命講習」の3点セットです。

1号警備と呼ばれる施設警備員の多くは防災センターに勤務することが殆どなので「防災センター要員講習」は必須ですが、東京都の施設に勤務する場合は「自衛消防技術認定証」も取得しておきましょう。

また「上級救命講習」は無くても特に問題ない場合が多いのですが、会社によっては「防災センター要員講習」「自衛消防技術認定証」「上級救命講習」の3点セットを取得していないと資格手当が貰えない会社が意外と多いです。

今の政宗が所属している会社はそれぞれの資格に資格手当が貰えますが、今面接を受けている会社では「防災センター要員講習」は資格とみなされず、資格手当が出ません。

更に会社によっては「防災センター要員講習」「自衛消防技術認定証」「上級救命講習」の3点セットも資格手当の対象外で「警備員検定2級・1級」「警備員指導教育責任者」以外は資格として認めないという会社もあります。

警備員未経験で防災センターに勤務することになった場合は、「防災センター要員講習」「自衛消防技術認定証」はとりあえず取得させられることになると思いますが、この時に気をつけなければならないのが資格取得費用を会社が負担してくれるのか?という事です。

求人の要項には「資格取得支援」と書いてあっても、勉強は教えるけど費用は自腹と言うところも少なくありません。

「自衛消防技術認定証」の取得は1万円程度の費用で済みますが、「防災センター要員講習」の場合は35,000円程度の費用が必要ですから結構痛い金額です。

更に「警備員検定2級・1級」を目指そうとなると、受験費用だけで6万円以上掛かったりしますので、資格取得費用を会社が負担するのかしないのかは会社選びの重要なポイントだったりします。

何れにしても、警備員としてどこかに勤めるのであれば「防災センター要員講習」「自衛消防技術認定証」「上級救命講習」の3点セットはできるだけ早く取得しておいた方が良いという事を覚えておいて下さいね。

と言う訳で、明日の二次面接が不安で仕方がない政宗でした。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク





 

おすすめのアイテム

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー