55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

2号警備の交通誘導員さんごめんなさい!【施設警備員の生活】

time 2017/11/10

2号警備の交通誘導員さんごめんなさい!【施設警備員の生活】
スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

朝のうちはスッキリと晴れていた空が、徐々に雲に覆われてきた今日の東京です。

天気の大きな崩れは無いようですが、これから少しロードバイクに乗ろうかと思っていますので、どうせならスッキリと快晴の中を走りたいと思っているので残念な感じです。

2号警備の交通誘導員さんごめんなさい!

ちょうど一週間前の金曜日にロードバイクに乗っていつものルートで多摩湖に向かう途中の道が、工事中で迂回をするようになっていました。

その道は道幅4mほどの生活道路で、たまに路面改修の工事が行われている時もあるのですが、たいてい歩行者用の通路は確保されているので、少しスピードを緩めるだけで通過できる場合が多かったのです。

ところがその日はなぜか全面通行止めで、およそ100mくらいの距離を迂回することになっていたのでした。

う~ん、面倒だな!と露骨に嫌な顔をして迂回して、反対側の工事区間の通行止めをしていた警備員さんに「この通行止めは何の工事? いつまでやるの?」とつっけんどんに朗かに不快な感じで質問してしまいました。

最近は夜中の勤務時間に交通誘導の2号警備員さんのブログをよく読んでいるので、通行止めをしている警備員には何の悪い事も責任も無い事は百も承知なのですが、何故かいつもと違う事を強制されるのがちょっとムカついてしまう自分がいました。

政宗の現場近くでも道路工事が行われていて、このところの肌寒い夜間巡回で目にすると「これから寒くなるから大変だな~!」と同情していたのですが、自分の目の前に交通誘導員が立ちはだかると不快な気分になるのは何故なのでしょうか・・・?

せめて同じ警備員として「お疲れ様です!」くらいの声掛けができるようにならなければいけませんね。

特に政宗は寒いと腰痛が出て、酷くなると歩けなくなりますので、冬場の交通誘導員は絶対に無理なのですよ・・・。

いや本当、2号警備員さんはこれから寒くなりますから、風邪をひかないように頑張って頂きたいと思います。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




スポンサーリンク





 

栄養補給と腸内環境整を整える

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー