55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

本社の警備課長と面談することになりました!【施設警備員の仕事】

time 2017/09/08

本社の警備課長と面談することになりました!【施設警備員の仕事】
スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

このところ曇りや雨の天気が続いていましたが、久しぶりに太陽が顔をのぞかせた今日の東京です。

勤務中は太陽が出ない方が涼しくて良いのですが、勤務以外ではいつ雨が降るのか分からない状況は嬉しくないし、おかげでサイクリングにも行けずにすっかり運動不足になってしまいました。

その結果はどこに表れるのか?と言うと、血圧と血中の中性脂肪の数値が上がることで運動不足であることが確認できます。

腰痛の関係でランニングやマラソンといった走る事ができない政宗にとってサイクリングは唯一できる運動と言っても過言ではないのですが、天気が悪いとなかなかロードバイクに乗れないのが悩みではあります。

という事で、本日のお題

本社の警備課長と面談することになりました!

実は先日、本社の警備部の担当者に副業について「どうすれば会社公認で副業を行う事ができるのか?」という相談を持ち掛けたところ、「警備部で協議しますので、少し時間をください」という回答でした。

警備業に携わっている人からすれば「収入を増やしたければ、シフトを多く入れてもらえば良いじゃん!」と思う人も多いと思います。

警備会社の中には本人の希望でシフトを組めたり、望む望まないにかかわらずブラックなシフトを強要する会社もあるようですが、政宗の会社は警備業専門の会社ではなく、ビル管理会社の警備部門という会社組織の一部の部門なので就業規則はあくまでもビル管理会社の規則が適応されて、月に200時間以上の労働は制限される規則になっているのです。

なので、一人だけ労働時間を増やすと言うのは難しく、したがって収入を増やそうと思ったらもう一つ仕事をするしか無いと言うのが現状なのです。

じゃあ、副業OKの違う会社に移れば?と言う声も聞こえそうですが、やっと今の現場で半年過ぎて仕事も慣れてきたし、なにより時給が他よりも良いので、できれば今の会社を辞めずに副業で収入を増やしたいと言うのが本音です。

ただ、どうしてもそれが叶わないという事になれば、会社を移る事も視野に入れて検討しなければならないとは思っています。

で、昨日のお昼ごろに警備部の担当者から連絡があって、「来週の勤務明けの火曜日にTk課長とTb課長の2人が面談に行きますので、そこで色々と相談してみて下さい」という事になりました。

う~ん、わざわざ課長が2人で出向いてくるとはちょっと大げさな感じもしますが、聞くところによると今までそう言った副業に関しての申し入れや相談事は無かったという事で、前例が無い事に対しての処置をどうするのか?という事で、課長2人で聞き取りを行い本社に持ち帰って検討するという事になったようです。

まあ、どう転ぶか分かりませんが、今のところ求人を探してもあまり良い条件の求人が出ていませんので、なんとか副業を認めてもらえる方向に話が進むように祈るだけですね。

では、また(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

スポンサーリンク





 

おすすめのアイテム

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー