55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

防災センターにAEDが無いってどうなの?【施設警備員の仕事】

time 2017/07/09

防災センターにAEDが無いってどうなの?【施設警備員の仕事】
スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

朝から強烈な日差しが降り注いで朝から猛暑が予感される今日の東京です。

で、先日の自衛消防技術試験や防災センター要員講習を受けて、政宗が勤務する防災センターにおいて気になっていることがあるのです。

それは、政宗が勤務している「防災センターにAEDが備えられていない!」ということなのです。

AEDが無い防災センターってどうなの?

防災センターといえば通常はAEDをはじめ、初期消火用の消火器や救急箱、担架などが備え付けられていて、人が倒れていたり災害時の緊急措置に備えてあるものという認識だと思います。

しかし、政宗の勤務する防災センターは救急指定病院の一角にあるという事で、何かあれば「病院に助けを求めればよい!」と言った考えのようで、心肺蘇生に必要不可欠なAEDを備えていないのです。

まあ確かに日中などで病院が稼働している時はスタッフも大勢いますから何とかなるかもしれませんが、夜間や深夜など病院のスタッフが手薄になったりした場合には直ぐに対応してもらえるとは限りません。

しかも警備員が病院にAEDを借りに行くとか、近くのコンビニまでAEDを借りに行くというのはどうなんでしょうかね???

通常ならば、倒れた人を発見した場合には無線で119番通報とAEDの搬送を要請するのが当たりまえで、即座に防災センターからAEDを持って駆け付けるべきではないのか!と思うのですが・・・!

この辺りを本社の警備担当に問い合わせても、「AEDは病院に備えてあるし近くにコンビニもあるから問題ないでしょ!」という見解で、政宗の心配はますます膨れるばかりなのでありました。

う~ん、防災センターってそんなんでいいの?と思ってしまうのですが、どうなんでしょうねぇ・・・(* *;

では、今回はこの辺で・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

スポンサーリンク





 

おすすめのアイテム

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー