55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

施設警備員の帽子は夏場は最悪です!【施設警備員の仕事】

time 2017/07/05

施設警備員の帽子は夏場は最悪です!【施設警備員の仕事】
スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

台風3号の通過に伴って昨夜は激しく雨が降っていましたが、現在は台風一過で強い日差しが照り付けている今日の東京です。

幸いにも昨日は勤務明けで今日は公休日なので、台風による風雨の中で外周巡回せずに済んでラッキーでしたが、当番に当たった同僚はさぞかし大変だったのではないかと思います。

さて、このところ本格的な夏の陽気がチラホラと出始めて、30分程の巡回を終えるころには汗だくになることも珍しくなくなってきました。

で、冬場には問題なかった事なのですが「夏場にはきっと酷いことになるのだろうな!」、と予想していた帽子に関する問題が朗かになりましたので紹介したいと思います。

施設警備員の帽子は夏場は最悪です!

という訳で、会社によってはキャップタイプの帽子を被る会社もあるようですが、政宗の会社ではいかにも警備員という帽子が支給されています。

で、帽子の内側の直接頭に触れる部分がビニールでできているために、汗をかくとそのままポタポタと顔に垂れてきてしまうのです。

巡回中は人目につかないところでハンカチなどで汗を拭いながら対処しているのですが、それでも直ぐに汗がポタポタと滴ってきます。

特に政宗の場合は髪の毛がMハゲの上に汗かきの体質なので、日中の巡回では常に汗を拭き拭き巡回しなければなりません。

そこで、何か対策をと考えたのがヘッドバンドです。

本来は帽子の下には何も着用してはいけない規則になっているようなのですが、あまりにも汗が酷いので目立たないように黒色のヘッドバンドを額に巻いてから帽子を被るようにしています。

もともと少し緩めの帽子だったのでヘッドバンドを巻くことによって帽子のフィット感が良くなって、しかも汗の滴るのも防げるので政宗にとっては一石二鳥でした。

最初はヘルメットインナーを被る事も考えたのですが、なんとなく蒸れそうなのと洗った時の乾きに時間が掛かりそうなのでヘッドバンドを選択することにしました。

ちなみに巡回はおよそ2時間おきに行われるので、巡回から戻ったら洗面所で顔を洗うついでにヘッドバンドも洗って、備え付けのペーパータオルで包んで水気を吸い取っておけば次の巡回時には程よくひんやりして気持ちよく巻くことができます。

今年の夏は猛暑の予想が出ていますので、暑さ対策以外にも汗対策は欠かせない政宗の現場なのでした。

では、今回はこの辺で・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

スポンサーリンク





 

おすすめのアイテム

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー