55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

現任教育を受けて来ました!【施設警備員の教育】

time 2017/04/28

現任教育を受けて来ました!【施設警備員の教育】
スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日の東京は気持ちよく晴れて過ごしやすい一日だったようです。

「ようです」というのは、今日は公休日にもかかわらず本社にて朝から夕方まで現認教育を受けていたので、外の様子が全く分からなかったからです。

現任教育を受けて来ました!

と言う訳で施設警備員に限らず警備員は、警備業法上で警備業を営む者は年に2回の現認教育を行わなければならず、今日は公休日なのですが現認教育を受けてきました。

まあ、内容的には毎回殆ど変わらないという事なのですが、半年に1回なので忘れていることもいくつかあって、施設警備員として覚えておかなければならない基本的な内容を再確認する意味でも必要な教育なのであります。

で、午前中は前回の現任教育から今日までの間に報告されたクレーム事案の紹介や警備員としての心構え・警備業法の基本・徒手(要するに素手)による簡単な護身術などを学びました。

まあ、護身術と言っても前はらい・後ろはらいという、万が一不審者などに攻撃された際の体の入れ替え方や間合いの取り方を教わるのがメインで、自分の身の安全を確保するための技術を身に付けることが目的になります。

政宗が所属する会社が受け持つ現場では警戒棒や警戒丈を装備する現場が無いために、それらの使い方を学んでも無意味であることから徒手による護身術のみが教育内容に盛り込まれています。

で、万が一不審者や危険と思われる人物と対峙した場合には、相手との間合いを2m以上取る事が大切になりますので覚えておきましょう。

で、昼食を挟んで午後からは胸骨圧迫とAEDによる心配蘇生術と自火報が発報した際の対応をおさらいして終了となりました。

いずれも日頃実践することが殆どない事案ですので、忘れてしまったり上手く指示を出せなくて戸惑ったりしましたが、シミュレーションにおいては失敗しても誰も困らないので、研修のような場面では失敗を恐れずにむしろ積極的に失敗するくらいの意気込みで臨む事が大事なのだと思います。

と言う訳で、プレミアムフライデーも休務日も無くなってしまいましたが、施設警備員として勤務する上で重要な現任教育ですから、これはこれで良かったと思います。

明日は苦手なMn氏との当務ですが、前回同様に当たらず触らずで頑張ります。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク





 

おすすめのアイテム

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー