55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

施設警備員で一番辛いシフト!【当務・夜勤】

time 2017/03/23

施設警備員で一番辛いシフト!【当務・夜勤】
スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今朝は曇りがちでしたが、午後になって日差しが出て気温が上がりそうな東京です。

今日は当務明けなので、いつもなら昼のみして既に酔っぱらっているところなのですが、これからまた夜勤に向かわなくてはならないので束の間の休息の時間を家で過ごしているところです。

施設警備員で一番辛い当務・夜勤!

施設警備の会社の中でも特にブラックな会社では「当務・夜勤なんてそんなのは日常茶飯事!」という会社もあるでしょうし、中には「当務・当務」などという48時間勤務を行っている現場もあるかもしれません。

しかし、通常の労基法を遵守している会社ならば「当務・夜勤」の連続勤務が限界のはずです。

まあ、夜勤3連チャンというのはありましたが、やはり当務・夜勤の方が政宗的には辛そうですね。

というのも、政宗の現場では当務のばあい21時から4時間の仮眠を取らなければならず、翌日の夜中1時には起きなければなりません。

そこから勤務終わりの9時まで8時間起きていなければならず、2時から6時まで仮眠時間の夜勤よりも仮眠後の時間が極端に長いので寝不足感が半端ないのです。

まあ、帰宅して昼寝をすれば多少はマシだと思いますが、基本的に政宗は昼寝があまり得意ではないので対応に悩むところではあります。

ただ、連続勤務の場合は48時間以上お酒が飲めませんから、確実に肝臓を休ませることが出来るのが唯一のメリットでしょうか!

なんて言いながらも、ちょっと目がシバシバしてきましたので少し昼寝をして夜勤に向かおうと思います。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク





 

おすすめのアイテム

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー