55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

本社の現場担当者と飲みにけーしょん!

time 2017/03/19

本社の現場担当者と飲みにけーしょん!
スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日は久しぶりの公休日で、録画しておいた番組を観たりのんびり過ごしています。

外は時折強い風が吹いたりしていますが、南風なので気温が上昇しているようです。

さて、昨日はシフトの関係で人手が間に合わず本社の担当者が代番で夜勤の応援に来てくれたので、勤務明けに朝から24時間営業の居酒屋で飲んできました。

本社の担当者と飲みにけーしょん!

通常シフトで仕事をしていると全員で飲み会をするというのは不可能で、ましてや離れた本社の人間と酒を酌み交わすなどという事はほぼありえない事だと思うのですが、昨日は勤務がたまたま一緒になり良い機会なので「一杯やりませんか?」と誘ってみたら快く賛同して頂けたので飲みにケーションすることになりました。

所属する会社によって「本社の人間は厳しく指導するだけ!」という会社もあるようですが、政宗の所属する会社の担当者Sさんは指導だけでなく、現場回りなどで顔を見ると「どうですか?」と必ず声をかけてくれて、いろいろと話を聞いてもらえる面倒見の良い方なのです。

やはり現場の人間関係も大事ですが、本社の現場担当者との関係も良好にしておくことが自らの保身にも繋がりますので、とても重要な事だと思っています。

で、昨日はとりあえず軽く1時間程度サクッと飲んで帰るつもりが、会社における現場の評価やら同僚の裏話や会社の裏事情など興味深い話が聴けて、気が付いたら4時間も話し込んでしまっていました。

人それぞれ色々な事情があって施設警備員として働いたり応募したりすると思いますが、昨日の話を聞いて改めて「所属する会社選びは重要だな!」と感じました。

というのも、政宗が所属する会社は殆ど残業はありませんし、講習会や資格取得費用などは殆ど会社が負担してくれます。

警備会社の中には残業が月100時間超えはあたりまえ、資格取得も自腹・時には48時間連続勤務などという現場も少なくないという事でしたので、健康で永く勤めようと思ったら「会社選び」は非常に重要になってきます。

「とにかく稼ぎたい」とか「とにかく何でもよいから仕事がしたい」というのでしたらブラック企業の方が向いていますが、安定して永く勤めたいと思うのだったら、きちんと会社の情報を調べてホワイトな会社に所属することが重要です。

ちなみに政宗の所属している会社は大手の建設会社の100%子会社で、人材教育や給与関係などもしっかりしているので安心して勤められる会社なのですよ。

おそらく、多数あるビルメンテナンスの会社の中でも優良企業に入ると思いますので、そんな会社に所属できた政宗はラッキーだったといえるのだと思います。

もしあなたが警備業界に参入しようと思っているのでしたら、目的に合った会社を選ばないと直ぐに辞めることになってしまいますので注意して下さいね。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

スポンサーリンク





 

おすすめのアイテム

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー