55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

施設警備員の生活パターンとは?

time 2017/03/14

施設警備員の生活パターンとは?
スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日は朝からシトシトと雨が降って肌寒い東京です。

今日は夜勤なので昼間はブログを書いたり比較的にのんびりと過ごしています。

と言う訳で、実際に施設警備員の生活パターンはどのようになっているのかをご紹介したいと思います。

施設警備員の生活パターンとは!

政宗が施設警備員になって約2か月が経とうとしていますが、施設警備員としての日々の生活パターンと言うものが見えてきましたので、これから施設警備員を目指す方の参考になればと思い政宗の生活パターンを紹介します。

おそらく施設警備員の当務は一般的に8時~8時か9時~9時のパターンが殆どだと思いますが、政宗の場合は9時~9時のパターンで、8時45分から全体の引継ぎが行われるためそれまでに制服に着替えておかなければなりません。

と言う訳で、政宗の生活パターンを紹介すると!

当務(24時間勤務)の場合

朝6時起床>>7時30分に家を出る>>8時10分頃に職場到着>>8時45分引継ぎ>>9時から勤務開始>>翌8時45引継ぎ>>9時勤務終了>>10時帰宅(買い物などをしているため)>>10時30分シャワー及び洗濯(お風呂掃除)>>11時昼食を兼ねて昼飲み>>12時洗濯物を干す>>あとは録画した番組を観たりしながら飲みの続きなどでダラダラ・・・!あとは、適当に夕食・入浴・就寝

夜勤(18時~9時)の場合

7時~8時に起床>>テレビや録画・ブログなどを書いてのんびり>>12時昼食>>のんびり>>15時くらいから夜食のおにぎりや勤務の準備>>16時30分頃家を出る>>17時職場の最寄り駅到着>>17時5分夕食(牛丼など)>>17時20分頃職場着>>18時から勤務開始>>翌8時45分全体引継ぎ>>9時勤務終了>>10時帰宅(買い物などをしているため)>>10時30分シャワー及び洗濯(お風呂掃除)>>11時昼食を兼ねて昼飲み>>12時洗濯物を干す>>あとは録画した番組を観たりしながら飲みの続きなどでダラダラ・・・!あとは、適当に夕食・入浴・就寝

といった感じが今のところの通常の生活パターンになっています。

そして、通常の基本勤務パターンが 当務>>明け>>夜勤>>明け>>公休 となっている場合は、当務から次の夜勤までが単純計算で33時間もありますので、通常のサラリーマンのように9時から17時の勤務に比べて勤務終了から次の勤務までの時間が倍以上という事になり、その分、趣味や自分の時間として使える時間が多いという事になります。

もちろん、勤務自体の拘束時間も長いので単純な比較はできませんが、体力的に余裕があれば趣味以外にも副業を行う事で更なる収入アップを目指す事も可能です。

ただし、場合によっては当務>>夜勤・若しくは、夜勤>>夜勤と言った連続勤務もありますので、副業を行う場合には注意が必要です。

まとめ!

施設警備員の生活は、シフトという勤務形態に慣れてしまえば、「まとまった自分の時間を多く持てる職業」と言えるのではないでしょうか!

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク





 

おすすめのアイテム

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー