55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

【当務】初の24時間勤務

time 2017/02/09

【当務】初の24時間勤務
スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日の東京は朝からどんより曇って気温が低く雪がちらついていましたが、この時間になって雪とみぞれが混ざったような本降りになっています。

あまり降ってしまうと巡回警備に影響が及ぶので、ほどほどに降ってもらいたいと願います。

さて、今回初めて昨日の朝9時から今朝9時までの24時間勤務である「当務」に従事してきました。

生まれて初めての24時間勤務という事で多少の緊張があったのか、一昨日の夜は寝つきが悪くて寝不足気味で勤務に向かいました。

しかし、当務の仮眠は21時からなので「かえって寝不足ぐらいの方が丁度良いかもしれない」と高をくくっていました。

で、特に何事もなく時間は過ぎて21時の仮眠時間になったので、スマホの目覚ましを起床時間の10分前にセットして先に眠りに就きました。

ところが、普段23時過ぎ頃から寝ているのと慣れない枕などが気になってなかなか寝付けません。

おまけに革靴タイプの安全靴を長時間履き続けているせいで、足元からクッサ~い臭いが布団の中を漂ってきます。

施設警備の現場の中にはシャワー設備が備わってるところもあるようですが、私の現場はただ仮眠室があるだけですから足のニオイや体の汚れをどうするのかは今後の課題です。

先輩の中には汗ふきシートで拭いている人もいますが、私も色々と試してみたいと思います。

ただ、現場の中には横にすらなれないで「当務」を行わなければならない所もあるそうなので、私の現場はまだ良い方と思わなければいけませんね。

結局ウトウトしているうちに先輩に「時間だよ!」と声が掛かり、ん???と思って時計を見ると起床時間の1時を10分も過ぎていました。

確か10分前の12時50分に目覚ましをセットしたはずなのに鳴った気配がありません!

おかしいな???と思って、よくよく確かめてみると、そう、もうお分かりとは思いますが、本来0時50分にセットするべきところを12時間間違って昼の12時50分にセットしていたのでした。

当務担当は1時に起床後すぐに巡回に行くタイムスケジュールなので、急いで身支度を整えて巡回を行って2時から仮眠の夜勤担当の先輩に寝て頂きました。

2時に先輩が仮眠室に入ると起床時間の6時までの4時間は一人でモニターをチェックすることになりますので、何事も起こらなければひたすら睡魔との闘いです。

まあ、実際には夜食を食べたりコーヒーを飲んだりネットニュースを見たりして過ごすのですが、ハッキリ言ってヒマです(^^;;

深夜は人の出入りや動きも殆どなく、静止画像を監視しているようなものですから仕方ないですね。

まあ、深夜から清掃が始まる6時まではまったりと緩~い時間が流れて、8時過ぎに交代の警備員や設備担当、所長などが出勤してくると引継ぎを行って勤務終了となります。

今回、初めて当務を経験しましたが、私の勤める現場は主たる仕事がモニター監視になりますので、何事も起こらなければハッキリ言って全体的に暇な現場です。

世の中には忙しくて常に緊張と隣り合わせの現場もあると思いますが、ここの現場はおそらく世間で言うところの「アタリ」の現場という事になるのだと思います。

あとは、一緒に働いている人たちとの人間関係を上手く作って、長く勤められるように努力することが重要ですね(^^)

「当務」!ちょっとダルイですが、まあ大丈夫そうです。

ちなみに、明日の勤務も当務です。

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

スポンサーリンク





 

おすすめのアイテム

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー