55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

施設警備員になって初めての仮眠!

time 2017/02/07

施設警備員になって初めての仮眠!
スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日の東京は北風が強く、ゴーゴーと音を立てて吹き荒れています。

ただ、おかげで雲が飛ばされて空は快晴なので、室内にいる分には日差しの恩恵を受けて暖かく過ごせています。

今日の施設警備員生活

さて、今日は夜勤明けでこのブログを書いていますが、研修中の夜勤と違って4時間ほどの仮眠を取っているせいかそれほど眠くはありません。

まあ、当務にしろ夜勤にしろ現場によって仮眠の時間は様々だと思いますが、私のいる現場は24時間勤務の当務でも15時間勤務の夜勤でも仮眠時間は同じ4時間です。

もちろんそれ以外の休憩時間は違いますが、仮眠時間としてまとめて休める時間は4時間と決められているのです。

本当ならば24時間勤務の当務では6時間程度の仮眠時間が欲しいところですが、2人交代で仮眠を取らねければなりませんので巡回のタイミングや待機の時間を考慮すると仕方がないところではあります。

まあ仮眠時間はともかく問題は寝る順番で、早寝は21時から1時までで遅寝は2時から6時までとなっているのですが、私の現場では当務が早寝、夜勤が遅寝という決まりになっています。

まあ、これも仕方ないといえば仕方ないのですが、普段は23時ぐらいに寝ていることが殆どなのにいきなり21時に寝ろと言われても果たして眠れるのか?ということですよね。

しかも1時に目覚めてから仕事が終わる9時までは8時間もあるので、仮眠後に普通の日勤者の労働時間と同じだけの時間を過ごさなければならないのはちょっと辛いかなと思います。

逆に遅寝の方は2時まで耐えて仮眠すれば6時に目覚めてから9時まで3時間で仕事が終わるので、仮眠後の残り時間を考えると遅寝の方が気が楽ですね。

で、ぶっちゃけ仮眠ってちゃんと眠れるのか?という事が気になる人も多いと思います。

今回は夜勤だったので2時から4時間の仮眠をとらせて頂きましたが、はっきり言って時間が気になってしまい1時間ごとに時計を見てしまいました。

一応枕元に目覚ましをセットしておいたのですが、「もし目覚ましで起きれなかったらどうしよう」という意識が働いてしまい熟睡するまでには至りませんでした。

しかし、2時まで起きていたせいか自分が予想していた以上に眠れたような気がします。

おかげで、帰宅してシャワーを浴びた後にビールを飲みながら軽く食事をしてからブログを書いていますが、今のところ眠気には襲われていません。

とにかく、施設警備員という仕事そのものが初めてですから何をするにも初体験で、色々と不安が付きまといますが自分が思ったより楽にこなせているような気がします。

明日は初めての当務になりますので、9時から眠れるのか?不安でもあり楽しみでもあります。

ちなみに、今日から独り立ちという事で、定時巡回、閉館巡回、開放巡回と一人で回りましたが、全て無事に巡回することが出来ました(^^)v

では、また・・・(^^)/

スポンサーリンク

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

スポンサーリンク





 

おすすめのアイテム

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー