55歳からの転職【施設警備員 政宗のブログ】

55歳で施設警備員に転職した元給食調理員【政宗】が施設警備員として働く上での注意点や日常のあれやこれやを気ままに書いています!

夜勤研修1日目

time 2017/02/02

夜勤研修1日目
スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日の東京はお天気は良かったのですが北風が冷たく吹いて、外に出ると寒かったですね。

で、昨日は初の夜勤研修で今朝帰宅して軽い食事とシャワーを浴びた後にひと眠りして、起きたところでブログを書いています。

夜勤そのものが初めてなうえに、仮眠スペースの問題から徹夜することになっていたので果たしてどうなるかと思いましたが、ミンティア メガハードのおかげもあって、どうにか乗り切ることができました。

今日の研修

私の職場での主な夜勤業務は通常巡回の他に商業施設の共用ホール残留者確認・エスカレーター停止・4ヶ所ある自動扉の施錠・ゴミ置き場の可燃物確認・不審者の有無などの閉館作業が重要な仕事になります。

共用ホールの閉館作業は夜間巡回の途中で行うのですが、懐中電灯や鍵の持ち出し、自動扉のスイッチが高所にあるためにそれを操作するための伸縮棒など、通常の巡回よりも携帯するものが多く準備に時間が掛かります。

共用ホールの閉館は23時ちょうどに行わなければならないので、それに合わせて時間を見計らって巡回に出発してまずは4ヶ所の自動扉を23時に施錠して外から人が入らないようにします。

その後、共用ホールにある店舗の施錠確認や昼の巡回では行わないトイレの残留者や忘れ物確認、ゴミ置き場と倉庫の可燃物の有無と施錠確認など、通常とは異なった経路で巡回を行うために、記憶が曖昧になってきます。

中でも辛いのが、2本あるスタッフ用階段に人が侵入していないか確認するために1階から6階まで上り下りしなければならない事で、途中から息が切れて頭がボーっとなってしまいました。

とりあえず、先輩に教わりながら一つ一つ作業をこなしていくのですが、1本目の階段を下りて2本目の階段を上っている途中から記憶が途切れ途切れになってしまいました。

まあそんなこんなで、共用ホールの閉館作業の手順がイマイチ覚えきれていないのですが、明日再び夜勤研修が組み込まれているのでそこでどうにか覚えられるように頑張ります。

23時に商業施設の共用ホールを閉館した後は1時に巡回するのですが、外周部分の巡回だけなので通常の巡回よりも確認箇所が少なく短時間で巡回を終えることができます。

で、問題は1時の巡回が終わると次は7時まで巡回は行わないので、その間の6時間は休憩を適当に取りながら防災センターでモニター監視を行わなければならず、睡魔との闘いになります。

なんて書いてしまうと、デスクに座ってじーっとモニターを見ていなければならないように受け止める人が殆どだと思いますが、実際のところは警備員2人と設備担当者1人の3人体制で、しかも所長や副所長などのお偉いさんは日勤で帰ってしまうので、適当にマッタリとモニターをチラ見しつつ過ごしています。

確かに、夜間は人の出入りも殆ど無く、まるで静止画のようなモニターを真剣に監視するのもどうかと思いますし、あまりガチガチにやっていては体が持ちませんからね。

それに、当務の人は21時から1時まで、設備担当者は0時から6時まで仮眠を取りますので、防災センターで起きているのは1人という時間帯が出てきますので、この時は何をしようが他の人は確かめようがありませんので異常発報でもない限りはやりたい放題というのが現実のようです。

今回は私が研修という事で、普段より1人多いシフトだったために色々な会話をして時間をやり過ごせましたが、実際の勤務になると一人で時間をやり過ごさなければなりませんので、果たしてミンティア メガハードだけで乗り切れるか不安なところではあります。

しかし、とりあえずは夜勤がどういうものか分かりましたし(勤務終了間際に防火扉に誤ってぶつかって閉じてしまうという発報もありましたが)それよりもっと長い当務での24時間勤務もありますので、夜の過ごし方を模索する必要を実感した夜勤研修でありました。

では、また・・・。

スポンサーリンク

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

スポンサーリンク





 

おすすめのアイテム

政宗のプロフィール

はじめまして、政宗です!
私のブログに訪問して頂き本当にありがとうございます! まずは私のプロフィールをご覧下さい(^^)

カテゴリー